仮想通貨の積立ってどうなの?仮想通貨別で積立シミュレーションをしてみた

仮想通貨積立シミュレーション仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

資産形形成をする上で「積立投資」をする方もいるかと思いますが、多くの方が投資信託などに投資をしているかと思います。

しかし、

  • 仮想通貨の積立ってどうなの?
  • ビットコインで積立っておすすめ?
  • 実際に仮想通貨積立をしている人の経験談を聞きたい

 

今回は、仮想通貨の積立に関するこれらの疑問について、実際に積立をしているFPの私が徹底解説します!

 

仮想通貨の積立とは

仮想通貨積立シミュレーション

 

仮想通貨の積立は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に対して、毎月一定額を投資していいく方法です。

 

積立投資に関するメリットとデメリットはこちらで詳しく書いていますが、資産形成をする上では非常に有効な投資方法です。

積立投資で資産爆増を目指そう!適切なリスクを取ることで資産形成はできる
資産形成をする上で「積立投資」は非常に重要です。 しかし、積立投資をする上で、何に投資をしたら良いのか、なぜ積立が重要なのか、どのくらいリスクがあるのかなど疑問があるかと思います。 この記事では、これらの疑問に対して元銀行員が徹底的に解説します!

 

そして、仮想通貨に対して少額から初めてみようかなと考えている方は、毎月積立として購入することはおすすめです。

まずは積立をするかどうか、メリットとデメリットを理解しておきましょう。

 

仮想通貨積立のメリットとは

  • 値動きが大きい仮想通貨とドルコスト平均法は相性が良い
  • 毎月少額から購入できる
  • 購入タイミングに悩むことがない

 

値動きが大きい仮想通貨とドルコスト平均法は相性が良い

ドルコスト平均法は、毎月決まった日にちに決まった金額を購入し続けることです。

そのため、購入単価を平均化することができ、高値で購入してしまうというリスクを分散することが可能です。

 

だからこそ、値動きが大きい投資商品こそ、毎月積立で購入することとは相性が良いのです。

 

毎月少額から購入できる

仮想通貨取引所によっては100円から購入することが可能です。

リスクが高いからこそ、最大リスクとして、なくなっても良いくらいの感覚で始めると精神的に楽かもしれません。

 

そして仮想通貨に対する理解が深まってから、毎月の積立額を増額するなどの変更は適宜可能です。

 

購入タイミングに悩むことがない

毎月決まった日にちに決まった金額を購入する場合、購入するタイミングに悩むことはありません。

相場が上がっている時は、毎月の金額で購入できる範囲で積立をする、価格が減少している時は、多くの数を購入できます。

 

なるべく自動で銀行口座から引き落としをしてくれる「コインチェック」で利用することで購入する手間が省けます。

 

仮想通貨積立のデメリットとは

  • 相場が一方向の値動きには適さない
  • コインチェックで仮想通貨購入時のスプレッドが広め

 

相場が一方向の値動きには適さない

仮想通貨の相場はリスクが高いです。

2020年後半〜2021年の相場であれば、ビットコインは右肩上がりで伸びていましたので、このような相場であれば、積立よりも一括購入の方が儲かっていました。

 

また、当然ながら右肩下がりの相場であれば、どのような投資も損をしてしまいます。

 

コインチェックで仮想通貨購入時のスプレッドが広め

自動積立をする場合は、コインチェック一択になってしまうのですが、購入時のレートは「販売所のレート」であり、スプレッドと呼ばれる間接的な手数料があります。

 

これは、コインチェック社独自に設定してある「買値」であり、若干高値のレート設定になっています。

その他、購入時手数料や銀行口座からの引き落とし手数料が無料な分、「自動的に積立する代行手数料」と考えましょう。

 

積立シミュレーションをチェックしてみよう

では実際にメジャーな仮想通貨に対して毎月積立をした場合のシミュレーションを確認してみましょう。

条件として、

  • ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインの4銘柄
  • 毎月3万円ずつ
  • 毎月1日に購入
  • 12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月
  • 2020年12月15日時点の評価

でシミュレーションをしてみました。

 

12ヶ月
積立額:36万円
24ヶ月
積立額:72万円
36ヶ月
積立額:108万円
ビットコイン68万5480円178万8526円266万9629円
イーサリアム76万3873円197万1890円254万8002円
リップル73万8577円129万5579円159万1512円
ライトコイン54万9593円104万9326円138万6643円

 

このような結果であり、どの仮想通貨を選んでも大幅な利益となっている結果でした。

 

価格変動が大きいからこそ、平均購入単価を抑えることができ、11月以降の仮想通貨全体の相場に上手に乗ることができた結果です。

 

4銘柄の利益と損失の推移

上記のシミュレーションを元にした、シミュレータ4銘柄の利益が出ていた時、損失だった時をチャートで確認してみましょう。

 

【ビットコイン】

ビットコインチャート

 

【イーサリアム】

イーサリアムチャート

 

【リップル】

リップルチャート

 

【ライトコイン】

ライトコインチャート

 

この4銘柄のチャートを見ると分かる通り、どの仮想通貨も損失期間も多いことがわかります。

 

特にリップルに積立をしていたら長い期間マイナス評価であり、メンタル的に辛い期間が続きました。

しかし、このマイナス評価が続いたからこそ、価格が上昇したタイミングで大きく利益を得ることができています。

 

だからこそ、

仮想通貨は長期投資が重要であり、自分が購入している仮想通貨を信じて、積立を続けることが非常に重要なのです!

 

まとめ:仮想通貨への積立はリスクが高いからこそ少額から始めるのはアリ

今回、仮想通貨の主要な4銘柄の積立シミュレーションで比較しました。

 

ビットコインであれば、3年前のバブルのタイミングから積立を始めていたとしても、価格が戻ってきたからこそ、投資金額の2倍以上にまで増えています。

 

しかし、他の銘柄だと損をしている期間も長いため、

  • 複数の仮想通貨に分散投資をする
  • 少額投資
  • 長期投資

を心掛けることも大切です。

 

また、仮想通貨の積立をする場合は、自動積立ができるコインチェックがおすすめです。

スプレッドはありますが、設定をするとあとはほったらかしでOKなことは非常に楽です。

 

コインチェックの詳細はこちらを参考にしてみてください。

コインチェック(Coincheck)のメリット、デメリットとは?トレーダーが徹底解説
ビットコインなどの仮想通貨を始めたいけどどこの取引所で購入すれば良いか分からないという方もいますよね。 この記事ではコインチェックで購入することをおすすめしていますが、その理由やメリット、デメリットを徹底解説していきます!

 

また、手動でも良いから少額から始めたい場合は、仮想通貨別でお得に購入できる取引所が異なります。

そのため、こちらで仮想通貨別で取り扱っている取引所をまとめているため、参考にしてみてください。

【仮想通貨別で逆引き】国内で取り扱う仮想通貨ごとで購入できる取引所一覧
仮想通貨を購入する際、この仮想通貨はどこで購入できる? 購入する仮想通貨から逆引きしたい、と思う方も多いのではないでしょうか。 この記事では、国内で取り扱っている仮想通貨別で、購入できる交換所や、交換所を選ぶ基準について解説します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント