テゾス(Tezos/XTZ)の今後とは?将来の見通しや価格予想とは

テゾス,今後仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

仮想通貨のテゾスとは国内の取引所で購入できるため、名前は知っているという方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ビットコインなどと比べるとマイナーな仮想通貨なため、今後の見通しなどがわからないから購入すべきかわからないという方もいるかと思います。

 

この記事では、

  • テゾスの将来性とは
  • テゾスの今後はどうなるの?
  • テゾスの価格予想は?
  • 購入(投資)する価値はある?

など、テゾス(XTZ)に関する将来性に関してトレーダーである筆者が徹底解説します!

 

テゾス (Tezos/XTZ) とは、特徴をチェック

テゾスとは、スマートコントラクトやDapps(分散型アプリケーション)の開発に合わせたブロックチェーンプラットフォームであり、そこで使われる仮想通貨のこと。

 

そしてテゾスはハードフォークができない仕様により、信頼性を保ちながらテゾスのプラットフォーム上で開発をすることを目指しています。

 

では、テゾスの特徴には何があるでしょうか。

主に3つのポイントを取り上げます。

  1. 独自のスマートコントラクトを使用している
  2. アルゴリズムにLPoSを採用している
  3. ハードフォークが必要ない

 

特徴①:独自のスマートコントラクトを使用している

スマートコントラクトはイーサリアムが開発した「自動的に契約などを行い、ブロックチェーンに記録、保存すること」です。

 

そこでテゾスはOcaml(オーキャメル)というプログラミング言語を採用しています。

これは、数式で計算を行うことでスマートコントラクトのエラーやバグなどをすぐに判明したり、防ぐ仕組みを持っています。

 

特徴②:アルゴリズムにLPoSを採用している

LPoSとは、リキッド・プルーフ・オブ・ステークのことであり、PoSの一種です。

 

PoSに関する詳細は下記の、

【仮想通貨】PoWとPoSの違いとは?メリットやデメリットについて徹底解説

で解説しています。

 

PoSは基本的に、「トークン(仮想通貨)保有者が自分で保有しているトークンに対して、報酬が得られるのにわざわざ不正はしないだろう」という考えがあります。

 

しかし、たくさん保有している人に報酬が偏ってしまいます。

そこでテゾスが採用しているLPoSは、あまりテゾスを保有していないユーザーはブロック生成者に自分が持っているテゾスを委任することが可能にしています。

 

その結果、より多くのユーザーがブロック生成(報酬を得ること)に関与できる、つまりなるべく”平等”な仕組みになっています。

 

特徴③:ハードフォークが必要ない

ハードフォークとは、仮想通貨を分裂することです。

例えば、ビットコインからビットコインキャッシュが生まれたり、イーサリアムからイーサリアムクラシックが誕生したりです。

 

取引遅延を免れたりというメリットもありますが、保有者の分散などで価格が下落したり、安定しなくなるデメリットもあるのです。

 

その一方でテゾスは、このハードフォークを必要としない仕組みになっています。

その結果、安定した開発作業を可能とします。

 

なお、テゾス(XTZ)の特徴など基本的なことは下記の、

【仮想通貨】テゾス(XTZ)とは?特徴や将来性、投資価値を徹底解説

で解説しています。

 

テゾス (Tezos/XTZ)の価格推移とは

下記が2021年4月23日時点での価格ですが、1XTZ=約535円で推移しています。

 

テゾス,価格

引用元:CoinMarketCap

 

過去最高値では、1XTZ=約800円近くまで上昇しましたが、直近では下落している傾向です。

しかし、直近1年間のチャートを見るとまだ上昇トレンドにある状況です。

 

テゾス,価格

 

テゾス (Tezos/XTZ)の将来性とは

テゾス,将来性

 

テゾスの将来性のポイントは3つあります。

  1. NFT市場の参入
  2. ステーキング保有者の長期保有
  3. フランスの中央銀行での実証実験

 

①:NFT市場の参入

NFT市場は盛り上がっている市場であり、将来性のある市場ですがテゾスも参入しようとしています。

 

テゾスは「tzcolor」という、色をNFT化して流通させる試みを進めています。

 

もともとテゾスはイーサリアムの問題点を解消するためのプラットフォームであり、NFTとは相性が良いため、今後の将来性には期待ができるプロジェクトです。

 

②:ステーキング保有者の長期保有

ステーキングとは、仮想通貨を保有していると、報酬が受け取れる仕組みです。

大雑把に解説すると、銀行預金の利子に近いです。

 

これを実現しているのが、上述した「LPoS」の仕組みであり、”平等性”から誕生している仕組みです。

 

③:フランスの中央銀行での実証実験

2020年9月からテゾスのブロックチェーン技術はフランスの中央銀行で実証実験が行われています。

実験内容は「CBCD」であり、これは政府が発行する仮想通貨の法定通貨バージョンです。

 

まだ実証実験段階ですが、実際にフランスの通貨として採用することとなれば、テゾスのブロックチェーン技術は大幅に需要が見込まれます。

 

テゾス (Tezos/XTZ)の将来の価格予想とは

まず、「previsionibitcoin」という仮想通貨専門のサイトで、様々な観点から通貨の将来予測をしているサイトです。

 

こちらによると、2023年には1XTZ=12ドルに上昇すると予想しています。

テゾス,将来価格

 

また、こちらのTradingViewによると、テクニカル分析では「買い」の指標です。

テゾス,将来価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このため、将来的には1XTZ=12ドル(2021年4月の為替レートの場合、約1295円程度)まで上昇する余地はあります。

 

また、上記の3つのポイントが今後もプロジェクトとして開発が進めば、今から約3倍の価格上昇は十分可能性あるのではないでしょうか。

 

まとめ:テゾスはプロジェクトの進行次第で将来性アリ。ただし、長期投資で考えよう

今回は仮想通貨テゾスの将来性や価格予想について解説しました。

 

テゾスはフランス政府も関わっているからこそ、将来が楽しみな仮想通貨の1つです。

しかし、ベースは”プラットフォーム”の提供であるからこそ、真に社会的に必要とされるのはまだ先です。

 

そのため、テゾスに投資をする場合、今から購入して長期スパン(数年程度)を保有し続けることがおすすめです。

 

なお、長期で保有する場合は、セキュリティレベルが非常に高い「ビットフライヤー」がおすすめです。

ビットフライヤー公式サイトはこちら

こちらではビットフライヤーについての詳細も解説しているため、参考にしてみてください。

ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット、デメリットは?利用する5つの理由とは
仮想通貨を始めるにあたりビットフライヤー(bitFlyer)のメリットやデメリットはどうなんだろうと気になる方もいますよね。 ビットフライヤーを実際に利用している筆者が、利用している5つの理由と、メリット、デメリットを解説します!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント