仮想通貨の短期投資で必ず注意するべき7つのこと。最短資産形成へ!

仮想通貨,短期投資仮想通貨
この記事は約9分で読めます。
記事一覧

仮想通貨への投資は価格変動が大きいからこそ大きく利益をあげることが可能です。

特に短期投資をすることでリスクが大きくなる分、最短で資産を増やすことができます。

 

リスクの高い仮想通貨投資で短期投資は危険ではないか?

正しい短期投資を知りたい。

この記事では、

  • 仮想通貨投資が初心者だけど、短期投資をしたい
  • 堅実な仮想通貨の短期投資を知りたい
  • 短期投資をする上で注意することを知りたい
  • 仮想通貨で資産を数十倍にした方法を知りたい

このような方に向けて、堅実な仮想通貨の短期投資について、仮想通貨歴5年以上の筆者が解説します!

 

仮想通貨の短期投資とは

短期投資とは、一般的に数日〜1ヶ月以内には決済する投資方法です。

そのため、早ければ購入した当日や数日後にはすぐに売却することもあります。

 

数分後などに売買を繰り返す投資方法は、「スキャルピング」と呼び、短期投資よりもさらに短いスパンです。

しかし、スキャルピングをするにはテクニカル分析がメインであり、上級者の投資方法だと考えましょう。

 

この記事では、短期投資を始めたいと考えている方で、特に投資歴の浅い、もしくは初心者に向けて解説していきます。

 

仮想通貨の短期投資で儲ける方法とは

仮想通貨の短期投資で利益を得る方法は基本的に「キャピタルゲイン」(売買利益)を狙います。

そのため、購入して、値段が上昇したら売却する手法です。

 

その他にも、貸し仮想通貨や積立投資、DeFiで世の中に仮想通貨を貸すなどの利益を得る方法もありますが、仮想通貨で早期に資産を増やすなら「短期投資」が適切です。

 

ただし、大前提に短期投資をするということは、リスクの高い仮想通貨投資+リスクの高い投資方法の”短期投資”であり、非常にリスクが高いことを認識しましょう。

 

仮想通貨の短期投資で注意するべき7つのこととは

仮想通貨,短期投資

 

短期投資をする上で必ず注意するべき7つのことがあります。

これらは短期投資をする上で必ず守るようにしましょう。

 

  1. レバレッジ取引はしない
  2. 投資資産の1割〜2割程度まで
  3. ”販売所”ではなく”取引所”で購入する
  4. 自分ルールを作り、必ず守る
  5. 1日1回は相場をチェックする
  6. 複数の取引所の口座は開設しておく
  7. 税金分を想定して現金を除いておく

 

注意点その①:レバレッジ取引はしない

レバレッジ取引とは信用取引のことで、取引所によっては預けている資産の2倍〜4倍の資産量で投資をすることができる取引方法です。

 

レバレッジ取引をすることは信用取引であり、”売り注文”から取引を始めることが可能ですが、これは上級者の投資方法と考えましょう。

ただでさえリスクが高いのに、取引量を2倍にするだけで、損をする金額も2倍になる可能性があります。

 

そのため、レバレッジ取引は利用しない、もしくは「なくなってもメンタル的に問題ない金額で始める」ようにしましょう。

 

注意点その②:投資資産の1割〜2割程度まで

再三ですが、リスクが非常に高いです。

そのため、短期投資のお金は資産の1〜2割程度にしましょう。

100万円を仮想通貨投資する場合は、20万円までです。

 

残りの80万円は分散して「長期投資」で数年スパンで保有し続けることで、トータル的に勝ちやすくなります。

 

なぜなら仮想通貨市場、ブロックチェーン技術は将来的に必要とされる可能性が高いです。

将来の需要が増加すれば価格は必然的に増加するため、今から長期的に保有することは懸命だと考えています。

 

注意点その③:”販売所”ではなく”取引所”で購入する

仮想通貨を購入するには、

  • 販売所
  • 取引所

の2種類があります。

まず、必ず「取引所」(板取引)で購入しましょう。

 

仮想通貨によっては販売所でしか購入できない仮想通貨もあります。

販売所でしか購入できない仮想通貨は短期投資に向いていません。

 

仮に人気で将来性のあるIOSTで確認してみましょう。

2021年5月2日:10時58分のレートですが、

IOST,購入

 

IOST,売却

 

上記の画像の通り、全く同時刻で購入、売却をしても10万4540円の差額が発生します。

これが販売所で購入する際のスプレッド(間接的な手数料)です。

 

つまり、IOSTで利益を得るには、約10.5%以上の値上がりをして売却をする必要があります。

 

そのため、市場参加者と直接売買する取引所(板取引)で購入するようにしましょう。

 

もしももっと、販売所と取引所の違いを勉強したい方は下記の、

【仮想通貨】取引所と販売所の違いとは?メリット、デメリットを解説

で詳しく解説しています。

 

注意点その④:自分ルールを作り、必ず守る

売却するとき「感情」が邪魔をすることが多いです。

”もう少し上がったら売却しよう”など、、考えているうちに価格は下落します。

 

そのため、自分ルールを作り、このルールになったら問答無用で決済しましょう。

例えば、

  • 評価益が20%になったら
  • 評価益が30%になったら

など、自分ルールは大切です。

 

そして仮想通貨は価格の変動が激しいこと、2021年前半の現在は仮想通貨市場が追い風もあり、評価益20%は決して無理な目標ではありません。

 

なお参考に、筆者は評価益20%になったら即売却をしています。

 

注意点その⑤:1日1回は相場をチェックする

時に1日で10%以上、20%も価格が上昇する日もあります。

しかし、このような上昇をする場合は、すぐに価格が暴落する傾向があります。

 

つまり、チャンスは短いのです。

だからこそ自分ルールを鉄則することで判断の迷いも排除することが可能です。

 

そして、例えばコインチェックでは、指定する仮想通貨が指定するレートになったら通知する機能もあったり、iphoneの方はウィジェットで相場状況もわかるため活用しましょう。

 

仮想通貨,ウィジェット

 

注意点その⑥:複数の取引所の口座は開設しておく

仮想通貨の価格変動は大きいです。

つまり、購入したいタイミングを逃すとすぐに価格は動いてしまいます。

 

そのため、すぐに仮想通貨を購入するためにも口座開設や本人確認は完了させておきましょう。

日本円の入金はどの取引所(交換所)でも即時入金で数分あれば口座へ日本円を移すことは可能です。

 

注意点その⑦:税金分を想定して現金を除いておく

利益確定をしたら、その内の想定する税金分は日本円として取り除いておきましょう。

仮想通貨の税金は「雑所得の総合課税」であり、他の給与所得と合算して税率が決まります。

 

国税庁の所得税の税率によると、

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から
1,949,000円まで
5%0円
1,950,000円 から
3,299,000円まで
10%97,500円
3,300,000円 から
6,949,000円まで
20%427,500円
6,950,000円 から
8,999,000円まで
23%636,000円
9,000,000円 から
17,999,000円まで
33%1,536,000円
18,000,000円 から
39,999,000円まで
40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円

 

仮に給与所得300万円+仮想通貨の雑所得300万円だとすると所得合計は600万円です。

すると、所得税率20%+住民税10%(一律)=30%は税金を翌年に支払います。

 

そのため、仮に利益確定で20万円程度の利益を得たら、30%の6万円は現金として除いて保管や銀行口座に移しておきましょう。

 

仮想通貨の税金に関しては複雑なため、詳細に関しては下記の、

仮想通貨に関する税金と確定申告の方法とは?節税対策も徹底解説

で詳しく解説していますので、税金については必ず理解しておきましょう。

 

複利運用のシミュレーションをしてみよう

では仮に、短期投資の軍資金が100万円、自分ルールとして20%と設定します。

また多少荒い条件ですが、毎月20%確保するのは難しいかつ税金を考慮するため、1/3程度の7%を月利で複利運用すると仮定します。

シミュレーションはこちらのCASIO COMPUTER CO., LTD.を利用しています。

 

仮想通貨,複利運用

 

36ヶ月(3年後)は100万円→1142万円に約11.4倍になる計算です。

これは理想に近い資産の増え方ですが、実際にこのように仮想通貨のポジティブ市場を利用して筆者は資産を増やしていきました。

 

ただし、再三ですが非常にリスクが高いため、今までの注意点を必ず守ることで短期投資の軍資金を0にすることは限りなく低いです。

 

また少し相場が怪しい場合でも、将来性のある仮想通貨で、国内で認可されている仮想通貨であれば長期投資に切り替えることも可能です。

 

仮想通貨の短期投資に向いている取引所とは

仮想通貨の短期投資に向いている取引所(交換所)は、”取引所”(板取引)での取扱いが多い取引所です。

筆者は、

を利用し、おすすめしています。

 

ビットポイント(BITPOINT):7種類

ビットバンク(bitbank):9種類(対ビットコイン含めると17ペア)

 

と非常に多く、利用のしやすさも良くおすすめです。

 

まとめ:仮想通貨の短期投資はリスクを理解した上で行うことで資産を大きく増やせる可能性がある

今回は、なるべく投資経験が浅めの方に向けた短期投資の方法、筆者の方法や注意していることも含めて解説しました。

 

まずは、

  1. レバレッジ取引はしない
  2. 投資資産の1割〜2割程度まで
  3. ”販売所”ではなく”取引所”で購入する
  4. 自分ルールを作り、必ず守る
  5. 1日1回は相場をチェックする
  6. 複数の取引所の口座は開設しておく
  7. 税金分を想定して現金を除いておく

 

この7つは必ず守ってください。

あなたの大切な資産を守る、無くさないための重要なポイントです。

 

不安な方は、軍資金の数%から始めるのも良いです。

 

ビットポイント(BITPOINT)の詳細は下記で解説しています。

ビットポイント(BITPOINT)の手数料やメリット、デメリットを徹底解説
仮想通貨交換所であるビットポイントの手数料やメリット、デメリットは気になりますよね。 この記事ではビットポイントを実際に利用している筆者が、手数料やメリット、デメリットなどを踏まえて、ビットポイントの正しい活用方法を解説していきます!

 

ビットバンク(bitbank)の詳細は下記で解説しています。

ビットバンク(bitbank)の手数料やメリット、デメリットを徹底解説!
ビットバンク(bitbank)は仮想通貨取引所の1つですが、手数料やメリット、デメリットは何があるのか、気になりますよね。 この記事では、ビットバンクの疑問やおすすめする投資スタイルなど正しい投資方法を解説していきます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント