【注意】こういう人は仮想通貨を買っては危険!正しい仮想通貨投資を知ろう

仮想通貨,損仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は価格変動が大きくリスクが大きいという認識は強いかと思います。

過去には仮想通貨で億り人なんて言葉もあったりと夢を持てる可能性もあります。

 

だからこそ仮想通貨のリスクを知らないまま、ビットコインやマイナーな仮想通貨を購入して損をした人もいます。

この記事では、これから仮想通貨を始めるか検討中の方に向けて、仮想通貨を購入しても失敗しやすい傾向のある人の特徴を紹介し、正しい投資方法を解説します。

 

仮想通貨はリスクが非常に大きい

仮想通貨市場はビットコインが2009年に誕生して10年以上経過しています。

ビットコインが徐々に認知されたのが2017年ごろかと思いますが、2017年の年末に急騰して、2018年初めに急落して以来、引き続き大きな価格の変動が起きています。

 

まずは下記の主要な仮想通貨であるビットコイン、イーサリアム、リップルの当初からの価格変動を見て下さい。

※2021年10月13日時点

 

【ビットコインのチャート】

 

【イーサリアムのチャート】

 

【リップルのチャート】

参照元:CoinMarketCap

 

このように大きな価格変動が起きていることが分かります。

リップルに関しては未だ、過去最高値には追いついていない状況です。

 

このように仮想通貨は非常にリスクの高い投資先だということを前提に理解しておく必要があります。

 

だからこそリスクが高いことを理解し、正しい投資方法を行わないと大きく損をしてしまう可能性があるため、安易に購入することはおすすめしません。

 

仮想通貨で損をしがちな5つの特徴とは

仮想通貨,損

 

仮想通貨で損をしがちな人の特徴を解説します。

これらを気をつけて投資をすることで必ずではありませんが、リスク抑えた正しい投資ができるようになります。

 

  1. SNSなどで信用力のない人の意見のみを鵜呑みにして判断する人
  2. 同じ仮想通貨に一括投資する人
  3. マイナーなコインを購入
  4. 自分の資産の多くの金額を仮想通貨に回す
  5. ハイリターンを望んでいる人

これらの特徴に当てはまる人は仮想通貨を購入する際に注意が必要です。

では詳しく解説していきます。

 

特徴①:SNSなどで信用力のない人の意見のみを鵜呑みにして判断する人

仮想通貨に関しては詐欺も多いです。

特にポンジスキームといった、紹介すると紹介者がお金を貰えたりねずみ講のような組織図で利益が得られるといった投資は詐欺の可能性が非常に多いです。

 

また、「この仮想通貨はこれから上場するため、プレセール価格で購入できます。上場したら数倍、数十倍になります」などの話も基本的に信用してはいけません。

 

友達などから紹介されたからといっても必ずその根拠を自分で調べるようにしましょう。

筆者としてはそれらの内容を全て否定する訳ではありませんが、この手の話は聞かないようにしています。

 

特徴②:同じ仮想通貨に一括投資する人

再三ですが、仮想通貨はかなりリスクが高いです。

だからこそ投資の基本である【リスク分散】が必須となってきます。

 

そのため、仮想通貨に関しても1つの通貨に1点集中するよりかは分散することも大切です。

仮想通貨にはそれぞれ目的があって作られています。

 

その目的となる仕組みが社会実装されなければ、市場での価値が見出せずに需要が衰退し、価格が上がることは難しくなります。

 

もしも、まずは何かしらの仮想通貨を少額で始めようと思っている方は「ビットコイン」から始めることが良いかと思います。

 

特徴③:マイナーなコインを購入

仮想通貨は現在6000種類以上にも及ぶ種類があります。

そのため、大半がマイナーな仮想通貨になってしまうのですが、マイナーな通貨で一発当てるという考えの方もいます。

 

もちろん過去にはこれで数十倍に価格が上がったコインもありますが、これはただの投機やギャンブルに近い行為です。

価格が上がる根拠がないのに購入することは投資ではなく投機です。

 

現在では国内の取引所ではメジャーな通貨しか購入はできませんが、海外の取引所の口座開設をすることも可能です。

もしもマイナーな通貨にも投資をしたい場合はきちんと情報を集めて、あなたが納得した上でかつ、最悪資金がなくなっても良いと思える金額で購入するようにしましょう。

 

特徴④:自分の資産の多くの金額を仮想通貨に回す

仮想通貨に関しては、大きく値動きします。

そのため、購入した直後に暴落する可能性も十分にあり得ます。

 

だからこそ資産のうちの少額のみで購入することが重要です。

 

将来性や過去に仮想通貨で大儲けをした人がいるからと資産の大半を仮想通貨につぎ込んで、

相場が暴落をしてしまうと大切な資産を大幅に失ってしまうリスクがあります。

 

ご自身のポートフォリオに仮想通貨を組み入れるとしても10%程度までにするようにしましょう。

 

特徴⑤:ハイリターンを望んでいる人

ハイリターンを好む傾向のある人はFXなどもやる傾向にあります。

一気に稼いで、サラリーマンを辞めたいなんて思う方もいるかもしれませんが、もしも経済的自由を手に入れたい場合こそ、資産を守ることを学ぶ必要があります。

 

そのためにはハイリターンな投資こそ資産の少額のみに抑えて、リスク分散を行うことを徹底することが大切です。

そして、経済的自由を手に入れる人こそ一気に稼ごうとせずに、収入よりも大幅に支出を抑えたりと、投資だけでは経済的自由を手に入れません。

 

違う観点からもコツコツと努力した結果であるため、仮想通貨だけで経済的自由を手に入れようとはしないようにして下さい。

 

上記の特徴に該当する人こそ重要な投資方法とは

では仮想通貨投資で損をする可能性が高いほどやるべき投資方法を解説します。

  • 積立投資or分割購入
  • 3〜5銘柄程度に分散
  • とにかく少額購入

この3点を守りましょう。

 

その①:積立投資or分割購入

購入時のタイミングをずらすことができるのは、価格変動が大きい仮想通貨に対しての投資ととても相性が良いです。

 

積立で仮想通貨を毎月購入するか、軍資金が仮に100万円あったとしたら、25万円×4回に分けて購入するなど、タイミングを分散させることが大切です。

仮想通貨積立で一番お得に積み立てるなら”GMOコイン”がおすすめ【筆者調べ】

 

その②:3〜5銘柄程度に分散

どの仮想通貨が上がるかはもちろん誰にも分かりません。

特に仮想通貨となると仕組みを詳しく理解すること自体がハードルが高いです。

 

だからこそ複数に分散することが重要です。

 

もしも、どの仮想通貨を購入すれば良いかわからない場合は下記の、

2021年おすすめの仮想通貨とは?その理由と購入できる取引所

で筆者が長期保有している仮想通貨を紹介しています。

 

その③:とにかく少額購入

まずは仮想通貨で大儲けを狙わないことです。

過去の統計上、少額でも期待できる利回りは株式や投資信託などよりもかなり高いです。

 

だからこそ仮想通貨で一発狙いたくなる気持ちもありますが、大損する可能性もあることを絶対に忘れないようにしましょう。

 

まとめ:仮想通貨はハイリスクだという認識を持って正しく投資しよう

  • 積立投資or分割購入
  • 3〜5銘柄程度に分散
  • とにかく少額購入

この3点を守って投資をすることで大損する確率をグッと下げることができます。

 

また、期待リターンは他の投資商品よりも大きいからこそ、期待値は高い投資先です。

だからこそハイリスクを上手にコントロールすることで資産を作る助けとなるかもしれません。

 

仮想通貨のリスクを理解して始めてみようと思った方は、下記で筆者が分散して利用している仮想通貨取引所3社を紹介しているので参考にしてみましょう。

国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!【この3社でOK】
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

 

コメント