FIREは目的を持たないと不幸になる。その理由を実体験の筆者が解説

FIRE,目的FP
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

FIREとは経済的に自立をして、早期に会社を退職することを指しますが、近年日本でも流行っている考え方です。

特に日本は他国よりも勤勉に働く傾向にあることから、辛くても耐えて通勤している方も多いのではないでしょうか。

 

FIREで早期に会社を退職して自分のやりたいことをする人生も自分の選択であり、良いことだと思います。

しかし、とにかく会社を辞めたいからFIREするのでは幸せを掴めない可能性があります。

この記事では、実際にFIREした筆者がFIREを目指す上で重要なことを解説します。

 

FIREをする目的が一番大切

FIREしたいと考える方で、今の仕事が辛いからという理由で早期退職したいと考える方もいるのではないでしょうか。

筆者も最初はそうでしたが、結論、この考えでFIREを達成しても幸せになれない可能性があります。

 

主にその理由が、”社会との繋がりが減少して人とのコミュニケーションが激減するから”です。

気付いたら数日、声を出していないなんて日々もありました。

 

すると、次第に時間が余っていることが辛くなります。

人によっては精神的な疾患になるケースもあり、収入はあるがバイトを始めるという方もいます。

 

自分の考えに”なぜ”を追求するべき

まずFIREを達成したいと考えるなら、「なぜ達成したいのか」を考えてみましょう。

  • 今の仕事が辛い
  • 趣味の時間を作りたい
  • 家族との時間を作りたい
  • 世界一周したい

など人によって様々な理由があります。

 

そこで、”なぜ”趣味の時間を作りたいのか。

など根本を追求するようにしてみてください。

この考えが自分の将来のなりたい姿に繋がります。

 

答えがFIREではないかもしれない

なぜを追求すると、もしかしたら目の前の仕事が辛いだけかもしれません。

その場合は転職をすることも、選択肢として考えられ、自由な時間が欲しいわけではないのかもしれません。

 

このように、なぜ早期退職をしたいのかを考えていくと答えは複数あることに気付くはずです。

 

FIREを目指す前にライフプランを考えよう

FIRE,目的

 

ライフプランは将来の自分の未来年表です。

何年ごろに結婚して、何年ごろには退職して、、など自分の理想とする人生のプランを考えましょう。

 

FIREはあくまで生き方の1つです。

決して誰しもの人生の理想というわけではありません。

 

自分の人生でやりたいこと(目的)がなく、早期に退職をすると時間だけが余ってしまいます。

 

まずは、休日に時間を作り、エクセルや紙などを使ってやりたいことを書き出し、未来年表を作ってみましょう。

 

FIREをしてもお金の悩みは消えない

FIREは経済的自立であり、不労所得が生活費を賄っている状況です。

一見、お金の悩みはなくなるように感じますが、不労所得も数十年安定して入ってくるとは限りません。

 

高配当株であれば、株価の変動、業績の悪化で無配当になるリスクもあります。

不動産であれば、空室リスクがあります。

 

そのため、常にリスクがあることを理解しつつ、FIREになってからもリスク回避をする考え、対策は重要です。

 

セミリタイアという考え方もある

FIREになるには、明確な目的や資産が必要です。

そこでFIREではなくサイドFIRE(セミリタイア)という考え方もあります。

 

これは一部は不労所得、一部を労働収入で賄う方法です。

例えば、生活費が20万円だとしたら、

  • 10万円:株の配当など
  • 10万円:バイトなどの収入

 

このようにすることで、必要な資産額は減少し、バイトは続けているため人との関わりも無くなりません。

 

筆者はFIREした後にセミリタイアへ変更した

FIRE,目的

 

筆者の場合は、仮想通貨でFIREを達成しました。

方法については下記で詳しく解説しています。

筆者が仮想通貨を利用してFIREした方法とは?流れや注意点も解説

 

しかし、10ヶ月〜1年程度経過した頃には、人との関わりが薄くなったことが辛くて時間を弄ぶようになりました。

そして人との会話を求めて、フリーランスでマーケティング支援をやってみようと思ったのです。

 

また社会的には、会社員でいることが信用力が高いのは変わりません。

社会貢献性の意志が強い方は、時間を余すのは辛く感じるかもしれません。

 

このようなFIREのデメリットも理解しておきましょう。

 

まとめ:FIREをする目的を考えてから判断しよう

今回は筆者の経験談をもとに、漠然とFIREしたいと考えてると幸せになれない可能性があることについて触れていきました。

もしかしたら、人生の選択によっては後戻りできない可能性もあります。

 

今の仕事が辛いという理由だけであれば、今一度ライフプランを考えてみましょう。

 

また、考えた結果FIREやサイドFIREを目指すという方は下記を参考にしてみてください。

FIRE(早期リタイア)の最短は投資だけではダメ!実体験を徹底解説
FIRE(早期リタイア)を目指したいという方もいるかと思います。しかし、早期リタイアをするためには「投資」だけではかなりの時間が必要です。この記事では、最速で早期リタイアをするための方法と数字的根拠を元にFPが徹底解説します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
FP ライフ
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊blog

コメント