【初心者向け】仮想通貨やビットコインの始め方を徹底解説

ビットコイン,仮想通貨,始め方仮想通貨
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

ビットコインなどの仮想通貨には興味はあるけれど、全てがインターネット上での取引であり、始めることに抵抗がある方も多いかと思います。

  • 手続き方法がわからない
  • どこの取引所を利用すれば良いかわからない

 

この記事では仮想通貨をこれから始める初心者の方に向けて、どのように取引所を選べば良いか、そして正しい仮想通貨の投資や流れを解説致します。

 

ビットコインを購入するまでの流れとは

ビットコイン,仮想通貨,始め方,投資方法,口座開設

まずは、ビットコインなどの仮想通貨を購入するまでの大まかな流れを知っておきましょう。

手続きなどは全てネット上で完結するため、仕事終わりや休日などに、不慣れな方でも購入できるようになるまでは、手続き時間は1時間もあれば準備は可能です。

 

ではまずは流れを解説します。

  1. 仮想通貨を購入する取引所を選択する
  2. 事前に申込みに必要な書類を準備する
  3. 取引所で口座開設をする
  4. 取引所で本人確認をする
  5. 取引所に日本円を送金
  6. 仮想通貨を購入する

このような手順で仮想通貨を購入することができます。

口座開設に関しては基本的に銀行やネット証券などと申込み方法は似ており、

必要事項を入力していくことで口座を開設することができます。

 

おすすめな取引所の選び方

取引所の選び方はビットコインなどを購入する目的別で分けると良いです。

積立投資:コインチェック

一般取引:ビットフライヤー or BITPOINT

レバレッジ取引:DMMビットコイン

この記事ではそれぞれの詳細は割愛しますが、仮想通貨初心者の場合は、最初用語などにも困るケースがあります。

そのため、最初は使いやすさと人気度や利用者数などで判断して良いかと思います。

国内の取引所で主要な取引所で、それぞれの目的別で長所が強い取引所が上記の通りとなっています。

 

筆者は、毎月の積立をコインチェック、一時金として保有しているコインをビットフライヤーの2社で管理しています。

また、レバレッジ取引は、リスクがかなり高いため、もしもハイリスクな投資をしたい場合は事前に勉強してから臨むことをおすすめします。

 

口座開設で必要な書類

では口座開設をする取引所が決まったら、必要な書類を準備しましょう。

 

基本的にはどの取引所でも必要な書類はほとんど同じであり、

  • メールアドレス(SNSアカウントで開設も可)
  • パスワード(なるべく20桁くらいのランダムで生成しておくこと)
  • 本人確認資料
    ・免許証(運転経歴証明書)
    ・パスポート
    ・住民基本台帳カード
    ・個人番号カード
  • iOSは「Google Authenticator」、Androidは「Google 認証システム」アプリ

 

口座開設の注意点

  • パスワード
    パスワードはなるべく自動生成アプリなどを利用して20桁くらいでランダムかつ記号などを交えて作成するようにして下さい。
    多少面倒ではありますが、仮想通貨は全てデジタルだからこそハッキングリスクを抑えるためにも、ご自身で大切な仮想通貨を守る必要があります。

 

  • 「Google Authenticator」or 「Google 認証システム」
    これは取引所にログインする際に二段階認証を設定するときに利用するアプリです。
    このアプリをダウンロードして、取引所内で二段階認証をこのアプリで設定することで、
    次回のログイン時の時にはアドレスとパスワードを入力した後に、このアプリ内で表示される6桁の数字も入力しないとログインできないように設定するものです。
    これもログインの手間を増やしますが、ご自身の資産を守るためには二段階認証を徹底しましょう。

iOSアプリはこちらからダウンロードできます
Androidはこちらからダウンロードできます

これらは大切な資産を守るための厳重策です。

20桁(取引所によってはMAX16桁)のパスワードなると、必ずパスワード管理アプリなどで管理をしておく必要もあり、

都度ログインすることが面倒と感じてしまうかもしれませんが、ハッキングリスクを極限まで抑えるためには大切なことです。

 

必要な書類を準備したら口座開設へ

上記の必要なものを揃えたら、口座開設をしましょう。

入力項目は一般的なネット証券と大して変わらないです。

  • メールアドレスを入力して送信
  • 登録したアドレスにメールが届くため、メール内のリンクをクリック
  • 基本情報を入力していく
  • 本人確認資料をアップする
  • 1〜2営業日で口座開設は完了し、入力した住所宛に本人確認を兼ねてハガキが送付される
  • このハガキを受け取った時点で全ての取引ができる
  • ログインをして二段階認証設定をする

このような流れとなっており、国内の取引所は基本的にこの流れで口座を開設します。

 

投資初心者へおすすめの取引の流れ

これまで基本的な口座を開設するまでの流れを開設しました。

そこで初めてビットコインを購入する方は「積立型で購入する」ことをおすすめします。

 

仮想通貨はかなりリスクの高い商品だからこそ、正しく投資をするためにはリスク分散が必須となってきます。

このリスク分散の王道が「積立型」で毎月少額ずつ購入していく投資方法です。

 

なぜ筆者がここまで積立で購入することをおすすめするのかはこちらの記事でシミュレーションをしているため、目を通してみて下さい。

積立投資はビットコインが最強。実際のシミュレーションと理由を解説
資産形成をする上で積立投資は必要不可欠。そして積立投資はビットコインに毎月投資をすることが結果として良いわけですが、それには資産形成をする上で正しい投資とマッチしたからです。この記事では元銀行員が正しい投資の方法やシミュレーションを交えて解説します!

 

そして、積立型で購入するおすすめの取引所はコインチェックです。

コインチェックの積立はリスク分散のためにも、「1ヶ月分の積立を毎日分割して購入する」ことが可能です。

 

そして購入時の手数料も無料なため、投資初心者にはかなりおすすめです。

こちらから無料で口座開設できます。

コインチェック公式サイトはこちら

 

また、一時金で仮想通貨を購入するおすすめの取引所はビットフライヤーです。

ビットコインの取引量が国内で1番多く、既に250万人以上が利用しているため初心者でも扱いやすいです。

 

こちらの公式サイトから無料で口座開設でき、最短即日で取引できます。

ビットフライヤー公式サイトはこちら

 

リスクを理解しつつ、健全に仮想通貨を初めていきましょう。

では最後までお読み頂きありがとうございました!

コメント