資産運用は20代から始めよう!元銀行員がおすすめの投資配分を解説します!

20代,資産運用,投資,資産,ポートフォリオ,おすすめ,初心者,初めて,始める,積立,資産配分,リスク投資
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

資産運用20代のうちから始める方が良いですが、いざ何に投資をしたら良いかわからないことも多いですよね。

特に初めて投資をする方は損をすることに対して不安を感じるかと思います。

 

この記事では、元銀行員が資産運用に迷っている初心者に向けて、おすすめの投資配分を解説していきます。

 

資産運用は20代から始めよう!

20代,おすすめ,オススメ,資産運用,投資,リスク,投資信託,資産配分,ポートフォリオ,初心者,最初,初めて,始める

 

資産運用は決してお金を貯めてから行うものではありません。

将来の資産形成のためにも早いうちから始めることが重要です。

早くから投資を始めることで、長期投資、分散投資などのリスク分散による投資メリットがたくさんあります。

 

20代で投資を初めている人の割合

まずこちらの金融広報中央委員会のデータによると、20代の平均金融資産は165万円です。

そして、このうち有価証券の保有金額は平均で14万円というデータです。

 

資産の内の割合だと約8.5%程度となっています。

そして20代で投資をしている割合が5%程度と大半の人が投資をしていないという結果です。

 

上記はあくまで「平均」であるため、一部の人が多く保有していると平均もつり上がってしまうため、中央値としてはほとんどの人がリスク商品を保有していないということです。

 

20代のうちから投資をするメリット

では、なぜ20代のうちから投資をした方が良いのか。

投資を始めるのには早ければ早いほど良いです。

 

その理由として、

  • 早くから投資を始めることで時間におけるリスク分散が図れる
  • 人生においてリスクを取りやすい
  • 早くに始めるほど、複利運用の効果が大きい
  • 目標額があれば、少額からでも目標達成しやすい
  • 通貨におけるリスク分散が図れる

このようにメリットはたくさんあります。

 

早くから投資を始めることで時間におけるリスク分散が図れる

毎月積立方式で投資をする場合、購入するタイミングを一括ではなく、毎月毎月分散して購入することで、購入価格の平均額を平均化することが可能です。

これを「ドルコスト平均法」と言いますが、投資のプロでない限り投資で重要なことはリスクを分散させて負けない投資を心掛けることです。

 

購入タイミングを毎月バラすことで、時間を味方にすることが可能です。

 

人生においてリスクを取りやすい

人生のライフプランを考えた時に、人生の三大支出が、

  • マイホーム
  • 教育資金
  • 老後資金

です。

この内のマイホームと教育資金は一般的には30代〜40代にかかって来ます。

 

このタイミングに万が一にも投資をして損失をしてしまったら計画が狂ってしまいます。

だからこそ20代のうちこそ、万が一のリスクを犯すことが可能です。

 

リスク商品だからこそ絶対に損をしない投資商品はありません。

だからこそ早いうちから経験も兼ねて投資を始めることはおすすめです。

 

早くに始めるほど、複利運用の効果が大きい

複利運用とは利息が発生したら、この利息も投資元本に組み込んで再投資をする方法です。

この複利計算と単利計算での違いをこちらのシミュレーションで計算してみましょう。

 

例として、

  • 毎月3万円ずつ
  • 利回りが一般的な3%
  • 20年間毎月積立方式

で投資をしたと仮定します。

 

上記のシミュレーションを元に計算すると、

複利運用で20年後は 9,213,725円でした。(年に1回、税金も差し引いています)

同条件で単利での運用をすると8,928,692円でした。

 

25歳で始めて、この3万円はないものと考えて積立をしていると45歳には約921万円を受け取り、かつ単利計算よりも約28万5千円の違いが発生します。

 

目標額があれば、少額からでも目標達成しやすい

目標額や時期を決めて、その時までに資産を資産を構築すると決めたら30歳よりも25歳で積立始めた方が少額からスタートしても目標達成に近づけます。

 

特に三大支出の内の老後資金は、2,000万円必要とも言われています。

この金額を毎月別途で貯めておくと考えたら早くに始めるに越したことはありません。

 

通貨におけるリスク分散が図れる

通貨におけるリスク分散とは5年10年20年と長期的に考えた時、為替の変動は必ず大きく動きます。

将来的に円の価値が上がるか下がるか、つまりは円高か円安かは今は分かりません。

 

だからこそ円の資産を持つだけでなく、米ドルなどを保有しておくこともリスク分散の1つです。

 

20代のうちから投資する際に気を付けること

まずは目標額とその時期を決めましょう。

そのためにはご自身のライフプランを考えることも重要です。

 

何歳で結婚し、何歳で子供を産んでなど、現時点ではわからない場合でも仮のプランを考えておくことは非常に重要です。

そして、仮にでもそのプランを考えたら、自分が何歳の時にいくらの支出が発生するのかが分かります。

その金額に対して、今から毎月いくら積み立てるか決めましょう。

 

資産運用する種類

それでは実際に資産運用をする際、何に投資をしたら良いでしょうか。

まずはメジャーな投資先をピックアップします。

  • 預貯金
  • 投資信託
  • 株式
  • FX
  • 仮想通貨

などがあります。

 

毎月積立方式で投資をすることが可能で、メジャーな投資先をピックアップしております。

この中のどれかではなく、複数を組み合わせて投資をすることでリスク分散をすることができます。

あとはその比率をご自身のリスクの許容度に応じて分けると良いです。

 

投資先に困ったらこのように配分して購入してみよう

そこで資産運用を初めて行う方で、何に対して資産運用をすれば良いのか迷う方もいますよね。

特にそれぞれの仕組みなんかを調べていたら、だんだん調べることに疲れて投資を後回しにしてしまう、なんてこともよくあります。

 

そこで、資産運用を初めて行う方は、とりあえずの配分として2パターンご紹介します。

 

リスクをそこそことってもいい人

  • 銀行などの預貯金:50%
  • 投資信託(株式):25%
  • 投資信託(バランス型):25%

これは半分リスクをとり、この半分の中で、投資信託を2種類に分散して積立ましょう。

 

仮に毎月4万円を積立てる場合、2万円が預貯金、1万円ずつに投資信託を購入します。

そして投資信託の購入はまずは「ノーロード」と言われる購入手数料が無料の商品を選びましょう。

 

投資を始めてから、投資を勉強し、投資信託の購入商品を変更したりアレンジを行えば良いのでまずは始めることが大切です。

 

リスクを大きくとりたい人

  • 銀行などの預貯金:40%
  • 投資信託(株式):25%
  • 投資信託(バランス型):25%
  • 仮想通貨(ビットコイン):10%

これは上記のうち、さらにビットコインの積立を組み込んだケースです。

仮想通貨は株式とかよりも値動きが大きくハイリスクな位置付けです。

 

しかし、毎月積立方式で購入することで、リスク分散を図ることが可能です。

 

まとめ

資産運用に迷ったら上記の配分で始めてみましょう。

個別の株式やFXに関しては多少勉強してから購入することをおすすめします。

 

株式やFXは特にリスクが高いからこそ、いきなり始めると損をする可能性も大きいですし、いきなり損失を出してしまうと正しい資産運用もメリットをわからないまま投資は怖いという印象になりかねません。

 

そのため最初は積立形式で購入することが良いです。

積立投資で資産を増やす方法はこちらで詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

積立投資で資産爆増を目指そう!適切なリスクを取ることで資産形成はできる
資産形成をする上で「積立投資」は非常に重要です。 しかし、積立投資をする上で、何に投資をしたら良いのか、なぜ積立が重要なのか、どのくらいリスクがあるのかなど疑問があるかと思います。 この記事では、これらの疑問に対して元銀行員が徹底的に解説します!

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

 

コメント