ビットバンク(bitbank)の評判は?評判からメリットとデメリットをまとめてみた

ビットバンク評判仮想通貨
この記事は約8分で読めます。
記事一覧

ビットバンク(bitbank)とは仮想通貨取引所で、有名な交換業者の1社です。

仮想通貨を始めようかと考えた際に、

  • ビットバンクの評判はどうなの?
  • メリットやデメリットは?
  • どのような人に向いている取引所?

 

など疑問に思う方もいるかと思います。

この記事では、ビットバンク(bitbank)の利用を検討している方に向けて、評判、口コミを調査しつつ、メリット、デメリットをまとめて徹底解説していきます!

ビットバンク公式サイトはこちら

 

ビットバンク(bitbank)とは?

まずはビットバンクの概要から知っておきましょう。

会社名ビットバンク株式会社
設立日2014年5月
代表者廣末 紀之
資本金11億3395万円(資本準備金含む)
(2021年8月31日現在)
暗号資産
交換業者
関東財務局長 第00004号
所属団体日本暗号資産取引業協会
日本暗号資産ビジネス協会
ブロックチェーン推進協会
取扱数販売所:9銘柄
取引所:10銘柄
レバレッジ:0銘柄
最小購入金額各全ての仮想通貨にて
0.0001単位〜
アプリ有無
アプリ有無

 

ビットバンクの取扱い通貨とは

仮想通貨取引所販売所
ビットコイン
(BTC)
イーサリアム
(ETH)
リップル
(XRP)
ビットコインキャッシュ
(BCH)
ライトコイン
(LTC)
モナコイン
(MONA)
ステラルーメン
(XLM)
クアンタム
(QTUM)
ベーシック
アテンション・トークン
(BAT)
オミセゴー
(OMG)
×

 

ビットバンク(bitbank)の評判とは?

ビットバンク評判

 

それではビットバンクの評判、口コミを確認してみましょう。

ネットやSNSでの評判をチェックしてみました。

 

良い評判

アプリが使いやすい
スマホのみで取引が完結する
手数料が安い
セキュリティレベルが高く、過去ハッキングもないため安心できる
MONA/BTCはビットバンクのみ

悪い評判

取扱う通貨数が少ない
レバレッジ取引がない
相場の値動きが激しい時は売買が成立しないことがある
板取引(取引所)での注文方法が少ない
取り扱っている通貨はメジャー通貨のみであり、ビットバンクでなれければならない理由はない

ネットやSNSでの口コミ、評判をチェックし、これらの評判を元にメリットとデメリットをまとめました。

 

ビットバンク(bitbank)のメリットとは?

  • 取引手数料が安い
  • アプリが使いやすい
  • セキュリティレベルが高い
  • 一部の通貨によってはお得に購入できる

ではそれぞれ詳しく確認してみましょう。

 

取引手数料が安い

通貨ペアメイカー
(※後述)
テイカー
(※後述)
BTC/JPY-0.02%0.12%
XRP/JPY-0.02%0.12%
ETH/JPY0%0%
LTC/JPY0%0%
BCH/JPY-0.02%0.12%
MONA/JPY-0.02%0.12%
XLM/JPY0%0%
QTUM/JPY0%0%
BAT/JPY0%0%
ETH/BTC0%0%
XRP/BTC-0.02%0.12%
LTC/BTC0%0%
BCC/BTC-0.02%0.12%
MONA/BTC-0.02%0.12%
XLM/BTC0%0%
QTUM/BTC0%0%
BAT/BTC0%0%

 

通貨によっては手数料が無料です。

また、上記の通貨は「取引所」で取り扱っています。

 

販売所ではなく取引所で購入できることからもビットバンクで取り扱っている通貨は非常にお得に購入できる交換所です。

 

メイカーとテイカーとは?

上記の表の通り、手数料には「メイカー」と「テイカー」の2種類があります。

  • メイカー:取引する際に、先に売買申請をして待機しているユーザー
  • テイカー:既に取引注文が並んでいる売買を約定させる注文するユーザー

この違いがあります。

 

つまり売買のマッチングの際に、

  • 先に注文を出しているユーザーがメイカー
  • 後から注文を出して売買成立するユーザーがテイカー

です。

 

  • メイカーは、手数料が安い(貰える)代わりに、すぐに売買できない
  • テイカーは、手数料がかかる(一部の通貨)代わりに、すぐに売買できる

 

アプリが使いやすい

評判の中にはアプリが使いやすいという口コミが多かったです。

アプリ内で、入出金、取引所で売買など全て完結できるため、非常に使い勝手は良いです。

見た目も直感的に操作しやすく、初めて触れる方でもすぐに慣れるのではないでしょうか。

 

ビットバンクアプリ

 

セキュリティレベルが高い

ビットバンクは過去に一度もハッキングされたことはありません。

一般的なセキュリティである、

  • 二段階認証
  • コールドウォレットで仮想通貨を保管
  • 顧客と取引所との仮想通貨を分けて管理する

 

これらのみではなく、

  • マルチシグ化(複数の承認作業を要することで社内の内部からの不正手続きを防ぐ)
  • BitGoと連携し、管理に必要な秘密鍵を分散管理することで、セキュリティ強化を図る
  • 「ICORating」の取引所セキュリティレポートにおいて国内No.1に選定

 

これらのことからセキュリティレベルは非常に高い交換所かと思います。

 

一部の通貨によってはお得に購入できる

仮想通貨をお得に購入するには「販売所」ではなく「取引所」で購入する必要があります。

ビットバンクは取引所で取り扱っている通貨数が多く、一部の通貨は手数料が無料です。

 

特に「アルトコイン」をお得に購入するにはおすすめできる取引所であり、手数料がある場合でも0.12%(10万円相当で120円)と非常に安く購入できます。

 

ビットバンク公式サイトはこちら

 

ビットバンク(bitbank)のデメリットとは?

  • 取扱い通貨数はぼちぼち
  • レバレッジ取引ができない
  • システムが強くない
  • 短期トレードや上級者向けの注文方法が備わっていない

これらのデメリットもあるかと思います。

詳しく確認しておきましょう。

 

取扱い通貨数はぼちぼち

2021年4月5日時点で取り扱っている通貨は全部で9銘柄であり、それなりの取扱数があります。

 

しかし、他社であれば10種類以上取り扱っている通貨もあることから、他の通貨も保有したい場合には他社の取引所を利用する必要があります。

 

しかし、取引所での通貨ペア数は他社よりも多いことからも、筆者はさほどデメリットではないと感じています。

 

レバレッジ取引ができない

レバレッジ取引が2019年3月31日で終了しています。

もしもレバレッジをかけて取引したいという方は、レバレッジサービスのある取引所を利用する必要があります。

 

システムが強くない

取引所で仮想通貨を購入するには、いわゆる「板取引」を利用します。

その際のシステムとして、急激な相場変動が起きている時は売買の成立がズレたりすることがあるという口コミがありました。

 

基本的には売買はすぐに成立するため、決してシステムが弱いわけではありませんが、短期トレードを行う方においてはデメリットに感じるかと思います。

 

短期トレードや上級者向けの注文方法が備わっていない

レバレッジ取引がないからということもありますが、注文をする際に、

  • 成行(今の相場で購入)
  • 指値(この金額になったら購入注文する)

この2択しかありません。

 

複雑な注文方法はなく、短期トレード目的の方やテクニカルで売買をする投資方法をする方には不向きな取引所かと思います。

 

まとめ:ビットバンクは短期トレードに不向き、アルトコイン長期投資に強い

今回はビットバンクの評判、口コミを集めてメリットとデメリットをまとめました。

結果としては、

ビットバンクはアルトコインをお得に購入できる取引所であり、セキュリティが強固だからこそ、長期投資に向いている。

 

特にリップルの取引量はビットバンクがNo.1であり、取引量が多いということは「取引所」が活発であり、売買成立がしやすいということです。

 

もしも投資目的が合っている場合は、無料で口座を保有してみてはいかがでしょうか。

ビットバンク公式サイトはこちら

 

また、ビットバンクに関する詳細はこちらでも書いていますので参考にしてみてください。

ビットバンク(bitbank)の手数料やメリット、デメリットを徹底解説!
ビットバンク(bitbank)は仮想通貨取引所の1つですが、手数料やメリット、デメリットは何があるのか、気になりますよね。 この記事では、ビットバンクの疑問やおすすめする投資スタイルなど正しい投資方法を解説していきます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント