投資力を日常で上げる5つの方法とは?トレーダーが徹底解説

投資力投資
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

投資はリスクがつきものであり、勉強しないまま投資をしてしまうと損をしてしまう可能性もあります。

 

資産形成に投資は必須と聞いたから株式投資を始めたら、大きく損をしてしまった。。

 

この記事では、

  • 投資で稼ぐ力を身につけたい
  • 投資の利回りを高めたい
  • 早期リタイアを目指しているため投資の力を高めたい
  • 安定して投資で稼ぐ力が欲しい

このような方に向けて、投資の力を身につけるために日常で身につけることができる5つの方法をトレーダーが解説します!

 

投資を勉強しないで始めると損をする可能性が高い

投資をすることは資産形成をする上で非常に重要です。

SNSなどを見ると投資で会社員をリタイアしました、、なんて方も見受けます。

 

そして資産形成をするためには毎月の余剰資金から投資をすることは国が推奨しています。

だからこそ、NISA制度が始まったり資産形成は自己責任な時代です。

 

しかし、投資をすれば誰でも儲かるわけではないからこそ、何も勉強しないで始めると損する方が多いです。

そういう方のために「積立投資」を推奨する場合もあります。

 

また、投資の本質から学びたい方はこちらで「投資の本質について」解説しています。

 

投資の力を日常で学ぶ5つの習慣とは

投資力

 

では日常で学ぶための方法5つを解説していきます。

  1. わからない、失敗したらすぐに調べる癖をつける
  2. 情報はお金を出してでも積極的に取りにいく
  3. 投資家のコミュニティに参加する
  4. 投資家以外の情報を感じるように神経を貼る
  5. 自分の主張を消して、柔軟性を持つ

これらを頭で理解し、身体が覚えることで投資をする力は上がります。

それぞれ詳しく解説していきます!

 

その1:わからない、失敗したらすぐに調べる癖をつける

まずいきなり稼げることは難しいです。

仮に利益を得たとしても、なぜ投資先の価格が上昇したかを明確に解説できるなら問題ありませんが、

説明できない場合は、あくまでラッキー、ビギナーズラックであることを理解しましょう。

 

仮に株式でも、仮想通貨でも価格が上昇した場合は、上昇した理由があります。

この理由が「なぜ上昇したのか」を、利益を得ても、損をしてもわからない場合は、調べる癖をつけてみましょう。

 

この常に調べる癖が身に付くことで、次に似た相場の時には根拠を持ってトレードをすることが可能です。

 

その2:情報はお金を出してでも積極的に取りにいく

利益を安定的に得ている方は「情報」の大切さを理解しています。

そして自分だけで正しい情報を取りに行くことには限界があります。

 

SNS上で「この銘柄は上がる」などの根拠のない情報を鵜呑みにするのは辞めましょう。

 

正しい情報はお金を多少かけてでも拾っていくべきです。

実績を出している方に教えてもらうも良いですし、書籍なども自己投資です。

 

全てを無料で完結していたら、成長スピードはなかなか上がりません。

 

ただし、予算が10万円程度の場合で、5万円のスクールに行くなどは費用対効果が合わないため、費用対効果は見極めましょう。

 

その3:投資家のコミュニティに参加する

もしも投資仲間がいない場合は、投資家のコミュニティに入ることもアリです。

基本的にはサブスクで月額制などになっていますが、有益な情報が飛び交っています。

 

そして良い情報が得られなければすぐに退会をすれば良いだけです。

しかし、上述の通り良質な情報は一部の所で回っているため、無料で公開しているわけがありません。

 

結果を出しているオンラインサロンであったり、noteなどのプラットフォームなどを活用して調べてみましょう。

 

その4:投資家以外の情報を感じるように神経を張る

世の中には情報がありふれています。

これは先程の良質な情報などとは違う意味であり、街中にも情報がありふれているということです。

 

例えば、

  • コロナが明けたら旅行業界が盛り返してくる
  • リモートの加速化によるオンライン関係の製品
  • オンライン化が進み、地方移住者が増えている
  • 自宅でトレーニングができるものが流行ってる
  • 仮想通貨のCMが最近たくさん流れている

 

など情報は日常でありふれています。

しかし株式投資であれば、多くの人が知る頃にはもう価格は上がりきっています。

 

例えば、旅行関連の株を買おうと思ってもコロナの終わり頃では既に価格が上がり切っています。

 

半年や1年先を見据えた行動が必要になってきます。

 

しかし、街中やニュースなどからも、アンテナを張っておくことで投資対象が見えてきます。

 

常に連想ゲームをするように、半年後、1年後はどうなっているのかを想像して、情報を仕入れるようにしましょう。

 

その5:自分の主張を消して、柔軟性を持つ

投資で安定的に利益を得るには、投資した先が上昇するかどうかのみです。

つまり、利益が損失かは世の中のユーザーの行動の結果です。

 

そのためこれは必ず上昇する!と信じたものの、違う結果であった場合は自分の主張を通さずに損切りすることも大切です。

 

全てはチャートの値動きが判断をすることを理解しておきましょう。

 

まとめ:投資の力を得るには、柔軟になり情報を大切にすること

今回は、筆者や周りのトレーダーの経験や実績を元に、投資の力がある人の特徴を踏まえて、投資力を高める方法を解説しました。

 

投資は予期せぬことが必ず起きるからこそ、正しい判断、冷静な判断が持てるようになる必要があります。

 

だからこそ、今回の内容を身体が覚えるようになることで自然と投資力が高まってきます。

 

もしも、投資に関して大きなリスクを負いたくない、学ぶ時間も大変だと思った方はこちらで積立投資について解説しています。

 

積立投資であれば設定をするだけで投資することが可能であり、有効な投資方法の1つです。

積立投資で資産爆増を目指そう!適切なリスクを取ることで資産形成はできる
資産形成をする上で「積立投資」は非常に重要です。 しかし、積立投資をする上で、何に投資をしたら良いのか、なぜ積立が重要なのか、どのくらいリスクがあるのかなど疑問があるかと思います。 この記事では、これらの疑問に対して元銀行員が徹底的に解説します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|マーケター|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知り、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消することを目標に正しい情報を発信し続けている。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
投資 投資に関する知識
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金融相談アカデミー

コメント