iDeCo(イデコ)の仕組みとは?メリット、デメリットをしっかり把握した上で検討しましょう!

iDeCo,ideko,イデコ,いでこ,メリット,デメリット,仕組み,運用,解約,始め方,毎月,掛金,上限,保険者,受け取り,所得控除,節税,リスクFP
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

iDeCo(イデコ)という確定拠出年金の名前は聞いたことはあるという方も多いかと思います。

老後のために毎月運用資金を拠出し、運用する制度ですが、メリットデメリット両方ともあります。

将来の資産形成、老後の資産を蓄える上でも安易に始めずに、仕組みなどもしっかりと理解してから始めるべきです。

この記事では、ファイナンシャルプランナーがiDeCoに関して徹底解説しますので、是非とも最後までお読み下さい。

 

iDeCo(イデコ)の仕組みとは?

iDeCo(イデコ)とは「個人型確定拠出年金」と言われています。

毎月自分で決めた掛金が銀行口座から引き落とされて、自分自身で運用して資産を構築します。

その蓄えた資産を60歳になったら受け取り、老後の資金に充てるという私的年金の制度です。

厚生労働省でもパンフレットを作成してますね。

 

iDeCoに加入できる方、加入できない方は?

iDeCoに加入できる対象の方は増えてきてますが、一部加入できない方もいます。

その基準として国民年金の区分によって変わってきます。

※横にスクロールできます。

国民年金の区分加入できる方加入できない方
国民年金
第1号被保険者
日本に居住しており
20歳以上60歳未満の方で
自営業、フリーランス、
学生など
農業者年金の被保険者
国民年金の保険料納付を
免除している方
国民年金
第2号被保険者
60歳未満で
厚生年金の被保険者
勤務先が企業型確定拠出年金に
加入している場合
(規約で同時加入可
となっている場合は除く)
国民年金
第3号被保険者
第2号被保険者の配偶者なし

 

iDeCoの運用方法は?

iDeCoは毎月ご自身で決めた掛け金が毎月銀行口座から引き落とされて、運用しますがまずは始めるまでの流れや運用方法を説明致します。

  1. 資産を管理する金融機関(運営管理機関)を選ぶ
  2. 毎月の掛金を決める(上限が決まっているため、後述します)
  3. 運用商品を決める
  4. 決めた金融機関に申込む
  5. 毎月希望日に口座から引き落としがスタート

このような道のりになっておりますが、何よりも状況によって掛金の上限があるため、上限金額を確認しておきましょう。

 

資産を管理する金融機関(運営管理機関)を選ぶ

現在約160の金融機関があり、選ぶのが大変かと思いますが、基本的には

  • 手数料
  • 取扱い商品

の2点を重視することが良いかと思います。

こちらの記事でも触れましたが投資に関することで金融機関に商品の相談をすることはあまりおすすめしません。

投資信託の相談は銀行や証券会社にしてはだめ?元銀行員が理由を徹底解説
投資信託はリスクがある商品であり、かつ商品がたくさんあることから何を購入すれば良いかわからず相談したいという方も多いのではないでしょうか。 だからこそ投資に関するプロである銀行員や証券会社の人に聞こうと思っている人もいるかと思います。...

特に今後60歳まで掛金を捻出するため手数料を最優先に選ぶことをおすすめします。

 

iDeCoの掛金の上限は?

加入資格毎月の上限掛金
第1号被保険者月額6.8万円
第2号被保険者
勤務先に、
企業年金がない場合
月額2.3万円
第2号被保険者
企業型確定拠出年金に
加入している場合
月額2.0万円
第2号被保険者
確定給付年金と
企業型確定拠出年金に
加入している場合
月額1.2万円
第2号被保険者
確定給付年金のみ
加入している場合
第2号被保険者
公務員の場合
第3号被保険者月額2.3万円

 

運用商品を決める

重要なことはリスク分散をすることです。

毎月2万円ずつ積み立てる場合、1万円ずつの2種類は3種類などを選定しましょう。

その際の目安として株式と債権など違う値動きの商品を選びましょう。

また「ドルコスト平均法」のメリットを発揮するために、多少値動きのある株式の商品を組み込むと良いかもしれません。(ご自身があまりリスクを取りたくない場合はおすすめしませんが。)

 

そのあとは希望する金融機関に申込みを進めて、手続きを行えば運用が自動的にスタートします。

 

iDeCoのメリットとは?

iDeCo,ideko,イデコ,いでこ,メリット,デメリット,仕組み,運用,解約,始め方,毎月,掛金,上限,保険者,受け取り,所得控除,節税,リスク

iDeCoにはメリットがたくさんありますので1つ1つ確認しておきましょう。

  • 掛金が全額所得控除となる
  • 運用して得た利益は非課税で再投資可能
  • 60歳となり、受け取るときも所得控除がある
  • 投資の運用はほったらかしに

 

掛金が全額所得控除となる

年間の積立てた分が年収から控除してくれるため、節税効果があります。

仮に、毎月2万円積み立てると年間24万円積立てます。そして、所得税率が仮に10%だとすると、

2.4万円の払う税金が少なくなります。

要は積立するだけで10%相当のメリットが享受できます。

 

運用して得た利益は非課税で再投資可能

本来通常に投資をして得た利益は、利益に対して20.315%の税金が引かれます。

しかしiDeCoで運用して1年に1回決算したときに得た利益に対しては非課税でそのまま全額投資の元本に組み込んでくれます。

 

60歳となり、受け取るときも所得控除がある

将来受け取る時に、一時金でまとめてもらうにしろ、年金形式で分割で受け取るにしろ、本来一時所得や雑所得の対象ですが、所得控除があるため、税金として払う分はないか、少なくなります。

 

投資の運用はほったらかしに

これは投資信託と同じ考えですが、運用に関してはご自身で商品を決めたらあとは口座から引き落とされるだけです。

できれば定期的な見直しはして欲しいですが、ほったらかしでも運用はしてくれます。

 

iDeCoのデメリットは?

メリットはたくさんありますが、デメリットもあります。

デメリットを十分理解してから運用するかどうか判断しましょう。

 

  • 60歳まで一切引き出しができない
  • リスクがあるため資産が目減りする可能性もある
  • 手数料が複数ある
  • 最低限の投資の知識が必要

それぞれ確認しておきましょう。

 

60歳まで一切引き出しができない

iDeCoでは原則脱退ができないとありますが、脱退できる条件が厳しいため基本的に60歳まで資産が引き出しできないと思った方が良いです。

そのため、60歳までの長い人生で緊急にお金が必要となっても利用することができません。

もしも環境が変わって掛金の捻出が辛い場合は最低金額の5,000円に変更することも可能ですが、掛金額の変更は年に1回のみです。

 

リスクがあるため資産が目減りする可能性もある

これはリスク商品を運用しているため、必ずリスクがつきまといます。

そのため、ご自身の資産形成、老後資金の貯蓄のためには他にも元本保証の商品も同時に積立することも良いかもしれません。

 

手数料が複数ある

iDeCoを積立ていく上で、移管手続きや口座管理料、給付を受け取る時の事務手数料など様々なところで手数料が発生します。

そのため、金融機関を選ぶ際にもネット証券など手数料の安い金融機関を選ぶ方が良いかと思います。

 

最低限の投資の知識が必要

基本的には商品を選ぶのも自分ですし、途中で商品を変更したりする場合もご自身でタイミングや比率などを変更するため、最低限の選定する知識は必要です。

全く何もわからないという状況であれば、iDeCoよりもまずは投資信託の積立などで感覚を掴んでからの方が良いかもしれません。

投資信託であればお好きなタイミングで売却することが可能です。

 

まとめ

この記事ではiDeCoに関して取り上げましたが、メリットとデメリットを十分に理解して始めて下さい。

特に1度始めたら基本的には60歳まで資産を引き出すことができません。

そのため、このデメリットと節税効果などのメリットを天秤にかけて毎月の掛金が苦しくない範囲で行うことが良いかと思います。

なおiDeCoは楽天ポイントなどメリットが多い楽天証券がおすすめです。

では最後までお読み頂きありがとうございました!

 

コメント