ビットコイン購入の手数料徹底比較!一番安く買える取引所はどこ?

ビットコイン,手数料仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

ビットコインを始めとする仮想通貨は購入時の手数料は株式などと比較すると高いです。

そのため、手数料の安い交換所(取引所)を選ばないとかなり手数料の違いが発生してしまいます。

また、交換所の手数料はちょっとわかりにくいなぁと感じたことがあるかもしれません。

 

この記事では、

  • 仮想通貨の購入時手数料について
  • 安く仮想通貨を購入する方法
  • ビットコインを安く購入するおすすめ取引所とは

など、仮想通貨初心者に向けて、ビットコインを購入する際にどこの交換所が一番安く購入できるのかを徹底解説します!

 

仮想通貨取引所の手数料には2種類ある

最初に理解しておきたいこと、注意したいことが交換所(取引所)には購入時の手数料が2種類あるということです。

それは、

  • 購入時手数料
  • スプレット

この2種類の手数料があります。

 

購入時手数料はその名の通り、購入時に発生する手数料です。

そして、スプレットとは交換レートの買値と売値の差額幅で間接的な手数料のことです。

 

ビットフライヤーを例にすると、

【購入時手数料】

ビットフライヤー手数料

 

【スプレット手数料】

ビットフライヤー販売所スプレット

 

このように、

  • 購入時に手数料が発生する場合
  • スプレットと呼ばれる買値と売値にレートの差を作り、差額を間接的な手数料として発生する

この2つの手数料が存在するのです。

 

この手数料2種類の手数料を理解するには、仮想通貨の購入方法が2パターンあることを理解しましょう。

 

仮想通貨購入方法である販売所と取引所を理解しよう

上述のように、2種類の購入時手数料があるのには、販売所と取引所の2種類の購入する場所があるからです。

この2種類を理解しておかないと、手数料を多く払ってしまう可能性があります。

 

イメージとしては、

  • 販売所=交換業者から直接購入する
  • 取引所=フリーマーケットのように買いたい人と売りたい人のマッチング

このような違いがあります。

 

販売所はコインチェックやビットフライヤーから直接購入する、

取引所は市場参加者の売りたい人から直接購入するということです。

 

手数料も含め、安く購入するなら絶対に取引所で購入すること

販売所と取引所のレートと手数料の違いを比較してみましょう。

下記は2020年10月22日14時48分のコインチェックのレートです。

 

【販売所】

1ビットコイン=137万7735円です。

コインチェック販売所

 

【取引所】

1ビットコイン=約133万7000円前後です。

コインチェック取引所

 

このように同じ1ビットコインを購入するのに約4万円も異なってくるのです。

そして、上述のビットフライヤーの画像に記載した通り、

「販売所」でのスプレット差は1万9958円、「取引所」での購入手数料は2005円です。

 

つまり、購入する際は「取引所」で購入することが大事なのです。

 

また、交換所によっては「購入手数料無料!」と謳っているところは、販売所での購入が無料で、取引所は有料であるケースがあるため、きちんとこの違いを理解することが大切です。

 

なお、基本的には販売所の手数料が無料で、取引所は購入時手数料がかかったとしても”取引所”の方が安いケースが多いです。

 

ビットコインを購入する際に手数料が安い取引所は?

ビットコイン,手数料,取引所

 

今までの手数料を考慮しながら、お得にビットコインが購入できる交換業者を比較してみましょう。

なお入金手数料も交換業者によって異なるため、掲載しております。

 

順位交換業者購入手数料
(取引所)
購入手数料
(販売所)
入金手数料
1位コインチェック無料
※アプリ
はない
無料770円〜
1018円
※積立
は無料
2位BITPOINT無料
※アプリ
はない
無料無料
3位ビット
フライヤー
0.01~
0.15%
無料330円
4位GMOコイン0.05%無料無料
5位フォビジャパン0.024〜
0.100%
無料無料
6位Bitbank0.12%無料振込手数料
負担あり
7位DMM
ビットコイン
取扱なし無料無料

 

上位から安い順に並べていますが、注意したい点として、

調査したところ、交換業者として手数料無料などを謳っているのは「販売所」であり、レートが悪いという交換所も存在しました。

 

そして、口コミも「手数料が無料でお得!」なども散見されましたが、手数料は無料でも悪いレートで買っているケースもありました。

 

ビットコインの購入は複雑になっているからこそ、【正しい情報】を調べるようにしましょう。

 

安くビットコインを購入する場合は上位3社で検討しましょう

ビットコインを購入する際のおすすめ交換業者は、

  1. コインチェック
  2. BITPOINT
  3. ビットフライヤー

です。

再三ですが、購入する際は「取引所」(板取引)で購入するようにしましょう。

コインチェックとBITPOINTはアプリでは「取引所」がないため、スマホでもブラウザでログインしましょう。

 

コインチェックでの取引所(板取引)画面の参考例として、

ビットコイン,取引所

このようにリアルタイムで市場参加者が注文を出している画面が「取引所」です。

 

コインチェック
コインチェック

コインチェックは取引所の購入時手数料が無料です。
ただし、アプリだと「販売所」しかないため、ブラウザでログインするようにしましょう。

また、通常に取引をする際、日本円入金時に手数料が発生するため、頻繁に口座間での資金移動には向きません。

・それなりの金額を一度に入金して、ご自身のタイミングで頻繁に売買する
・積立サービスを利用して、毎月口座引き落としをする(無料)

このような投資スタイルと相性が良いです。
特に積立であればドルコスト平均法の強みを最大限に活かすことが可能です。

BITPOINT
BITPOINT

BITPOINTは購入時手数料無料です。
「販売所」「取引所」共に無料であり、「即時入金」を利用すれば手数料がかからずに取引することが可能であり、非常に使い勝手の良い交換所です。

また、2020年11月からレンディングサービスを開始したりとサービス拡充しています。

コスト面が非常に優秀であり、取引画面がシンプルなことからも使いやすさも高いです。

そのため、メインで利用する口座としてもおすすめです。

ビットフライヤー
bitFlyer

ビットフライヤーの手数料は多少変動があることからも、上位2社にはコスト面で引けをとるものの、

・取扱種類が豊富(12種類)
・セキュリティが強く、過去ハッキング被害なし
・ビットコインが無料で貰えるサービスがある

など手数料面以外にもメリットが多い交換業者です。
サブ口座として保有しておくことも、おすすめします。

 

交換業者(取引所)によって強みが違う

今回の記事は「ビットコイン購入における手数料の違い」で比較しております。

しかし、交換業者によってセキュリティ面に強みを置いていたり、取扱数の多さであったり様々です。

 

そのため重要なことは、複数の交換業者をそれぞれ活用することです。

 

再三ですが、交換所ではなく取引所で購入することが大切です。

しかし、取引所で取り扱っている通貨は取引所によって異なるため、取扱数も大事になってきます。

 

筆者が分散して利用している、おすすめ交換業者3社は下記で解説しています。

【この3社でOK】国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント