複利運用とは?資産を増やすためには最重要である理由を解説致します

複利運用,重要,資産,資産形成投資の心構え
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

投資をする時に複利運用は重要だと聞いたことはありませんか?

資産形成をする上では複利運用はとても重要なことであり、これから貯金をしよう、投資を始めようと考えている方は複利運用について必ず知っておく必要があります。

 

この記事では、複利運用がどのくらいの力を発揮するのかシミュレーションも用いつつ、そして気をつけるべき点についても解説していきます。

 

複利運用とは?

複利運用とは

複利運用とは株式や投資信託などで配当や分配金が出た際にそのお金も再投資に回すことです。
イメージとしては雪だるまを作る時みたいに、元本に配当が加わり、その元本+配当に対して翌年に配当や分配金が出ることになります。
そのため、複利運用は長期であればあるほど効果を発揮します。

まず大前提に資産形成をする上では複利運用は必須と言っても過言ではないです。

その理由はこちらで書いていますので目を通してみて下さい。

誰でもできる小金持ちを目指そう!資産形成するロードマップを解説
資産を作る上でお金持ちになりたいと多くの人が思いますよね。お金持ちにも段階がありますが、小金持ちであれば正しく行動すれば誰でも目指せます。 この記事では小金持ちになる方法をロードマップとして資産形成する方法を具体的に解説していきます!

 

複利運用と単利運用ではどのくらい違う?

では実際に投資の積立をしていると仮定してシミュレーションを見ていきましょう。

サンプルの条件として、

  • 毎月5万円ずつ積立投資
  • 利回りは投資信託の一般平均である3%で算出
  • 単利(配当は受け取る)と複利運用で比較
  • 5年、10年、20年、30年のシミュレーション
  • 今回は単利と複利の違いを知るため、税金、手数料は考慮せず

上記の条件でシミュレーションをしてみましょう。

 

複利運用のシミュレーションはこちらの金融庁のサイトを利用しています。

単利複利
5年後3,228,750円3,232,336円
10年後6,907,500円6,987,071円
20年後15,615,000円16,415,100円
30年後26,122,500円29,136,844円

上記のシミュレーションの通り、5年程度の短い期間だと単利も複利もあまり違いがありませんが、

20年〜30年にかけて大幅に違いが出る結果でした。

そのため、老後資金のために今から複利運用で投資を始めることが重要だと思います。

 

複利運用する際の注意点

上記で複利運用の効果が大きいことは分かったかと思います。

しかし、だからといって何でも良いから投資信託などで複利運用を始めようと思うと結果的に損をしてしまったり

複利運用のメリットを引き出せない可能性があります。

 

そのため、複利運用をするために気をつけるべき点を3つ解説致します。

  • 長期投資をすること
  • 証券会社の手数料に注意
  • 毎月自動積立する

 

長期投資をすること

これは先ほどのシミュレーションを見て頂けたら分かるかと思いますが、複利運用をする際には長期投資は必須です。

そのため、20年、30年と投資を続ける覚悟で始めることが重要です。

 

そして長期的に積立を続けるため無理のない範囲の金額で投資をすることが重要です。

人生のライフイベントでは結婚、出産、教育、マイホームなどでお金が必要になってきます。

 

その時のためにも、長期投資とは別枠でも貯金をしておくことも大切です。

 

また、リスクを高めても良いという場合には、投資信託だけではなく、仮想通貨で積立することも資産形成の上ではアリかと思います。

筆者もビットコインの積立を行っていますが、その理由に関してはこちらで書いています。

少額からできるビットコインの積立投資。実績やメリット、デメリットを解説
ビットコインの積立は少額から投資ができておすすめ。特に価格変動の大きい仮想通貨と積立は相性が良いです。この記事では筆者の積立実績を公開しつつ、積立するメリットとデメリット、正しい積立方法のコツをトレーダーとして徹底解説します!

 

証券会社の手数料に注意

先ほどのシミュレーションはあくまで手数料と税金は考慮していません。

税金はNISAを除けば必ず発生するものであり仕方ありませんが、手数料は運用成績に大きく影響します。

 

そのため、投資信託や株式を購入する際はまず先に手数料をチェックしましょう。

投資信託でもインデックスファンドとパッシブファンド(ここでは詳細は割愛します)があり、

インデックスファンドの方が手数料が安いのですが、統計上インデックスファンドの方が運用成績が良いです。

 

また、最近話題にもなっているロボアドバイザーなどは代わりに運用先なども選ぶ代わりに手数料がかかる証券会社もあります。

 

正直手数料で2,3%ほど取られてしまっては運用成績がかなり圧迫します。

運用先がわからなければ、ネット証券で購入時手数料無料の、国内株式の投資信託を購入する方がパファーマンスは良いです。

 

毎月自動積立する

複利運用の効果を発揮するには、再投資をしていく必要があります。

そのためには毎月積み立てていくことが重要ですが、手動で投資先を購入していたら、必ずどこかの月は妥協が発生します。

 

そのため、自動積立を証券会社や取引所などで設定しておくことであとはほったらかしで構わないです。

数ヶ月に一度、運用成績をチェックする程度にしておくことで、投資に対する不安感なども気にする必要が大幅に減ります。

 

まとめ:資産形成には複利運用は重要、今すぐ始めるべき

今回は複利運用の重要さをシミュレーションを元に解説しました。

複利運用の効果を最大限に発揮するには、【長期運用】もセットである必要があります。

 

そのため、毎月の積立額は無理のない範囲で捻出しましょう。

また、毎月の積立額はいつでも変更やストップはできるため、あまり気負わずにスタートして良いかと思います。

 

複利運用を活用して、小金持ちになるためのロードマップも解説していますのでこちらも目を通してみて下さい。

誰でもできる小金持ちを目指そう!資産形成するロードマップを解説
資産を作る上でお金持ちになりたいと多くの人が思いますよね。お金持ちにも段階がありますが、小金持ちであれば正しく行動すれば誰でも目指せます。 この記事では小金持ちになる方法をロードマップとして資産形成する方法を具体的に解説していきます!

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
投資の心構え
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊ブログ

コメント