住宅ローンは月々いくらの返済額が目安?正しい住宅ローンの借り方を元銀行員が徹底解説致します!

住宅,住宅ローン,目安,月々,毎月,返済額,年間返済額,いくら,年収,年収の,何倍,借入限度額,注意点,信用,連帯保証人,金利,おすすめFP
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

これから住宅ローンを検討している方、住宅ローンを借りるにあたっていくらぐらいを借入目安にすれば良いのか。

いくらなら借入できるのか、気になりますよね。

月々返済額も自分の給料と相談しなければならないですし、住みたい家は妥協はしたくない。

この記事ではこれから住宅ローンを検討している方に向けて、FPで元銀行員が住宅ローンの正しい借り方を解説します!

 

住宅ローンの借入額の目安は〇〇円?!

ご自身のマイホームって憧れますよね。

戸建てを買おうか、マンションを買おうか色々と夢は膨らむかと思います。

 

しかし、家という大きな買い物だからこそ給料と相談をする必要があります。

ご自身の年収だとどのくらいの金額の住宅ローンが妥当なのか気になりますよね。

住宅ローンを申し込む際の目安として年収の10倍程度まで、理想は8倍程度を1つの目安として考えて下さい。

もちろん10倍以上でもローンの審査が通る可能性はありますが、その分今後の返済額も多くなります。

将来のライフプランも考えて、住宅ローンは多くとも年収の10倍までと考えましょう。

 

住宅ローンの毎月の返済額の目安も考えよう

住宅ローンは20年、30年と返済をするケースが多いです。

そのため、将来のリスクとなるものはしっかりと考える必要があります。

 

収入が減る可能性もあったり、病気や怪我で仕事が一時的にできなくなる可能性もあります。

だからこそ月々の返済額は無理のない範囲にする必要があります。

 

今は住宅ローンは35年ローンで組むことケースが非常に多くなっているため、月々の返済額はローンの借入額に依存することにはなりますが、金利を考慮してなるべく借入期間を短くすることはおすすめできません。

そこで、月々の返済額の目安として、

毎月の返済額=年収の30%以内

にすることが1つの目安です。

年収500万円であれば、年間返済額は150万円です。

 

月々の返済額は125,000円以内(利息も込み)にするということです。

1つ例として、年収500万円、住宅ローンの借入額を8倍の4,000万円、金利を1%、返済期間を35年と仮定すると、

毎月の返済額=112,914円となります。

 

これはネットで返済シミュレーションと検索すると自動計算してくれるサイトがたくさんあります。

このことからも、年収の8倍、返済比率は年収の30%以内にすることを目安として下さい。

 

これからのライフプランも考えよう

ライフプランを考えることは非常に重要です。

そこで住宅ローンを組む前にご自身、ご夫婦でのライフイベントを考えて書き出すことをおすすめします。

 

これからライフイベントに応じて費用も発生します。

結婚、出産、家族で海外旅行、教育費、マイカー購入などイベントごとに大きな金額の出費がかかります。

そして今ある貯金額を見つめ直して、何歳でいくら必要になるのかをしっかりと書き出しましょう。

 

もちろん貯金で足りない部分は金融機関から借入をする必要があります。

そして必ずお金が借りれるとは限りません。借入額が増えるほど審査は通りにくくなることから、どのタイミングでいくらお金を借りるのか、どこで貯金を崩すのか、そしてそのためには今からいくらずつ貯金をする必要があるのか、考えるようにしてみて下さい。

 

これを行うことで、資金計画がクリアで明確になります。

なおこちらの日本FP協会も推奨してます!

 

住宅ローンの審査を通しやすくするポイントとは?

住宅,住宅ローン,目安,月々,毎月,返済額,年間返済額,いくら,年収,年収の,何倍,借入限度額,注意点,信用,連帯保証人,金利,おすすめ

 

そこで住宅ローンをいざ申し込みを検討しているという方に向けて、少しでもローンの審査が通りやすくなるポイントを解説致します。

 

この内容が金融機関に対する「信用」を高めることになるので、金利が下がることにも繋がります。

  1. 借入額を年収の8倍以内、年間返済額25%以内にしよう
  2. 今あるクレジットやカードローンで極度額(借入可能額)が設定されているカードを整理する
  3. 今から申込む日までに少しでも多く貯金をする

 

借入額を年収の8倍以内、年間返済額25%以内にしよう

先ほどは上限として年収の10倍以内、年間返済額を30%以内とお伝えしました。

しかし審査を通しやすくするならば、年収の8倍以内、年間返済額を25%以内にすることをお勧めします。

 

金融機関から住宅ローンを借りる場合に「全国保証」という外部の保証会社に保証をしてもらってローンを組むケースもあります。

この全国保証に関しては決まった規定があります。

 

この規定を基準にランク分けをして、そのランクによって金利や全国保証に払う保証料が変動します。

その中の規定として年収倍率や返済比率も決まっております。

そのため、年収の8倍、年収の25%以内という数字を覚えておきましょう。

 

今あるクレジットやカードローンで極度額(借入可能額)が設定されているカードを整理する

審査をする上で必ず「信用情報機関」で信用情報を確認します。

これで今あるクレジットカード状況や利用額、返済状況などがわかります。

 

そこでクレジットのキャッシング枠やカードローンなどの枠が定められているカードは、借入をしていなくても借入したと見なされるケースがあります。

枠が定められているため、その金額内ならいつでも借りれるため、住宅ローンを組んだ後もATMで引き出しすることもできます。

 

だからこそ借りている前提として審査される可能性もあるため、もしも利用していない場合は電話をして解約しましょう。

 

今から申込む日までに少しでも多く貯金をする

ローンの審査は返済ができるかどうかの信用の確認です。

そのため、申込み時点での貯金残高も重要です。

 

貯金残高が数万円などであると住宅ローンの1回分の返済額も貯金がなく、何かしらの要因1つで返済が遅れる可能性があります。(銀行で勤務していた頃、貯金残高0円でも審査が通ったケースはある)

 

また貯金をしっかりしているということも「信用」を作る1つの要因となります。

だからこそ今から申込みまでに少しでも貯金をしておきましょう。

 

今回は住宅ローンに関して触れましたが、ライフイベントにおける大きなショッピングです。

資金計画を行なって判断しましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

コメント