DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の評判は?メリットとデメリットを徹底解説

DMMビットコイン評判仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)とは仮想通貨取引所で、有名な交換業者の1社です。

仮想通貨を始めようかと考えた際に、

  • DMMビットコインの評判はどうなの?
  • メリットやデメリットは?
  • 実際に利用している人の反応は?

 

など疑問に思う方もいるかと思います。

この記事では、DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の利用を検討している方に向けて、評判、口コミを調査しつつ、メリット、デメリットを徹底解説していきます!

DMM Bitcoin

 

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)とは?

DMMビットコイン評判

 

まずはDMMビットコインの概要から知っておきましょう。

会社名株式会社DMM Bitcoin
設立日2016年11月7日
代表者田口 仁
資本金28億7000万円
(2021年9月末日現在)
暗号資産
交換業者
関東財務局長 第00010号
第一種
金融商品取引業
関東財務局長(金商) 第3189号
日本暗号資産
ビジネス協会
正会員
取扱数販売所:6銘柄
取引所:なし
レバレッジ:12銘柄
2021年9月末日現在
最小購入金額0.001BTC〜
1BTC=100万の場合、1000円相当
アプリ有無

 

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の評判とは?

それではDMMビットコインの評判、口コミを確認してみましょう。

ネットやSNSでの評判をチェックしてみました。

 

良い評判

さすが、DMMグループでであり、システム、セキュリティがしっかりしている
スマホアプリがサクサク動くため、ストレスなく利用できる
サポート体制が整っており、LINEでも365日問い合わせできる
レバレッジ取引の種類が豊富
レバレッジの取引ツールは一通り揃っており、文句なし
入出金手数料が無料なため、細かく出金手続きをすることができる

悪い評判

取引所がない
スプレッドが広めであり、実質的には手数料がかかる
レバレッジ取引に重きを置いている感じがある
現物取引が、ビットコイン、イーサリアム、リップルの3種類しかない
すぐにロスカットされる

ネットやSNSでの口コミ、評判をチェックし、これらの評判を元にメリットとデメリットをまとめました。

 

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のメリットとは?

  • レバレッジ取引をするのにおすすめ
  • スマホアプリが使いやすい
  • システム、セキュリティなどサポート体制がしっかりしている

これらのメリットについて解説していきます。

 

レバレッジ取引をするのにおすすめ

DMMビットコインはこれらの理由からレバレッジ取引が充実しています。

  • 取扱種類が12種類(2021年9月末日現在)と豊富
  • 取引ツールは逆指値やOCO、IFD等一通り揃っている
  • 追証がなく、ロスカットがきちんと設定してある

 

このことからもレバレッジでリスクを取って稼ぎたい、短期トレードやテクニカルトレードをしたい方にはおすすめです。

 

特に最近では他社の仮想通貨取引所ではレバレッジ取引に力を入れていなかったりするため、リスクを取って運用したい方にはおすすめです。

 

また入出金手数料が無料なことから、頻繁に口座へ日本円を入出金するような短期トレードを行いたい方にも相性は良いです。

 

追証とは、万が一相場が急落して、資金残高がマイナスになった場合に、マイナス分を補填される(加で拠金を入れなさい)ことになります。

これを防ぐために、ロスカットルールで、ここまで価格が下がったら強制決済されるというルールがあります。

 

相場は常に読めないからこそ、最悪は口座に入金している金額までしか損失を追わないことが可能です。

 

【DMMビットコインレバレッジルール】

DMMビットコインレバレッジルール

引用元:DMM Bitcoin公式サイト

 

スマホアプリが使いやすい

アプリは直感的に分かるような設計になっており、複雑になりがちなレバレッジでもわかりやすいです。

チャートを見ながらスピード注文も可能なため、タイミングを見逃すことなく売買することが可能です。

 

指標も、右上のマークをタップするだけで、基本的な、

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • RSI

などチャートを表示させたり、4つのチャートを同時に表示させて、複数の通貨の売買タイミングを見ることも可能です。

 

DMMビットコインアプリ

 

DMMビットコインアプリ

DMMビットコインアプリ

 

 

システム、セキュリティなどサポート体制がしっかりしている

DMMグループだからこそのシステムの安定性、セキュリティの確保、LINEで365日問い合わせ可能などが徹底されています。

 

特にセキュリティに関しては、

・顧客の資産とDMMビットコインの仮想通貨は完全に分離

・万が一DMMビットコインが破綻しても日証金信託銀行が保全している

・顧客の仮想通貨はコールドウォレット(ネットから遮断)して管理

・出金時は都度、DMMビットコインが不正がないかチェックする体制

・FW(ファイアーウォール)で外部の不正アクセスをネットから遮断

・社内端末の動きを24時間365日監視するシステム導入

 

など、資本力があるからこそのセキュリティ体制は整っています。

DMM Bitcoin公式サイトはこちら

 

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のデメリットとは?

  • 取引所がなく、現物取引をする際は割高になる
  • レバレッジ取引に力を入れており、初心者向きではない
  • ロスカットルールが厳格だからこそ、資金管理が求められる

これらのデメリットもあるかと思います。

 

取引所がなく、現物取引をする際は割高になる

仮想通貨を購入する際には、「販売所」と「取引所」の2種類があります。

販売所:DMMビットコインと直接売買する

取引所:世の中の売買したい人とマッチングをして売買する

この違いがあります。

基本的には、販売所の方が、交換業者が独自に価格設定をするため、割高になるケースが多いです。

 

そのため、通常の現物取引として、購入したい場合は、多少割高なレートで購入することとなる可能性があります。

 

レバレッジ取引に力を入れており、初心者向きではない

レバレッジ取引とは預けている資金を担保に最大2倍の資金量として信用取引が可能です。

当然、最大で2倍のリターンを狙える一方で2倍のリスクを追うこととなります。

 

そのため、リスクは抑えたい方は現物取引で売買することをおすすめします。

しかし、DMMビットコインでは現物取引は、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • ステラルーメン

の6種類しか取り扱っていないことからも、レバレッジ取引に力を入れていると見受けられます。

 

ロスカットルールが厳格だからこそ、資金管理が求められる

DMMビットコインでは証拠金維持率(詳細は上述で画像添付)100%以下になると強制的に決済されてしまいます。

 

これはメリットでも追証がないから資金管理がしやすいとお伝えしましたが、仮想通貨はFXよりも価格変動が大きいことがあります。

一瞬の急激な相場の変動により、ロスカットが発動し、相場がまた元に戻るなんてこともあり得るため、資金管理は徹底する必要があります。

 

つまりは経験者でさらにリスクを取れる方、リスクを理解している方にこそ向いています。

 

まとめ:DMMビットコインは投資中級以上やリスクを取れる方にこそ向いている

今回はDMMビットコインの評判や口コミを元に、メリットとデメリットをまとめました。

現物取引の銘柄が少ないなどのデメリットがある分、レバレッジ取引やサポート体制、セキュリティがしっかりしている交換業者です。

 

仮想通貨の取引に慣れてきて、少額からでもレバレッジ取引を始めてみようと思う方には非常に向いています。

 

ご自身の投資スタイルと合っている場合は、こちらからDMMビットコインの口座を無料で開設することができます。

DMM Bitcoin公式サイトはこちら

 

また、DMM ビットコインに関する詳細は下記でも解説していますので参考にしてみてください。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の手数料やメリット、デメリットなど解説
DMMビットコインに関して、手数料は安いのか、メリット、デメリットなど気になりますよね。 この記事ではDMMビットコインの手数料やメリット、デメリットなどを踏まえて、DMMビットコインを利用するおすすめの投資スタイルを解説します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメント