【資産爆増】堅実な正しいビットコインの投資方法を解説します!

堅実なビットコイン投資仮想通貨
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

仮想通貨の代名詞であるビットコインですが、気になっていてもリスクが高くてなかなか購入することに躊躇する方も多いかと思います。

仮想通貨は価格の変動が大きいからこそ大切な資産を減らしてしまわないか不安に思うかと思います。

この記事では仮想通貨やビットコイン投資において、健全で正しい投資方法を元銀行員が徹底的に解説致します。

 

資産形成にはビットコインはおすすめ

資産形成,ビットコイン投資,仮想通貨投資

ビットコイン投資はリスクがかなり高いため、買うことが怖いと思う方も多いかと思います。

しかしリスクが高いということは正しくリスクをコントロールすることで資産を増やす手助けをしてくれます。

また、ビットコインは発行されてから既に11年が経過しているからこそ既に詐欺ではないことは実証済みです。

2017年には資金決済法が定義され、2019年には改正法案も制定されたりと法律で守られています。

そのため、しっかりとリスクコントロールをして仮想通貨の大きなリスクを味方につけましょう。

 

ビットコイン投資の正しい投資方法とは

では、ビットコインを投資する上で守って欲しい投資方法を解説していきます。

もちろんこれらを遵守したらリスクがなくなる訳ではありませんが、リスクが大きいからこそ適切なリスクコントロールが求められます。

  • 毎月積立で購入する
  • 他の投資商品と分散して購入する
  • 積み立てているビットコインを貸し出す
  • マイナーな仮想通貨は買わない
  • メジャーな仮想通貨を複数分散して購入するのもアリ

ではそれぞれチェックしてみましょう。

 

毎月積立で購入する

これはドルコスト平均法と言われる投資をする上での基本です。

毎月、決まった日にちに決まった金額を購入することで購入する価格を分散することができるリスク分散の王道です。

分散的に購入することで大損する確率をグッと下げることが可能です。

また、ビットコインなど相場の変動が激しい投資商品ほど効果を発揮します。

正直ビットコイン相場の値動きは誰にも分かりません。

そしてビットコインを毎月積立で購入することでどのくらい利益が出たのかの詳細をこちらで書いていますので参考にしてみて下さい。

積立投資はビットコインが最強。実際のシミュレーションと理由を解説
資産形成をする上で積立投資は必要不可欠。そして積立投資はビットコインに毎月投資をすることが結果として良いわけですが、それには資産形成をする上で正しい投資とマッチしたからです。この記事では元銀行員が正しい投資の方法やシミュレーションを交えて解説します!

 

他の投資商品と分散して購入する

仮想通貨はかなりリスクが高いです。

リスクが高いということは値動きが激しく、購入した直後に大幅に暴落する可能性もあります。

上述の毎月積立で購入することで、大損は回避できる確率は高まりますが、それでもリスクが高いことには変わりありません。

そのため、毎月積立で購入するとしても、投資信託や預貯金の積立などとも併用して積立をするようにして下さい。

 

積み立てているビットコインを貸し出す

ビットコインや他の仮想通貨は取引所に貸し出すことができます。

お金を貸すのと同じで貸した日数に応じて指定の利息が貰えます。

下記の画像は実際のコインチェックの貸仮想通貨の画面ですが、

1年間貸し出すと年率5%も貰えます。

投資信託の平均利回りが3%であることからも、かなりメリットが大きい投資ではないでしょうか。

しかも利息が固定であり、投資信託などは3%を貰える保証などありません。

ただし、コインチェックに貸し出したら、その期間は売却が一切できなくなりますが、仮想通貨を購入する場合は長期投資をすべきだとは思っています。

ビットコイン,coincheck,コインチェック,貸し仮想通貨

参照元:コインチェックログイン画面

 

マイナーな仮想通貨は買わない

仮想通貨は今や2,000種類以上あると言われています。

しかしその大半が詐欺だとも言われており、仮想通貨を購入するとしてもメジャーな、時価総額の大きい、上位の通貨のみを購入するようにして下さい。

そもそもは国内の取引所においては選ばれた通貨しか購入はできず、一番多く取り扱っているコインチェックでも14種類です。

売買に慣れてくると海外の取引所の口座を開設して、一発奮闘に利益を狙いたくなるかもしれませんが、

購入するとしても最悪なくなっても良いと思える金額のみで購入するようにして下さい。

 

メジャーな仮想通貨を複数分散して購入するのもアリ

仮想通貨を購入する際、一番有名なのがビットコインですが、

リスク分散としてイーサリアムやリップルなどの通貨を分散して購入することも良いです。

おすすめはコインチェックの積立サービスですが、2020年9月時点では12種類の通貨を毎月自動積立で購入することができます。

そのため、リスク分散も兼ねて複数の通貨を積立することで、リスクの高い仮装通貨への投資に対してもリスクヘッジすることができます。

また、コインチェックはマネックスグループの傘下であることからもグループ会社の信用を損なわないように、取扱う通貨は慎重に選定しています。

そのためこれらの12種類に関しては決して詐欺の通貨ではないです。

下記の画像はコインチェックで取り扱っている自動積立サービスの購入できる銘柄です。

コインチェックつみたての種類

 

まとめ:リスク分散をしっかりと行うなら、ビットコイン投資はおすすめ

そのためにも上記で解説した、

  • 毎月積立で購入する
  • 他の投資商品と分散して購入する
  • 積み立てているビットコインを貸し出す
  • マイナーな仮想通貨は買わない
  • メジャーな仮想通貨を複数分散

ここを気を付けつつ、ビットコインなどの仮想通貨を購入することをおすすめします。

ビットコインの積立をする際は、コインチェックが毎月購入手数料が無料かつ自動で積立ができるのでおすすめです。

口座開設は無料ででき、5分程度で手続きできます。

コインチェックで口座開設をする

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

コメント