仮想通貨リスク(LSK)とは?特徴や将来性、購入できるおすすめ取引所を解説

仮想通貨リスク(Lisk)とは仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

仮想通貨のリスク(Lisk)の特徴は何があるのか。

リスクの将来性や購入するとしてもどの交換業者が一番お得に購入できるのか気になりますよね。

  • リスク(Lisk)を購入する価値があるのか
  • 将来性はどうなのか
  • どの交換業者(取引所)で購入すれば良い?

 

この記事では、これらの疑問に向けて、実際にリスク保有者の私が、なるべく初心者に分かるように解説していきます!

 

リスク(Lisk)とは

仮想通貨リスクとは

 

リスク(Lisk)とは、ブロックチェーンを活用した分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームであり、このプラットフォーム上で利用される仮想通貨がリスクです。

分散型アプリケーションとは、企業などの管理者する団体がいなくても稼働するアプリケーションのことで、「DAppsと呼ばれています。」

 

単位LSK
発行上限上限なし
開発者Max Kordek氏
Oliver Beddows氏
開始日2016年5月24日
時価総額148.3億円
(2020年11月10日時点)
時価総額
ランキング
75位
(2020年11月10日時点)
主な目的プラットフォーム
スマートコントラクト
アルゴリズムDelegated Proof of Stakes
(DPoS)
ブロック生成
サイクル
約10秒
【リスク(LSK)のチャート】

リスク,lsk,価格

引用元:Coin Market Cap

 

リスクは対日本円は概ね横ばいを推移しています。

対ビットコインに対しては2020年11月上旬からビットコインの価格が急上昇していることからも、対ビットコイン価格は下落しています。(黄色の線)

 

そのため、仮想通貨リスクに将来性を感じる場合は、今が買い時かもしれません。

 

リスク(Lisk)の特徴とは

  • プログラミング言語はJavascriptを利用
  • サイドチェーンを使用
  • フォージング技術を採用

 

プログラミング言語はJavascriptを利用

リスクのプラットフォーム上では「Javascript」というプログラミング言語を利用しています。

エンジニアの方であれば基本的な言語であり、分かるかと思いますが、言語としては基本的な言語であることから、多くの方がリスクのプラットフォームを利用することが可能です。

 

サイドチェーンを使用

リスクはメインのブロックチェーンとは別にサイドにブロックチェーンを設けています。

このことにより、

  1. 処理速度を速くする
  2. セキュリティの強化
  3. 柔軟性

などのメリットがあります。

 

フォージング技術を採用

フォージングとは、取引が正常だと承認をする作業(ビットコインであればマイニング)において、承認者を101人選出します。

 

この101人の承認者は「リスク(LSK)保有者」が投票で選出され、選ばれた101人が承認作業を行うことができることができ、この承認作業を「DPoS(Delegated Proof of Stake)」と呼びます。

 

仮想通貨リスクのメリット

  • スマートコントラクトの実装
  • プログラミング言語がJS
  • スケーラビリティを確保できる

 

スマートコントラクトの実装

スマートコントラクトは自動的に契約できる技術ですが、最初はイーサリアムが開発しました。

 

仮想通貨のリスクにおいても、このスマートコントラクトを実装していることから、リスク上のプラットフォームにおいて「スマートコントラクトの活用」が実現できます。

 

プログラミング言語がJS

これは上述の特徴の通り、プラットフォーム上のプログラミング言語は「Javascript」を利用しています。

これにより、非常に多くのプログラマーがリスクのプラットフォームを活用することが可能です。

 

これも仮想通貨リスクの「かんたんに使えるプラットフォーム」というコンセプトから実現しています。

 

スケーラビリティを確保できる

スケーラビリティ問題とはブロックチェーンの仕組み上、1つのブロックに情報が詰まっています。

この1つのブロックの情報量が上限を超えてしまい、取引の遅延など容量オーバーに繋がるという問題です。

 

仮想通貨のリスクはこの問題を避けるためにも、特徴でも解説したサイドチェーン上にアプリケーションを実装しているため、メインチェーンに影響がありません。

 

なお、イーサリアムはメインチェーン上にアプリケーションを実装しており、今後は遅延の問題を抱えていたりします。

 

仮想通貨リスクのデメリット

  • 発行上限がない
  • 中央集権に近くなる可能性も
  • 悪用リスクがある

 

発行上限がない

仮想通貨リスクには発行上限がありません。

ビットコインであれば2100万枚など上限を決めています。

 

仮想通貨のリスクに関しては発行上限がないからこそ、必要以上に発行すると供給が増加し、価格の減少に繋がります。

ただし、目的はあくまでリスクのプラットフォームを活用した誰でも使える経済システムです。

 

中央集権に近くなる可能性も

上述の必要以上に発行すると、価格の下落に繋がる危険性として、発行量を調整することも可能です。

これは日本政府が日本円を市場に流通する量を決めているのと同じであり、意味合いは「中央集権に近くなる」ことが考えられます。

 

また、資金量を調整するという意味では、必ずしもデメリットではありませんが。

 

悪用リスクがある

これは他の仮想通貨でも同じことが言えるのですが、仮想通貨のリスクのプラットフォームは誰でも使用できるようにJSという一般言語を活用しているため、多くの方が利用できます。

 

多くの参加者がいるということは、悪意のある人も参入しやすくなる危険性はあります。

この観点に関して、リスクのプラットフォーム開発者は1番の優先順位として「セキュリティ」を大事にしています。

 

リスク(Lisk)の将来性は?

仮想通貨の将来性は、

使いやすい経済システムを目指し、分散型アプリケーションのプラットフォームの開発を進めています。

2020年11月時点ではまだ実装されていませんが、このプラットフォームが実用的になるかどうかが、投資する判断基準になるかと思います。

そのためにも、プログラミング言語をJSにしたり、スマートコントラクト機能を実装したりと着実に開発を進めています。

 

2020年11月時点では、まだ価格は横ばいなため、投資をする場合は、実装するまで長期的な視点で購入することが望ましいです。

 

仮想通貨リスクを購入できる交換所(取引所)は

2020年11月時点では、仮想通貨リスクが購入できる交換業者は、

  • コインチェック(販売所)
  • ビットフライヤー(販売所)

の2社のみです。

 

どちらも販売所形式(交換業者から直接購入する)でしか購入できません。

 

購入する場合は、

・コインチェックの場合、自動積立で銀行から引き落とし(手数料無料)

・ビットフライヤーの場合、通常に日本円を入金して、好きな金額を都度購入する
(入金手数料がコインチェックよりも安いため)

この2択です。

 

もしも仮想通貨リスクの将来性を感じたなら、この2社でご自身の投資スタイルに合わせて購入しましょう。

 

コインチェックの詳細はこちらで書いています。

コインチェック(Coincheck)のメリット、デメリットとは?トレーダーが徹底解説
ビットコインなどの仮想通貨を始めたいけどどこの取引所で購入すれば良いか分からないという方もいますよね。 この記事ではコインチェックで購入することをおすすめしていますが、その理由やメリット、デメリットを徹底解説していきます!

 

ビットフライヤーの詳細はこちらで書いています。

ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット、デメリットは?利用する5つの理由とは
仮想通貨を始めるにあたりビットフライヤー(bitFlyer)のメリットやデメリットはどうなんだろうと気になる方もいますよね。 ビットフライヤーを実際に利用している筆者が、利用している5つの理由と、メリット、デメリットを解説します!

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

コメント