イーサリアムはどこで購入するのがお得?取引所別での手数料を徹底比較

イーサリアム,おすすめ仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

イーサリアム(ETH)は仮想通貨の時価総額が2番目に大きい通貨であり、人気のある仮想通貨です。

イーサリアムを購入しようと思ってもどこの取引所がお得に購入できるのか気になりますよね。

購入する場所や方法によって手数料は大きく異なります。

 

この記事では、イーサリアムに関して解説しつつ、購入する際にどこの交換所が一番おすすめなのかを徹底比較していきます!

 

イーサリアム(ETH)とは?特徴を解説

イーサリアムについて簡潔に特徴を知っておきましょう。

 

なお、初心者向けのイーサリアムのメリットとデメリットは下記で解説しています。

どこの取引所がお得か先に知りたい方は下にスクロールしてください。

 

【初心者向け】イーサリアム(ETH)とは?特徴や買い方、将来性を解説

 

ではこのイーサリアム(Ethereum)はどのような特徴があるのでしょうか。

  • スマートコントラクト機能がある
  • dApps 構築のプラットフォーム
  • DeFiなどイーサリアムベースのプラットフォームが誕生している
  • ビットコインよりも送金スピードが速い
  • 多くのNFTの仕組みの基盤(プラットフォーム)となっている

 

その①:スマートコントラクト機能がある

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上にプログラムを書き込むことで、このプラットフォーム上で自動的にデータの更新や契約などを書き換えてくれる仕組みです。

 

例えば、不動産は誰が所有者かを管轄の法務局で登記をすることで、この土地と建物は自分のものだと主張することができます。

また、不動産を所有する時は、売主と売買契約をします。

 

このような契約手続きなどをスマートコントラクト機能を利用することで、わざわざ法務局に行かなくても、契約書にサインをしなくても、自動的に契約や所有者の変更を書き換えることが可能です。

 

また、ブロックチェーン技術を利用しているため、情報はブロック上に組み込まれており、暗号化されて繋がっていることから「改ざんができない」ことも特徴です。

 

その②:dApps構築のプラットフォーム

dApps構築のプラットフォームとは、分散型アプリケーションを作るための開発する環境を提供するプラットフォームです。

まずdAppsの特徴は、国などが管理する団体や個人が存在しなくても、稼働するアプリケーションのことです。

 

例えば日本円は日銀が管理、発行していますが、日本円の価値は国が操作をして価値の変動を制御して経済政策をしています。(お金をたくさん刷ったりして)

 

このようにどこかの政府や企業が管理をしていると操作ができてしまうことを、

参加者全員が相互に管理しましょう(=非中央集権と言う)ということが仮想通貨の始まりです。

 

イーサリアムのプラットフォームを活用することで、

参加者全員でデータの管理をし合い、仕様の変更などができるようになります。

つまり多くの参加者がプラットフォームを作ることができるようになり、競争性などが生まれてより良いプラットフォームが作成されやすくなるのです。

その③:DeFiなどイーサリアムベースのプラットフォームが誕生している

DeFiとは分散型金融のことであり、上述のプラットフォームを用いて、管理者のいない金融を実現しています。

現在、世界では銀行口座を持てない人もいるなど、新興国は日本ほど金融が発達していません。

 

日本も海外送金するのに数日を要したり、改善点は多いです。

これらを解決するためのプラットフォームがDeFiであり、急速に市場が拡大しています。

 

これもイーサリアムがベースのプラットフォームです。

その④:ビットコインよりも送金スピードが速い

ビットコインは送金するには10分に1回のペースで第三者が、「この送金は問題ない」という承認作業が必要です。

しかし、イーサリアムはこれが15秒に1回のペースで行われているため、送金スピードが圧倒的に速いです。

 

そのため、今では仮想通貨の送金はビットコインよりもイーサリアムで行うケースの方が多いです。

また、手数料もビットコインよりもイーサリアムの方が圧倒的に低いため、実用性はビットコイン以上にあります。

 

その⑤:多くのNFTの仕組みの基盤(プラットフォーム)となっている

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略であり「非代替性トークン」と呼ばれています。

これは、1つ1つの仮想通貨(トークン)を発行することが可能な仕組みです。

 

例えば、1ビットコインは、他人に送っても1ビットコインのままです。

しかしNFTという仕組みで発行されたトークンは「**トークン」となりますが、この「**トークン」1つに価値が与えられます。

 

例えば、この**トークンとゲームのアイテムを紐づけることで、リアルの世界で**トークンを売買することで、紐付けられたアイテムを売買することができます。

つまり、今まで価値がなかったものに価値を付与することが可能です。

 

そして、その①で解説した「スマートコントラクト」により、売買した時点で所有権も移転し、誰が所有しているかの証明も可能です。

 

イーサリアムを購入する際には手数料を理解しよう

イーサリアム,おすすめ,取引所

 

交換業者でイーサリアムを購入する際、「販売所」と「取引所」を理解する必要があります。

もちろん他の仮想通貨を購入する際にも理解するべきです。

 

  • 販売所=交換業者から直接購入する
  • 取引所=フリーマーケットのように買いたい人と売りたい人のマッチング

このような違いがあります。

販売所はコインチェックやビットフライヤーなど交換業者から直接購入する、

取引所は交換所で取引をしている他のユーザーから購入するということです。

 

安く購入するためにも取引所で購入する

購入する際には、必ず取引所で購入しましょう。

なぜなら販売所は交換業者から購入するため、購入するレートは交換業者が決めます。

 

そして、このレートは「スプレット」と呼ばれる買値と売値に差額を設けて間接的な手数料としていますが、

投資に慣れた方でないと、他の交換所とを比較しつつ割安なのか、割高なのかの判断が難しいのです。

また、基本的に販売所は割高です。

 

取引所であれば、売りたい人の値段で購入することが可能であり、適正な市場の価格で取引ができます。

そのため、取引所で購入するようにしましょう。

 

イーサリアムを購入する際のおすすめ交換業者は?

今までの話を元に取引所での手数料をベースにおすすめの交換所をランキング形式で比較してみましょう。

なお入金手数料も交換業者によって異なるため、掲載しております。

 順位交換業者購入手数料
(取引所)
購入手数料
(販売所)
入金手数料
1位コインチェック取扱なし無料1018円
※積立
は無料
2位bitbank無料無料振込手数料
負担あり
3位BITPOINT無料
※利用は
PCのみ
無料無料
4位GMOコイン0.05%無料無料
5位フォビジャパン0.036~
0.150%
無料無料
6位リキッドコイン0.1%
※対日本円
はない
無料振込手数料
負担あり
7位DMM
ビットコイン
取引所
がない
無料無料
8位ビット
フライヤー
取扱なし無料330円

 

イーサリアムを購入するなら、上位3位の中から選ぼう

イーサリアムを購入する交換業者のおすすめは、

  1. コインチェック 
  2. bitbank
  3. BITPOINT

 

コインチェック
コインチェック

コインチェックは販売所でしか購入ができません。

しかし購入時の手数料は無料で購入できます。

特にコインチェックをおすすめする理由として「積立サービスがあること」です。
価格変動の大きい仮想通貨を購入するには積立投資が非常に有効です。

通常の取引には以下の「bitbank」や「BITPOINT」で購入してコインチェックでは長期目線で積立投資をすることがとても相性の良い投資方法です。

なお、積立サービスを利用して、毎月口座引き落としをすると入金は無料になります。

このような投資スタイルと相性が良いです。
特に積立であればドルコスト平均法の強みを最大限に活かすことが可能です。

bitbank
bitbank

ビットバンクは取引所でも販売所でも購入手数料は無料です。

日本円の入金を即時入金することで手数料がかからなずに購入することができます。

またアプリで「取引所」が利用できる点も強みです。

アプリの操作性、セキュリティ面でも評判は高く優秀な取引所です。

コスパ良く仮想通貨を購入したい方はbitbankで購入して間違いはありません。

BITPOINT
BITPOINT

BITPOINTは購入時手数料無料です。
「販売所」「取引所」共に無料であり、「即時入金」を利用すれば手数料がかからずに取引することが可能であり、非常に使い勝手の良い交換所です。

また、2020年11月からレンディングサービスを開始したりとサービス拡充しています。

コスト面が非常に優秀であり、取引画面がシンプルなことからも使いやすさも高いです。

そのため、メインで利用する口座としてもおすすめです。
ただし、アプリでは「販売所」しか利用できず、取引所はブラウザでログインして取引をしましょう。

 

ぜひこの3社を比較検討してみてください。

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント