家賃は収入(給料)に対していくらが目安?FPが貯金するために適切な家賃を解説!

家賃,相場,いくら,yatinn,収入,年収,給料,手取り,どのくらい,目安,年収,固定費,貯金,貯蓄貯金
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

毎月貯金をするためにも、家賃はとても重要な項目です。

収入に対していくらくらいの家賃目安なのか、とても重要です。

 

一度住み始めたら、引っ越し費用など様々なお金がかかるため簡単に家を出ることはできません。

そのため、家を探す前にまずはこの記事でご自身がいくらの家賃までの物件を探せば良いのか、

ファイナンシャルプランナーの立場として解説いたします。

 

家賃は収入(給料の手取り)の25%まで?!

家賃固定費です。

貯金をする上で重要なことが固定費を減らすことです。

 

そこで家賃は給料に対してどのくらいが目安なのでしょうか。

結論としては、給料の手取りの25%を目安としましょう。

 

収入の目安は必ず手取りで!

収入の25%というのは必ず手取りで把握して下さい。

また都道府県によって家賃相場は全く異なりますが、マックスでも手取りの30%までにしましょう。

以前は手取りの30%だと言われていました。

 

しかし、以前に比べると通信費の平均金額が高くなっていたり、サブスクリプションサービスの台頭により、固定費が増加傾向にあります。

だからこそ家賃は手取りの25%までを目安にしましょう。

 

貯金をするためには固定費の削減を優先しましょう

貯金をするためには、まず最初に固定費の削減から取り組みましょう。

ご自身の支出を見比べて、固定費がいくらあるのか確認しましょう。

 

そして固定費の目安として、多くても手取りの50%程度に抑えてください。

手取りが25万円だとすると、固定費は12.5万円です。

 

また、家賃は25%だとすると、家賃は6.25万円であり、残りの約6万円が固定費です。

残りの固定費だと例えば、

  • 光熱費
  • 通信費
  • 生命保険料
  • マイカーの維持費
  • 新聞代や趣味も含めたサブスクサービス

などがありますが、極力無駄な固定費は増やさないようにしましょう。

 

物件をこれから探す際に注意することとは?

家賃,相場,いくら,yatinn,収入,年収,給料,手取り,どのくらい,目安,年収,固定費,貯金,貯蓄

今までのところで貯金をするためには固定費を抑えることが重要だとお伝えしました。

そして固定費の中で一番割合が多いのが家賃です。

 

そして家賃は最初に住居を決めたら簡単には変更することができません。

だからこそ物件探しが非常に重要です。

 

毎月5千円の家賃が違うだけで、年間6万円の差が発生します。

そのため、家賃をしっかりと抑えるためにも注意点をチェックしておきましょう。

 

家賃を抑えるためには何かしらを妥協しよう

ご自身の収入に合う家賃を見つけるためには必ず何かを妥協する必要があります。

理想の物件を探していたら手取り25%で抑えることは不可能です。

 

そのため、まずは収入に合う家賃の物件を探すためにどの項目なら妥協ができるかは考えておきましょう。

  • 築年数
  • 間取り
  • 設備
  • 広さ
  • 階層
  • 最寄駅

などがあります。

妥協できるポイントは人によって優先度は違うため、ご自身で妥協できるポイントはどこなのか探してみましょう。

 

築年数

物件の築年数で家賃相場は大きく変わって来ます。

やはり新しい物件の方が設備も綺麗だったり、今時のトレンドに合わせた間取りやデザインも多いです。

ネットで検索するときも築年数を指定することができますが、築年数が古い物件でもリノベーション(リフォーム)を行なっていて、外観は古くてもお部屋は綺麗なんてこともあります。

 

間取り

基本的には1R<1K<1LDKとなるごとに家賃相場は高くなります。

その分広さ(m2)も広くなる傾向にあります。

一人暮らしであれば1Rや1K、二人暮らしの場合、1LDKや2DKなどの間取りを選択する方が多いです。

 

設備

設備に関しては築年数と多少比例する傾向にありますが、ユニットバスかバス、トイレ別などによっても違ってきます。

またコンロやIHなどの設備やクローゼット、ロフトなど様々な設備環境がありますが、ここも妥協はできるポイントかもしれません。

 

広さ

物件を探すときは20平米以下や30平米などで検索できたりします。

よく物件の家賃の相場や目安をするのに、坪単価いくらかで判断したりします。

1坪=約3.3平米
仮に25平米で家賃が6万円だとすると、
6万÷(25平米÷3.3平米)で、
1坪=7,920円という計算ができます。
この坪単価7,920円という金額を、同じ地域で同じ間取りの物件と比較する時に参考にして下さい。
家賃は所有者が決めた値段で掲載されます。
そのため、もしも相場よりもかなり高い金額でも借主がOKすれば賃貸の契約が成立するため、家賃に決まりはありません。

階層

やはり階層が低いほど家賃は下がります。

しかし1階になるほど、防犯上や虫の出現リスクなどが高まります。

特に女性に関してはここを妥協する場合、防犯のシャッターがあるのかなど対策を考えておきましょう。

最寄駅

最寄駅も人気エリアだととても高くなります。主要都市の駅が最寄りだと相場は高くなります。

 

例えば、主要駅の1つ隣駅や各駅の電車しか止まらないなどの駅を選ぶだけで家賃相場は大きく変動します。

家賃を申込む時ときはダメ元で交渉はしよう

家賃は所有者が決めます。
そのため、所有者のOKさえ取れれば、家賃はいくらでも良いのです。
そのため賃貸を申込む際はダメ元でも家賃は下げられないのか、礼金は交渉できないのか、
不動産屋さんに聞いてみると良いでしょう。
もしかしたら、所有者としても1日でも早く入居者が欲しいため1千円、2千円は下げてくれる可能性があります。
2,000円下がったら、2年間住むとしたら48,000円も安くなります。
もしもダメなら通常通り申込むだけです。

最後に

今回は貯金していくために「家賃」をいかに抑えるかというポイントで説明しました。

物件は何かしたらの妥協をしないと、青天井に家賃は高くなります。

自分の性格なども踏まえて妥協ポイントを探してから不動産屋さんに行きましょう。

妥協ポイントが定まっておらず、物件情報を見にいくと心が揺らぎます。

隣の芝生は青く見える状態になるので気を付けましょう!

 

では最後までお読み頂きありがとうございます!

 

コメント