仮想通貨の使い方って何があるの?投資以外に今後活躍する時とは?

仮想通貨,使い方仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

仮想通貨は2021年時点では、投資目的として購入されるケースが大半であり、仮想通貨の使い方は今後何があるのか知りたいという方もいるのではないでしょうか。

 

仮想通貨の使い道を知ることで将来を見据えてどの仮想通貨を購入しようかの判断材料にもなります。

この記事では、

  • 仮想通貨の使い方は何があるの?
  • 投資以外に今後活躍できるシーンを知りたい
  • 仮想通貨ごとにどのような活躍見込みがあるの?

など、仮想通貨の使い方、用途についてなるべく初心者に向けて解説し、購入する仮想通貨の判断材料にしてください。

 

仮想通貨の使い方とは何がある?

仮想通貨の使い方には何があるのか、理解を深めるために知っておきましょう。

  • 投資手段
  • 送金手段
  • 決済手段
  • 日常の公共料金などへの支払い手段
  • 資金調達手段
  • 現金化
  • プラットフォーム手段
  • その他の目的手段も

それぞれ解説していきます。

 

その①:投資手段

2021年現在、この「投資」としての認識が一番強いかと思います。

毎日大きく価格変動が起きるからこそ、リスクが高い投資としての認識は多いかと思います。

 

また、仮想通貨は数倍〜数十倍、数百倍もあったりと利益を狙うのに非常に魅力的な投資でもあります。

ただしリスクが高いということは、大きく元本が割れてしまう可能性があるため、リスクをきちんと理解してから購入しましょう。

 

仮想通貨を投資対象としての情報は当ブログで全て発信しています。

 

その②:送金手段

仮想通貨は送金することも可能であり、国境関係なくすぐに送金することが可能です。

国境が関係ないのは、仮想通貨は国が管理しているわけではない(非中央集権)ため、送金先のアドレスが分かればすぐに手続き可能です。

 

送金して相手に届くまでの時間や手数料は仮想通貨によって異なりますが、リップル(XRP)などは数秒で送金可能です。

また、仮想通貨によっては1円未満で送金することが可能です。

 

その③:決済手段

仮想通貨は「資金決済法」という法律のもとにおいて、決済手段として利用することを認められています。

 

例えば、ビックカメラなど一部の企業で、商品購入時にビットコイン決済で支払いをすることが可能です。

決済手数料自体は1%程度であり、クレカの決済手数料が概ね3%程度かかることからメリットがあります。

 

また店舗側としてはクレカで決済して入金されるのが翌月などタイムラグがあるのに対して、ビットコインは即日入金されるメリットがあります。

 

ただし、2021年時点では取引量が増加して手数料が高騰したりと決済手段としてまだ課題や普及に問題があります。

 

その④:日常の公共料金などへの支払い手段

例えば、コインチェックが行っている「Coincheckでんき」というサービスを利用することで、ビットコインで公共料金の支払いをすることができます。

なお、Coincheckガスもあります。

 

Coincheckでんき

 

こちらは利用して支払っている電気会社をコインチェックに切り替えることでビットコインで支払うことが可能です。

もちろん電気の供給先は管轄の電力会社からであり、品質に影響があるわけではありません。

 

その⑤:資金調達手段

仮想通貨には「ICO」という資金調達方法があります。

これは株式の「IPO」と非常に似ていますが、仮想通貨を新しく作り仮想通貨で資金調達を行います。

仮想通貨を作ること自体はプログラミングができるエンジニアであれば難しいことではありません。

 

【資金調達側】

資金調達側は株式と違い、厳しい審査が必要なく簡単な一方で、自社でマーケティングを行い周知することが必要です。

 

【出資側】

また、出資者側は、出資をした後に事業が軌道に乗ったらその仮想通貨価格が大幅に上がる可能性がある一方で、事業がうまくいかない場合は出資したお金が損をする可能性があります。

 

その⑥:現金化

仮想通貨にはATMがあります。

こちらのコインATMレーダーによると、2021年5月17日時点で、

日本でのATM普及はまだ少ないですが、世界で1万9876台あります。

 

仮想通貨,ATM

仮想通貨,ATM

 

今後さらに普及することで、海外先で現地のお金を両替せずに、ATMで通常に出金できる時代が来るかもしれません。

 

その⑦:プラットフォーム手段

プラットフォームとは、サービスやシステムの基盤となる意味ですが、現在様々なプラットフォームが存在しています。

例えば、

  • DeFi(分散型金融):中間に銀行がいなくても金融機能を果たす
  • NFT(唯一無二のトークン):様々な”モノ””サービス”に価値を付与する
  • その他、ブロックチェーンを日常に利用できるための基盤作り

など様々なサービスの基盤のために存在しています。

 

代表的な仮想通貨として、

  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • トロン(TRX)
  • アイオーエスティー(IOST)

などがあります。

 

今後これらの仮想通貨が社会実装されて、当たり前の世の中になったら社会は変革する可能性があります。

 

その⑧:その他の目的手段も

その他にも手段がある仮想通貨も存在しています。

例えば「ファクトム(FCT)」は仮想通貨のベースであるブロックチェーン技術を活用して、「ペーパーレス化」を促進する目的を持った仮想通貨もあります。

 

データなどをブロックチェーンに記録、保存することでペーパー上で管理することをなくすことができます。

紙媒体がなくなることで、作業負担や管理コストを減らすメリットもあります。

 

このように、様々な目的、手段を持った仮想通貨が多数存在しています。

 

既に送金手段としては利用できる

仮想通貨,送金

 

送金手段としては、既に問題なく活用できます。

送金速度も数秒から数分あれば可能であり、手数料も通貨によっては1円未満で送金することが可能です。

 

もはや、銀行で数千円の手数料がかかって、数日待たなくてはならない日々はなくなってきました。

 

もしも海外送金をする際などは下記の、

仮想通貨で送金する方法、手数料の安い取引所や仮想通貨、注意点とは

で手数料や注意点などを解説しています。

 

決済手段としてはPayPalが2021年に可能かもしれない

仮想通貨が気軽に決済として利用できる時代は2021年中には来るかもしれません。

 

それは、世界的決済企業の、「PayPal」が仮想通貨にも対応することを表明しており、

既に傘下の個人間送金サービス「ベンモ」というアプリの一部ユーザーに4月20日から仮想通貨の売買や保有を可能にしました。

 

対応仮想通貨は、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

の4種類です。

 

PayPalを通じて、気軽に個人間でも店舗間でも送金や決済ができる時代が来るかもしれません。

 

他の手段、使い方は2025年〜3030年などまだ先になる可能性も

プラットフォームなどに関しては、開発の進行予定が2025年などまだ完成予定が先の仮想通貨もあります。

そのため、他の使い方によってはまだ先の話になるかもしれません。

 

しかし「投資対象」として判断するならば、今のうちに保有して実際に社会実装されて需要が増加するのを待つという選択もあります。

 

もしも長期投資が可能なら、下記で筆者が将来性を感じて長期でガチホしている仮想通貨を紹介しています。

2021年おすすめの仮想通貨とは?その理由と購入できる取引所

 

まとめ:仮想通貨には様々な使い方が存在する。通貨によって目的を知っておこう

今回は仮想通貨の使い方8種類について解説しました。

それぞれ目的が全く異なるからこそ、それぞれの通貨の魅力があります。

 

もしも「投資対象」として判断するなら、「仮想通貨の目的を知り、将来需要が生まれるか」を大切にしましょう。

また、迷ったら上記でも説明したこちらの筆者がガチホしている通貨を参考にしてみてください。

 

なお筆者が分散して利用している取引所も下記で紹介、解説しています。

【この3社でOK】国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の始め方 仮想通貨の情報
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金融相談アカデミー

コメント