新卒2年目の年収って増える?生活水準は変わる?FPが解説!

新卒2年目,年収FP
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

新卒から2年目となり、仕事も慣れてきた頃かと思いますが、多少余裕が出てくると気になるのがお給料ですよね。

この記事では、

  • 一般的に社会人2年目だと年収は増えるの?
  • 手取り額も増える?
  • 生活水準は変わったり、一人暮らしとかできるの?

などこのような新卒2年目あたりで生まれる悩みに対して、気をつけるべきことをFPが徹底解説します!

 

新卒から2年目となり年収は一般的に増えるの?

新卒2年目となり、2年目からは賞与もしっかりもらえたり、仕事も覚えてきたりして収入アップも期待することかと思います。

 

一般的に統計では、2年目で年収はアップします。

 

もちろん、年収は業界や会社によって歩合制を導入していたりすると結果次第で大きく収入は変わってきますが、まずは経歴ごとに平均を確認してみましょう。

 

学歴別の社会人2年目の平均年収は?

まずは学歴による2年目の平均年収をチェックしましょう。

学歴平均年収平均月収
大卒約290万円約21万円
大学院卒約350万円約25万円
短大卒約250万円約18万円
高卒約240万円約17万円

 

このように学歴によって年収は大きく違ってきます。

この平均に関しては大企業や中小企業全体を通しての平均です。

 

1年目から2年目への給料の昇給額は?

では、2年目になったら給料はどのくらい増えるのでしょうか。

全国平均で新卒2年目になった際の平均昇給額は月で3,000円〜5,000円です。

 

なおこれは額面で増加しているため、手取り額ではないことに注意しましょう。

そのため、2年目となっても新卒の時とは収入はあまり増えた実感はないかと思います。

 

働き始めて1年が経ち、仕事に慣れてきた頃かと思うのでもう少し収入もアップして欲しいなども思う頃かもしれませんね。

 

新卒2年目だと手取り額が減る人が多い

新卒2年目になると多くの方が住民税が発生します。

 

これは決して2年目だから住民税がかかるのではなく、昨年度の年収が一定の年収を超えたら翌年の6月から住民税が発生するようになります。

 

まずは簡略的でも住民税のことを知っておきましょう。

 

住民税の仕組みとは?

住民税は1月1日〜12月31日までの収入に対して計算されます。

この1年間の収入に対して計算されて、翌年の6月から翌々年の5月までの12ヶ月間住民税がかかります。

 

2020年1月〜2020年12月までの年収に対しては、2021年6月〜2022年5月まで毎月住民税がかかります。

会社員であれば給料から天引きされます。

 

また、住民税が課税される基準が令和2年度からは98万円です。

 

この98万円という数字は、所得控除が一律65万円、基礎控除が33万円がの合計98万円は収入から差し引くため、税金の計算対象となる所得金額は0になります。

 

また、令和1年度までは控除額が108万円であったことから、学生時代のアルバイトなどでの収入が108万円以下であれば、新卒1年目の時は住民税が発生していないのです。

 

そして新卒1年目の給料(年収)を元に住民税が計算されて、社会人2年目の6月から給料天引きで住民税が差し引かれるのです。

 

住民税はいくらかかるの?

住民税は課税所得に対して一律10%で計算されます。

 

課税総所得とは:年収から決められた控除や経費を差し引いた後の金額です。

会社員の場合は年収から給与所得控除を引いて、社会保険料、基礎控除などを差し引いた後の金額です。

 

仮に大卒1年目の平均的な年収:280万円の場合、住民税は概ね年間で11万円弱です。

この金額はお住いの市区町村によっても変動します。

 

そしてこの約11万円を毎月分割で給料から引かれるため、新卒2年目の6月からは給料から住民税として9,000円〜10,000円程度引かれることになります。

 

社会人2年目となって平均的には3,000円〜5,000円程度の収入アップに対して、住民税が9,000円〜10,000円発生するため、手取りとしては1年目よりも少なくなるというケースが多いです。

 

社会人2年目はまだ手取り額は増えないため支出を削減しよう

これまでの解説で社会人2年目ではまだ手取り額は増えないことがわかったかと思います。

しかし、資産形成をするために社会人になったらすぐにでも始めるべきです。

 

そこで、資産形成をする上で大切なことは、

給料の手取り額>支出

これは必ずできるようにしましょう。

 

20代のうちに貯蓄をする癖をつけておかないと、30代になってから資産形成をするのは徐々に難易度が高まります。

そして、資産形成をする上でまず最初にするべきことが「固定費の削減」です。

 

実家暮らしの方は固定費は少ないかと思いますが、

  • 生命保険
  • マイカー
  • 新聞代
  • あまり利用していないサブスク

その他にも様々ありますが、早いうちから不要なものは削減しておきましょう。

 

新聞も1面程度しか読んでいなければ、ニュースアプリで十分ですし、楽天証券の口座を保有していれば日経新聞の情報が無料で読めます。

 

そして浮いたお金を積立で貯金や積立投資を始めましょう。

20代前半から積立投資をすることで「時間」を味方につけることができ、資産形成の難易度がかなり低くなります。

積立投資に関してはこちらで詳しく解説しています。

積立投資で資産爆増を目指そう!適切なリスクを取ることで資産形成はできる
資産形成をする上で「積立投資」は非常に重要です。 しかし、積立投資をする上で、何に投資をしたら良いのか、なぜ積立が重要なのか、どのくらいリスクがあるのかなど疑問があるかと思います。 この記事では、これらの疑問に対して元銀行員が徹底的に解説します!

 

まとめ:新卒2年目は手取りは増えないが、今からできる資産形成術はある

新卒2年目,年収

 

今回は新卒2年目の平均的な年収と住民税が発生することで、手取りが1年目よりも減少してしまうことも説明致しました。

 

手取り額は減る可能性が高いですが、今から資産形成を正しい方法で行うことで将来大きな資産を手に入れる可能性も高まります。

 

こちらでは誰でもできる資産形成術のロードマップを解説しています。

20代の早いうちからこそ始めるべき、内容になっているため参考にしてください!

【これでお金持ち】資産の作り方、早期リタイアをするロードマップ
資産形成をしたいけど、何から始めれば良いかわからない、なかなか貯金も増えない、などお金に関する悩みはあるかと思います。 しかし正しい資産形成をすれば、誰でも資産は作れます!この記事ではFPが手順書としての資産形成のロードマップを徹底解説!

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

コメント