一人暮らしで貯金する方法とは?貯金できない方に、貯金する方法を徹底解説!

一人暮らし,貯金FP
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

一人暮らしだと家賃の支払いや生活費などでなかなか貯金ができていない方もいるのではないでしょうか。

しかし、一人暮らしでも貯金は必ずできます!

 

家賃に光熱費、食費とか払ってたら、

全然貯金できないよ。。

 

この記事では、

  • 一人暮らしをしているから貯金ができない
  • 一人暮らしでも貯金ってできるの?
  • 誰でもできる方法が知りたい

このような一人暮らしで貯金ができない方に向けて、貯金する方法や周りの貯金状況もチェックしつつFPが徹底解説します!

 

一人暮らしでも貯金ができる方法とは?

一人暮らしを始めると生活費を捻出するので手一杯なんて方は多いかもしれません。

 

特に20代のうちは給料も増えておらず、家賃負担が多い、食費も外食するとすぐに予算オーバーしてしまうなんてこともあるかと思います。

 

重要なことは自分の収入に見合った支出をすることであり、給料がまだ増えていない20代のうちはある程度「我慢」することも必要になってきます

そこでこれから貯金ができるようになるためにも解説していきます。

 

一人暮らしで貯金できていない人は最初に貯金をしよう

貯金は一人暮らしでも必ずできます。

 

貯金ができている人とできていない人は行動、考えに違いがあります。

それは給料が入ったら一番最初に貯金をするこです。

 

貯金がなかなかできない人は毎月の生活費や娯楽費を使って残った金額を貯金に回す人が多いです。

そうすると貯金の優先順位は下がり、1ヶ月経つとなかなか手元に残っていないなんてことも多いです。

 

だからこそ給料が入ったらまずは貯金をする!

 

それも他の口座に移したり、口座引き落としのサービスを利用したりすることが良いかと思います。

 

まずは騙されたと思って実践してみて下さい。

そして残りのお金で生活費と娯楽費を分けて、ある金額で工面することを徹底することで、生活は結局案外可能です。

 

貯金後のお金から目的別に細かく分けておきましょう

まずは貯金分を差し引くことができたら、残りのお金で生活費を捻出します。

 

その次は固定費と変動費で分けて考えましょう。

固定費:毎月決まった金額の費用が発生するもの

変動費:毎月決まった金額ではなく、変動するもの。費用が発生したりしなかったりも含めます。

 

そこで、固定費と変動費のよくあるものをまとめました。

固定費
  • 家賃
  • 光熱費
    (変動はするが、毎月支払いが発生するため)
  • 携帯代等通信費
  • 生命保険代
  • マイカーに関する維持費
  • 新聞代
  • 動画配信サービス等サブスクモデル
  • 習い事
変動費
  • 食費
  • 生活日用品
  • 交際費・娯楽費
  • 衣服費
  • 健康に関する費用

 

このように貯金をしたあとは固定費と変動費を分けてみましょう。

 

家賃などの固定費の適正割合を知っておこう

固定費で重要なのが固定費はなるべく手取りの5割に留めることです。

手取りが20万円であれば、10万円です。

 

そうすると家賃も6万円程度、携帯代や保険も1万円ずつに抑える必要が出てきます。

貯金を2割、固定費を5割、残りの3割が変動費とすることで工面が楽になってくるはずです。

 

変動費をさらに細分化をすることで、毎月いくらまで娯楽や飲み代が使えるかわかる

変動費は手取りの3割だと説明しました。

手取りが20万円であれば、毎月変動費は6万円使えます。

 

食費を自炊で頑張って1日1,000円にすることで、月3万円の食費です。

残りの3万円で日用品や娯楽費等に使える計算です。

 

もしも家計簿を使用していたら自分が毎月いくら日用品にお金を使っているかがわかるため、残りの金額が自由に使えるお金となってきます。

 

このように重要なもののから優先的に差し引きしていき、余った金額が自由に使えるお金です。

 

周りの同世代は何に貯金をしているの?

一人暮らし,貯金

 

では、貯金をしている人は何に貯金をしているの?貯金方法は何があるのか。

確認していきましょう。

 

※横にスクロールできます。

<値:%>

年代預貯金金銭
信託
積立型
保険
個人
年金
保険
債券株式投資
信託
財形
貯蓄
その他
金融
商品
いずれも
保有なし
20代95.82.513.010.11.49.88.27.14.64.0
30代92.93.719.916.94.321.218.39.17.36.4
40代91.83.216.116.84.818.015.74.86.48.0
50代92.91.823.523.55.623.520.34.37.16.1

参照:金融広報中央委員会

 

このデータから預貯金での貯金が圧倒的に多いことがわかります。

リスクがないこと、いざという時にすぐ使用できる点で流動性に優れております。

 

ただ、年代を重ねるごとに株式、投資信託の比率は高まっております。

本来リスク商品は若い時から始めることで時間によるリスク分散も活用することができます。

 

貯金ができるようになったら投資を始めよう

毎月給料が入ったら、まず貯金をすることを継続すると6ヶ月程度で当たり前の感覚になってきます。

 

当たり前の感覚になってきたら、次は「資産形成をするフェーズ」です。

そして、

貯金の方法として株式や投資信託の積立型を行うことも重要です。

 

なぜ積立投資が重要なのかはこちらの、

積立投資で資産爆増を目指そう!適切なリスクを取ることで資産形成はできる

で徹底的に解説しています。

 

また、その際リスク分散として預金の積立と同時に行うことでよりリスク分散を図ることが可能です。

貯金する方法に迷っている方はリスク商品である株式や投資信託の積立も検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、理解が進んだら次は資産形成について理解することが大切です。

下記で資産形成のロードマップとして徹底解説しているため、参考にしてみてください。

【これでお金持ち】資産の作り方、早期リタイアをするロードマップ
資産形成をしたいけど、何から始めれば良いかわからない、なかなか貯金も増えない、などお金に関する悩みはあるかと思います。 しかし正しい資産形成をすれば、誰でも資産は作れます!この記事ではFPが手順書としての資産形成のロードマップを徹底解説!

 

では最後までお読み頂きありがとうございます!

コメント