【仮想通貨】ネム(XEM)の将来性は?おすすめの取引所も解説!

ネム買い方仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

仮想通貨のネム(NEM/XEM)は一度2020年8月頃に価格が上がっている通貨ですが、ネムについて気になる方もいますよね。

  • ネムのこれからの将来性はどのなの?
  • ネムを購入しようと思っているが、どこの取引所がお得に購入できるのか

など気になりますよね。

 

この記事では、「ネム」の今後はどうなのか、どこの交換所が一番おすすめなのかを徹底比較していきます!

 

ネム(NEM/XEM)とは?

ネム買い方

 

ネムについて要点を知っておきましょう。

ネムのメリットやデメリットなど詳細についてはこちらで書いていますので、この記事では要点のみ解説します。

 

では仮想通貨のネムとはどのような特徴があるのでしょうか。

  • ビットコインのようなマイニングがない
  • 既に90億XEMが発行されており、新しく通貨は発行されない
  • Proof of Importanceという独自の仕組み
  • 送金時にメッセージを加えることが可能

 

ビットコインのようなマイニングがない

ビットコインなどの仮想通貨の一部はマイニングと言われる第三者の承認作業があります。

この承認作業をした報酬として新しく通貨が発行され、受け取れる仕組みですが、ネムにはこのマイニングはありません。

 

ネムを獲得するには、後述するPoIという仕組みを利用して報酬を受け取ることとなります。

そのため、マイニングのデメリットである、

  • マイニングをするハードルが高い(大きな設備が必要など)
  • マイニングを扱う通貨の取引量が増えると、承認作業が多くなり、取引に時間がかかる

などを補填することが可能です。

 

既に90億XEMが発行されており、新しく通貨は発行されない

ビットコインであれば、マイニングをすることにより、新しくビットコインが発行されてユーザーに付与されます。

 

しかし、ネム(XEM)は既に発行されている通貨から、後述する「ハーベスティング」を行ったユーザーにXEMが付与されます。

そのため、既に発行されているため(供給は一定)、需要が上がれば価格も上がりやすい通貨です。

 

Proof of Importanceという独自の仕組み

ネムはProof of Importance(PoI)というネム独自の仕組みを作っており、ネムの専用のウォレット(Nano Wallet)があるのですが、

このウォレット内で「保有量」と「保有期間」によってネム所有者の貢献度合いを測り、報酬を与える仕組みです。

これを「ハーベスティング」と呼ばれています。

 

元々ネムが生まれた目的が新しい経済であり、平等性を大切にしています。

そのため、ビットコインなどのマイニング方式だと資金力があってマイニングをすることが可能な人や団体がどんどん報酬を得てしまいます。

 

しかし、ネムは貢献度合いを重要視しているため、一部で熱狂的なファンがいる通貨です。

 

送金時にメッセージを加えることが可能

このメッセージとは「おはよう」などのメッセージではなく、1回1回の取引ごとにメッセージを加えることで取引などを改ざんできないような仕組を加えています。

 

また事業向けにプログラミング不要の独自通貨を開発することができるプラットフォームを作ることができたりと、「ビットコイン2.0」と呼ばれるような仮想通貨です。

当初の目的通り、新しい経済という発想のもとプラットフォームが構築されています。

 

ネムの今後の価格は上がるの?

ネムの今後の価格は、アップデート予定である「シンボル(Symbol)」が実装した後の信用獲得次第だと感じています。

 

シンボルの大きなメリットは、

  • 処理速度向上
  • セキュリティ強化

であり、決して目新しい斬新なアップデートではありません。

 

しかし実装することができた場合、トランザクション可能数が飛躍的に増加します。

  • ビットコインのトランザクション数:5〜8
  • シンボルのトランザクション数:約4000

 

このことからもビットコインよりも処理速度は500倍速くなります。

ビットコインの承認作業には10分かかるため、シンボルでは約1.2秒で取引できる計算です。

 

このことからもネムのアップデートによる「シンボル」の仕組みが社会実装することができた場合、確実に需要が増えます。

 

私個人的には、今後の見込まれる需要が大きいため、数年をかけて価格はポジティブになると捉えております。

そのため、コインチェックの自動積立で毎月ネムを購入しています。

 

ネムが安く購入できる交換業者を順番に解説

まず、仮想通貨をお得に購入するためにも「取引所」で購入することをおすすめしています。

【仮想通貨】これを知らなきゃ大損!ビットコインの正しい5つの買い方を解説
仮想通貨の購入に慣れていない方は交換業者での買い方が難しいと思う方もいるかと思います。しかし、理解しないまま購入するとかなり損をする可能性があります! この記事ではビットコインなどの仮想通貨初心者に向けて購入する際に非常に重要な5つのことを解説します!

 

理由についてはこちらの手数料の項目で書いていますが、基本的に販売所よりも取引所の方がお得に購入できます。

 

しかし、「ネム(XEM)」の場合、取引所で購入可能な交換業者はフォビジャパンのみです。

 

そしてフォビジャパンの取引所では、閑散としており、マーケット参加者が少ないことからそもそも購入をしたくても売りたい人がいませんでした。

 

ネムの時価総額ランキングは2020年11月2日時点で、24位と決して大きな市場ではないです。
そのため、ユーザー同士で購入する「取引所」だと売りたくても売れないという問題が発生します。

 

流動性が低いことからネムの場合は取引所をおすすめできません。

 

ネム,フォビジャパン

 

1位〜4位のスプレットを確認しよう

ネムを購入できる交換業者で、交換業者ごとで設定しているスプレット(買値と売値の差額)の安いところを順番に解説します。

※2020年11月2日 10時47分前後

 

1番安い:DMMビットコインの買値

買値は【10.608円】です。

ネム,DMMビットコイン

 

2番目に安い:コインチェックの買値

買値は【11.013円】です。

ネム,コインチェック

 

3番目に安い:GMOコインの買値

買値は【11.032円】です。

ネム,GMOコイン

 

4番目に安い:ビットフライヤーの買値

買値は【11.266円】です。

ネム,ビットフライヤー

 

ネムを購入する際のおすすめ交換業者は?

先ほどのスプレットも考慮して、総合的にネム(XEM)を購入する際のおすすめ交換業者をランキング形式で紹介します。

入金手数料も交換業者によって異なるため、掲載しております。

※2020年11月2日時点

 

順位交換業者購入手数料
(取引所)
購入手数料
(販売所)
入金
手数料
1位コインチェック
※自動積立推奨
取扱なし無料1018円
※積立
は無料
2位ビットフライヤー取扱なし無料330円
3位DMMビットコイン取扱なし無料無料
4位GMOコイン取扱なし無料無料
5位フォビジャパン0.036~
0.150%
取扱なし無料
BITPOINT取扱なし取扱なし
リキッドコイン取扱なし取扱なし
Bitbank取扱なし取扱なし

 

一番安く購入できるDMMビットコインが3位な理由

DMMビットコインが一番安く購入できるのですが、ネムは「レバレッジ取引のみ」なのです。

そのため、レバレッジ取引で倍率を1倍として購入する必要があります。

 

1倍で購入をすることで現物の通常取引と近い感覚で購入することができますが、ロスカットなどの注意点などもあります。

検討する場合は、理解してからにしましょう。

 

つまりネムを一番安く購入するには、

  • レバレッジ取引を理解すること
  • 資金管理を徹底すること
  • とにかくお得に購入するためにも手間が苦にならない

これらの条件が加わります。

しかし、利益を得るということは、当然ながら安く購入することが必要なため、手間を惜しまなければアリです。

 

ネムを購入するなら、ランキング上位3位の中から選ぼう

ネムを購入する際のおすすめ交換業者は、

  1. コインチェック
  2. ビットフライヤー
  3. DMMビットコイン

 

コインチェック
コインチェック

ネムを購入する際のスプレット(買値)は2番目に安いです。

コインチェックの一番のメリットが「自動積立」サービスがあることです。
自動積立であれば、銀行口座から自動で引き落としを行い、引き落としや入金の手数料が無料です。

ドルコスト平均法が活用でき、入金手数料がかからないため、積立でネムを購入することは非常におすすめです。

ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer

ビットフライヤーはスプレッド面で優位性が少ないものの、

・取扱種類が豊富(12種類)
・セキュリティが強く、過去ハッキング被害なし
・ビットコインが無料で貰えるサービスがある

など実質手数料面以外にもメリットが多い交換業者です。

特にセキュリティが強固なことは必須であり、
メインでもサブ口座としても保有しておくことも、おすすめします。

DMMビットコイン
DMM Bitcoin

ネム(XEM)を取り扱う販売所の中で一番安く購入することが可能です。

購入時手数料や日本円の入金手数料が無料であることから、一番お得に購入できます。

ただし、現物取引ではなくレバレッジ取引となるため、通常の取引とは違い「ロスカット」ルールがあります。
国内で一番安く購入できる反面、レバレッジを理解すること、資金管理は必須です。

手間がある分、3位としていますが、手間を惜しまず、一番利益を高めたい方にはおすすめです。

 

ぜひこの3社を比較検討してみてください。

ネムの詳細についてはこちらでも書いています。

【初心者向け】仮想通貨ネム(NEM)の特徴や投資メリットはある?
仮想通貨の中でアルトコインの1つであるネムですが、仮想通貨を始めたばかりの方やこれから仮想通貨を購入してみようという方は、投資価値があるのか気になりますよね。この記事では初心者向けにネムのメリットやデメリット、将来性などを解説しています!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント