FIREへの近道は仮想通貨?その理由とリスクについて解説

FIRE,仮想通貨ライフ
この記事は約8分で読めます。
記事一覧

昨今よく聞くようになった「FIRE」とは、Financial Independence, Retire Earlyの頭文字のことであり、お金の自由を得て会社をリタイアするこです。

 

将来は好きなことをしながら生活したいし、定年退職まで働くのは辛いな〜。

 

この記事では、

  • FIRE(早期リタイア)を早くしたい方
  • リスクを高めても良い方
  • FPの筆者が実践していることを知りたい方

このような方に向けて、FIREをリスクを高めて早期に達成する筆者が実践している方法を解説します!

 

FIRE(早期リタイア)するためには不労所得を得ること

まずFIREを目指すには不労所得を得ることが必要です。

不労所得>生活費

 

この構図になった時に、いざ会社員として労働収入がなくなっても資産が減らずに生活することが可能です。

 

そして不労所得には一般的に何があるのでしょうか。

  • 株式の配当
  • 仮想通貨を貸し出す
  • 不動産の家賃収入

 

また上記以外にも「準不労所得」として、

  • YouTube
  • 音声メディア
  • ブログ
  • コンテンツ販売

などがあります。

 

これらに関しては、完全な不労所得ではなく、動画の制作やブログの制作など作る作業があります。

作った後にユーザーが動画を視聴したり、ブログを読んでアドセンス広告を貼ったりすることで収入に繋がります。

 

しかし、これらに関しては、集客するまでには毎日更新したりと労働的な側面があるからこそ「準不労所得」と位置付けています。

 

準不労所得に関しては更新が止まった時点で徐々に閲覧回数などが減少してしまい、収入が減少してしまいます。

 

だからこそこの記事では、完全な不労所得を作ることを目的としています。

 

FIRE(早期リタイア)するために必要な資産額を理解しよう

ではFIREをするために必要な資産額を理解し、その資産額を作ることを目標としましょう。

 

そのためにはまず、毎月の生活費を知ることから始まります。

仮に毎月の生活費が20万円だとすると年間で240万円の生活費がかかります。

 

そのため、年間で240万円の不労所得を得ることでFIREを達成することが可能です。

 

そして年間240万円の不労所得得るために、仮に高配当株で手取り4%の配当金を得るとします。

この場合、240万円 ÷ 4% =6000万円

 

6000万円の資産を作ることでFIREを達成することができます。

 

不労所得の王道は株式配当

先ほど、不労所得の方法では、

  • 株式の配当
  • 仮想通貨を貸し出す
  • 不動産の家賃収入

を上げました。

 

これらの中で株式の配当金が一番不労所得として適しています。

なぜならこの3つの中でリスクが一番少なく、株式市場がなくなることは現実的に考えにくいからです。

 

仮想通貨に関しては、2021年現在大盛り上がりであり、まだまだ市場拡大をしていく可能性は非常に高いです。

 

しかし、不労所得として得るためには仮想通貨を貸し出すことが必要です。

この仮想通貨を貸し出すことは、筆者も実際に行っていますが、リスクを考慮して国内取引所で行う場合、3%の利息です。

 

ここから税金を差し引くと2%台の利息であり、株式配当よりも少ないのです。

そしてコインチェックでは最大5%の利息ですが、人気であることから現状順番や空き枠待ちです。

 

不動産投資はおすすめしない

もう1つ不動産投資の家賃収入がありますが、リスクヘッジとして保有すること自体は良いのですが不労所得としてはあまりおすすめできません。

 

なぜなら「空室リスク」があるからです。

筆者も不動産を保有していますが、実際に半年ほど入居者が決まらずに家賃が入ってこないこともあります。

 

その間にも不動産ローンがあればローンの返済、管理費や固定資産税は必ず発生します。

 

不動産投資をする場合は、空室になっても耐えられる他の収入があるなど、リスクを理解して対応できる方がやるべきです。

 

仮想通貨を利用してFIREを目指そう

FIRE,仮想通貨

 

ではFIREを早期に達成したい方は「仮想通貨」を活用しましょう。

 

先ほど不労所得としては仮想通貨よりも株式が良いとお伝えしましたが、早期に資産形成をするためなら「仮想通貨」はアリです。

 

その理由は仮想通貨業界の将来性であり、注目度だけでなく社会に必要とされる技術が詰まっているからです。

 

実際に筆者が仮想通貨を利用してFIREした方法、手順を下記の、

筆者が仮想通貨を利用してFIREした方法とは?流れや注意点も解説

で詳しく解説しています。

 

例えばですが、2021年3月時点では「NFT市場」が注目を浴びています。

 

NFTとは「Non-Fungible-Token」の頭文字をとっていますが、「代替不可能な仮想通貨」という意味です。

 

つまり、1つ1つの仮想通貨が専用の仮想通貨として作ることができて、この仮想通貨を世の中のモノやサービス、ゲーム内などのアイテムなどあらゆるものと連携することが可能です。

 

例えば実例として、

  • とあるゲームのキャラクターやアイテムとNFTを紐付けて実際に売買する
  • メディアの有料会員権とNFTを連携させて、残りの会員日数を売買する
  • ナイキのシューズとNFTを連携させて唯一無二のシューズを売買する

 

などが実際に行われています。

 

またNFTの仕組みにはブロックチェーンという技術が詰まっているため、売買したら所有権も誰かわかるようになっています。

NFTについての詳細はこちらで詳しく解説しています。

 

では実際にNFTを活用した仮想通貨(エンジンコインを例に)の値動きを確認してみましょう。

 

NFTを活用しているエンジンコインの価格推移とは

では実際にNFTを活用したエンジンコインという仮想通貨の価格の値動きをチェックしてみましょう。

 

エンジンコイン,価格

引用元:Coin Market Cap

 

上記の通り、約3ヶ月半で約20.8倍になっています。

 

国内の仮想通貨取引所で初めて上場したのが、1月26日にコインチェックで購入できるようになりました。

1月26日時点でのレートは約41.5円であるため、国内ですぐに購入していた場合でも「6.9倍」になっています。

 

このように将来性のある仮想通貨は他の投資ではあり得ない成長力を持っています。

 

仮想通貨で利益を得たら高配当株を購入する

上記のように仮想通貨は将来性があるからこそ、大きな利益を狙うことができます。

そして得た利益を徐々に高配当株にシフトしていきましょう。

 

仮想通貨を保有するだけでは配当金などは発生せず、仮想通貨を貸し出すことで得られる利息も配当金よりも少ないです。

 

だからこそ得た利益を利用して高配当株に回していくことで目標となる資産額を通常よりも早期に作り出すことが狙えます。

 

ただし、利益が出たら「雑所得の総合課税」となるため、税率は人によって異なります。

 

また、ここまで急騰している相場だとどこまで上昇するかは誰にもわかりません。

 

だからこそ欲を出しすぎずに、例えば50%上昇したら利確するなどの自分ルールを設けましょう。

 

そして価格が減少してしばらく放置することになることも必ず頭にいれておきましょう。

 

仮想通貨のリスクをしっかり理解しておく

ここまでで仮想通貨を活用することで資産を爆速で作り上げることが可能だとは解説しました。

 

しかし、ここまで大幅に上昇するということは、相応にリスクも存在します。

上昇するということは、社会的に必要とされなければ売られて急落します。

 

もちろん需要のない仮想通貨は今後もレートが戻ることはありません。

 

そのため仮想通貨のリスクに備えるためにも、

  1. 国内取引所で購入できる通貨を選ぶ
    (金融庁の承認を得ているため)
  2. 複数の仮想通貨を購入する
  3. 一度にまとめて買うよりも、複数回に分けて購入する
  4. 事前に通貨の目的や将来性を理解する
  5. 損をすることも念頭に投資信託など他とも併用する

 

これらを守ってなるべくリスク分散を図るようにしましょう。

 

まとめ:仮想通貨は将来性があるからこそ、最速で資産を作れる可能性もあるがリスクも考慮すべき

今回はFIREをするために「仮想通貨を活用することで早期実現を狙う」ことについて解説しました。

 

FIREになるための王道は、

  1. 支出を減らす
  2. 収入を増やす
  3. 積立投資で複利運用をする

ことです。

 

今回はあくまでもリスクをさらに高めてFIREへ早期に近づきたい方に向けて解説しました。

だからこそ「リスク」についてもしっかりと理解しておきましょう。

 

なお、仮想通貨を始めるにあたってはセキュリティも重要であり、総合的におすすめベスト3をこちらで解説しています。

無料で10分程度で手続きできるため、参考にしてみてください。

国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!【この3社でOK】
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント