仮想通貨トロン(TRX)の今後とは?価格予想や将来性、最新情報を解説

仮想通貨,トロン,今後仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

仮想通貨トロンは2021年に国内のビットポイント(BITPOINT)に上場して、興味を持った、知った方も多いのではないでしょうか。

 

仮想通貨トロンは将来性あるのだろうか。

投資する価値あるかな〜。

 

この記事では、

  • 仮想通貨トロンの将来性は?
  • トロンの将来価格の見通しは?
  • どのように開発が進んでいるのか最新情報を知りたい

このように、仮想通貨トロン(TRX)を投資するか悩んでいる方に向けてトレーダーの筆者が解説します。

 

仮想通貨トロン(TRX)の特徴とは

仮想通貨のトロン(TRON)は、デジタルコンテンツを配信・保存・所有するための、ブロックチェーンプラットフォームとして開発が進められています。

 

主な特徴として、

  • イーサリアムベースでスマートコントラクトを実装
  • 個人でトロンのプラットフォーム上でICOが可能
  • 処理速度が高く”投げ銭”としても利用可能

 

特徴①:イーサリアムベースでスマートコントラクトを実装

トロンのプラットフォームはスマートコントラクトを実装しています。

そのため、このプラットフォーム上にアップしているコンテンツ(動画など)はブロックチェーンで守られています。

 

例えば、YouTubeなどの動画は著作権などの問題があるとせっかく作成しても、YouTubeの判断で削除されます。

 

しかし、スマートコントラクトを実装しているため、所有者が記録されています。

他にも容量制限がない、YouTubeに注意を払うなども必要がなくなります。

 

特徴②:個人でトロンのプラットフォーム上でICOが可能

トロンのプラットフォーム上で個人がICOをすることができます。

ICOとは簡単に解説すると、仮想通貨を利用した資金調達です。

 

つまり、クリエイターが”こういう作品を作りたい”という意向に賛同した人が出資し、その対価として専用のトークン(仮想通貨)を受け取ります。

 

このクリエイターの作品が有名になった場合は、専用のトークンの価値が上がるため出資者は利益を狙うことも可能です。

 

特徴③:処理速度が高く”投げ銭”としても利用可能

トロンは元々「決済手段」のための仮想通貨ではありません。

 

しかし、トロンの処理速度は「1秒で送受信を約2000件処理が可能」です。

イーサリアムだと「1秒で送受信25件程度」であることを考えると処理速度が速いことが分かります。

 

そして、この処理速度を活かして、クリエイターに対して「投げ銭」を利用することが可能です。

動画コンテンツ中にトロンをクリエイターに渡すことも可能です。

 

そしてトロンではDApps(分散型アプリ)を開発することも可能です。

 

DAppsとは、ブロックチェーン上でアプリなどを開発する機能であり、このアプリなどのゲーム上でもアイテムの売買などが可能になります。

 

なおトロン(TRX)の基本的な情報は下記の、

仮想通貨トロン(TRX)とは?将来性やメリット、デメリットを解説

で解説しているため、トロンの基本を知りたい方は参考にしてみてください。

 

仮想通貨トロン(TRX)の現在の価格推移とは

トロンの価格推移は下記のように変動しています。

トロン,価格

引用元:CoinMarketCap

 

2021年4月30日現在、1TRX=約13.1円です。

過去最高値は約31.1円であり、現在は最高値から約42%程度の水準です。

 

2番目の高値である、2018年5月の時の1TRX=約9.5円を超えていることから、テクニカル分析的にはここを基準に上昇傾向には入っています。

 

仮想通貨トロン(TRX)の最新情報とは

仮想通貨,トロン,情報

 

トロンの進捗を知っておくことで将来性の判断材料になります。

  • NFTアートのファンドを設立
  • 日本でトロンが上場した
  • トロン(TRX)をバーン(焼却)した
  • DeFiインキュベーターのDuckDAOとの提携が発表
  • トロンの開発グループはマーケティングに活発

 

①:NFTアートのファンドを設立

トロンの創設者である「Justin Sun氏」は、2021年3月29日に、NFTアートに特化した「JUST NFTファンド」の設立を発表した。

 

NFTとは、代替不可能なトークンという意味であり、唯一無二のトークン(仮想通貨)を発行することが可能です。

 

そのため、話題性のある”NFT”と、トロンの目的である「クリエイターのため」や「処理速度が高い」ことを非常に相性が良いです。

 

②:日本でトロンが上場した

これがきっかけでトロンを知った方も多いかもしれませんが、2021年3月17日にビットポイント(BITPOINT)で初めて上場しました。

 

これをきっかけに価格が上昇しています。

トロン,価格

 

③:トロン(TRX)をバーン(焼却)した

トロンは2021年3月30日に約850万TRX(当時で約1億円相当)を焼却(バーン)しました。

 

つまり、供給量を調整することで価格の調整を行っています。

 

④:DeFiインキュベーターのDuckDAOとの提携が発表

トロンのブロックチェーンを利用するプロジェクトは「DuckDAO」上で、トークンのセールを行うことができるようになります。

 

これにより、トークンセールに参加条件に、TRXが用いられるケースも想定されており、需要が増加する見込みです。

 

⑤:トロンの開発グループはマーケティングに活発

トロンの開発組はTwitterでも進捗を定期的に発信しており、マーケティング活動が活発であること、そして開発の進捗が分かりやすいです。

 

https://twitter.com/Tronfoundation/status/1387694548730617856

 

このように進捗などを定期的に発信しています。

 

仮想通貨トロン(TRX)の今後の価格予想とは

トロンはこれまでの解説の通り、NFT市場にも参入など将来性を感じることが可能です。

 

そして、仮想通貨の価格予想をする「PrevisioniBitcoin.it」では、2023年には、1TRX=0.3ドルを超えると予想しています。

 

トロン,今後

 

また、テクニカル分析を行う「TradingView」では、月単位で「買い」を示唆しています。

 

トロン,今後

 

もちろん将来この通りになるとは限りませんが、2023年頃に今の価格から2倍〜3倍の可能性は秘めているのではないでしょうか。

 

ビットポイント公式サイトはこちら

 

仮想通貨トロン(TRX)は買うべき?

現状の判断では、価格予想やテクニカル上、「買い」が優勢な印象です。

 

ただし重要なことが、現状のプロジェクト開発が進むことが大前提です。

もしも途中で開発がストップしたりすると、需要の増加は見込めません。

 

ポイントとして、

  • トロンの目的であるクリエイターのためのプラットフォーム
  • NFT市場の今後
  • 実際にトロンが活用されるのか

などを考えて投資をすることが大切です。

 

そのため、トロンに将来性を感じた場合は、長期投資として数年単位で保有するようにしましょう。

 

仮想通貨トロン(TRX)で購入できる取引所とは

2021年4月時点では、国内取引所ではビットポイントでしか購入できません。

しかし、ビットポイントは、

  • 日本円の入出金手数料が無料
  • トロンは”販売所”だけでなく”取引所”の取扱もあり
  • 購入時手数料が無料

であることからビットポイントで購入することが望ましいです。

 

まとめ:トロンの今後の価格は長期的に2倍、3倍の可能性はあるが、プロジェクトの進捗次第

今回は仮想通貨トロン(TRX)に関して、投資するか悩んでいる方に向けて、解説しました。

 

ポジティブ材料が揃っている一方で、長期的なプロジェクトであることから「長期投資」の考えが必要です。

筆者は最低でも3年程度は保有するつもりで「ビットポイント」に預けています。

 

トロンに可能性を感じた方は、価格が上昇して機会損失を感じる前に少額でも保有してみたらいかがでしょうか。

ビットポイント公式サイトはこちら

 

なお下記では取引所のビットポイントについて解説しています。

ビットポイント(BITPOINT)の手数料やメリット、デメリットを徹底解説
仮想通貨交換所であるビットポイントの手数料やメリット、デメリットは気になりますよね。 この記事ではビットポイントを実際に利用している筆者が、手数料やメリット、デメリットなどを踏まえて、ビットポイントの正しい活用方法を解説していきます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント