【賢く資産運用】ビットコイン積立に利率5%を上乗せする方法を徹底解説!

ビットコイン積立仮想通貨
この記事は約8分で読めます。
記事一覧

ビットコインを始めとする仮想通貨の積立を検討している方、既に投資をしている方もいるかと思います。

価格変動の大きい仮想通貨の投資とドルコスト平均法が活きる積立は非常に相性が良いです。

 

この記事では、仮想通貨積立を検討中、既に行っている方で、通常の積立に投資利回りを5%上乗せする方法を、実践している私が徹底解説します!

 

ビットコインの積立投資とは?

ビットコイン積立

 

ビットコインを始めとする仮想通貨の積立投資とは、毎月決まった日にちに決まった金額を購入していく投資スタイルです。

 

積立する方法は、

  • 仮想通貨取引所の積立サービスを利用する
  • 好きな取引所で毎月購入する

この2択しかありません。

 

そして、コインチェックは唯一、銀行口座から自動引き落としをしてくれます。

 

そのため、コインチェック以外の取引所の場合は、毎月取引所にログインをして購入手続きをする必要があります。

 

積立サービスはビットフライヤーとGMOコインも取扱いがありますが、都度日本円を入金する必要があります。

 

仮想通貨を積立で購入するメリットとデメリットとは

では、ここでは積立で購入するメリットとデメリットの要点のみ解説します。

詳しくはこちらで書いていますので、参考にしてみてください。

仮想通貨の積立ってどうなの?仮想通貨別で積立シミュレーションをしてみた
ビットコインを始めとする「仮想通貨の積立」って実際どうなの?リスクや、メリット、デメリット、実際に積立をしている人の経験談を聞きたいと思う方もいますよね。 今回は、仮想通貨の積立について、実際に積立をしているFPの私が徹底解説します!

 

積立投資をするメリット

  • 値動きが大きい仮想通貨とドルコスト平均法は相性が良い
  • 毎月少額から購入できる
  • 購入タイミングに悩むことがない
  • 購入タイミングを分けるため、リスク分散が図れている
  • 仮想通貨の市場は長期的にポジティブな市場

 

積立投資をするデメリット

  • 相場が一方向の値動きには適さない
  • コインチェックで仮想通貨購入時のスプレッドが広め
  • お得に購入するには、安い取引所で手動となるため面倒
  • あくまで仮想通貨はリスクの大きい投資である

 

積立投資に利回り5%を上乗せする方法とは

まず方法からお伝えすると、

利回り5%を上乗せする方法は「仮想通貨レンディング」を活用することです!

 

仮想通貨レンディングとは、保有している仮想通貨を仮想通貨取引所(交換業者)に貸すことです。

イメージとしては、銀行に定期預金をするのと同じです。

 

毎月積立をしている仮想通貨を取引所に貸し付けることで、貸した仮想通貨に対して利息が貰えます。

ただし、仮想通貨レンディングはメリットもデメリットもあるため、順を追って解説するため理解をしてから検討しましょう。

 

仮想通貨レンディングはコインチェックがおすすめ

仮想通貨レンディングサービスは国内取引所では、

  • コインチェック
  • BITPOINT
  • GMOコイン
  • bitbank

の4社で取り扱っています。

今回ご紹介することは、毎月積立をしている仮想通貨を貸し付けることです。

 

毎月手動で積立分を購入して、貸付サービスの申請をして…ということは現実的な労力ではありません。

 

そのため、コインチェックで自動積立サービスを開始すると、指定した銀行口座から引き落とされて、自動で積立が開始します。

そして月に1度ログインをして、積立をしている仮想通貨を貸し出す申請をするのみです。

 

また、コインチェックのレンディングをおすすめする理由として、他社は最低の貸出数が0.1BTCや1BTCなため、20万円相当が必要です。

 

その一方でコインチェックは1万円相当から貸付可能なため、毎月の積立分を貸し出すことができるのです。

 

コインチェックのレンディングサービスとは

コインチェック
対応
仮想通貨
  • BTC
  • ETH
  • ETH
  • LSK
  • FCT
  • XRP
  • XEM
  • LTC
  • BCH
  • MONA
  • XLM
  • QTUM
  • BAT
  • IOST
  • OMG
利率 14日間:1.0%
30日間:2.0%
90日間:3.0%
180日間:4.0%
365日間:5.0%
最小単位1万円相当
中途解約
の可否
不可
募集方法上限額に
達した場合、
申請順に
待機

 

仮想通貨レンディングのメリットとデメリットとは

ここでもレンディングするメリットとデメリットの要点を解説します。

詳しくはこちらの、

【気軽に不労所得】仮想通貨レンディングで年利5%を手に入れよう!

記事でも解説しています。

 

仮想通貨レンディングのメリット

  • 保有している仮想通貨を預けるだけ
  • 仮想通貨の知識は不要
  • 必然的に長期投資となるため、価格変動に一喜一憂することがなくなる
  • 他の金融商品よりも高利率である

 

仮想通貨レンディングのデメリット

  • 預けている期間は引き出し、売買などできない
  • 取引所で承認作業がある
  • 取引所の破綻リスクがある
  • 利息には税金がかかり、総合課税である

 

コインチェックの積立残高から貸出する方法

ではここからは仮想通貨のレンディング方法を解説します。

 

流れとしては、

  1. 貸仮想通貨サービスに登録する
  2. アカウント内のCoincheckつみたてへ移動する
  3. 積立残高を貸仮想通貨へ振り替える
  4. 貸仮想通貨アカウントへ移動する
  5. コインを貸すから、希望する通貨を選択
  6. 貸出期間、通貨数を入力し「**を貸す」ボタンをクリック

 

口座を保有していれば、概ね3分〜5分程度あれば手続き可能です。

 

最初は迷うかもしれませんが、コインチェック内では、通常の取引、積立、レンディングで画面が異なるため、右上の「取引アカウント」で切り替える必要があります。

 

1.貸仮想通貨サービスに登録する

コインチェックの口座を開設した後に一度だけ「貸仮想通貨サービスに同意する」作業が必要です。

 

①画面右上「取引アカウント」>「貸仮想通貨アカウント」をクリック

②「貸仮想通貨サービスに登録する」ボタンをクリック

③同意事項を確認し、「貸仮想通貨サービスに登録する」をクリック

 

2.アカウント内のCoincheckつみたてへ移動する

①左のメニューから「Coincheckつみたて」をクリック

※この画面で仮想通貨の積立残高がわかります。

 

②右上の「取引口座へ振替」をクリック

 

コインチェック,貸し仮想通貨

 

3.積立残高を貸仮想通貨へ振り替える

①コインチェック内の仮想通貨を「積立」→「貸仮想通貨」へ移動します。

②数量と通貨を選択して、「残高を移動する」をクリックする

※ここではコインチェック内で通貨の移動をするだけであり、手数料はかかりません。

 

すると、下側の残高が、貸仮想通貨の残高へ移動します。

 

コインチェック,貸し仮想通貨

 

コインチェック,貸し仮想通貨

 

4.貸仮想通貨アカウントへ移動する

右上の、取引アカウント>貸仮想通貨アカウントをクリックする

 

コインチェック,貸し仮想通貨

 

5.コインを貸すから、希望する通貨を選択

①左側の「コインを貸す」をクリック

②希望する仮想通貨を選択(貸出可能額が反映されています)

 

コインチェック,貸し仮想通貨

 

6.貸出期間、通貨数を入力し「**を貸す」ボタンをクリック

①希望する貸出期間、通貨数を入力

②希望があれば、「返却時に再度貸出申請を行う」をチェックすることで、再申請が可能。
後から変更も可能です。

③「通貨を貸す」をクリックすることで申請されます。

 

空き枠があればすぐに承認されますし、枠が埋まっていれば、下側に申請中で表示されます。

承認前であれば、申込みをキャンセルすることも可能です。

 

コインチェック,貸し仮想通貨

 

コインチェック,貸し仮想通貨

 

まとめ:毎月積立分をレンディングすることで利回り5%を確保、投信よりもコスパの良い投資先である

今回は毎月の積立分を貸し出すことで、利回り5%を確保しつつ運用する方法を解説しました。

投資信託の平均利回りが3〜5%なところ、レンディングであれば固定で5%の利回りであることは非常に魅力的です。

 

また、毎月積立分を貸し出すことで、毎月満期を迎えて利息を受け取ります。

毎月その利息を含めて再投資をすることで非常に早いサイクルで複利運用することが可能です。

 

リスクを理解した上で最速サイクルで資産形成をしたい方はぜひ検討してみてください。

こちらから5分程度で無料口座開設ができます。

コインチェック公式サイトはこちら

 

なお、コインチェックの詳細はこちらで書いています。

コインチェック(Coincheck)のメリット、デメリットとは?トレーダーが徹底解説
ビットコインなどの仮想通貨を始めたいけどどこの取引所で購入すれば良いか分からないという方もいますよね。 この記事ではコインチェックで購入することをおすすめしていますが、その理由やメリット、デメリットを徹底解説していきます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント