【これから仮想通貨を始める方へ】始めるためのロードマップを徹底解説

仮想通貨,始め方仮想通貨の始め方
記事一覧

仮想通貨を始めようと思ってるけど、

  • 仮想通貨がよくわからない
  • どんなリスクがあるかわからない
  • どこで買えば良いのかわからない
  • 正しい投資方法を知りたい

など、最初はわからないことが多いかと思います。

 

しかし、このサイトを活用して正しい情報を得ることで、自信を持って仮想通貨を購入することができます。

正しい知識を得て、ご自身の性格に合った投資スタイルで仮想通貨を始めていきましょう!

 

なおこの記事は、仮想通貨に関して初心者卒業を目的としているため、内容が多いです。

そのため少しずつ読んだり、必要なヵ所へ目次から飛んでも構いません。

目次

仮想通貨を始めるためのロードマップ

①:仮想通貨について知る

②:リスクを理解する

③:ご自身の性格に合わせて、投資スタイルを考える

④:投資スタイルに合った仮想通貨取引所の口座を開設する(おすすめ取引所も紹介)

⑤:実際に購入する

 

これから仮想通貨を始めようと思っている方はこの流れで知識を入れていきましょう。

特に仮想通貨はリスクが大きい投資対象だからこそ、「リスクを知る」ことは非常に重要です。

 

もしも、仮想通貨における基礎知識はもう大丈夫という方は、③ないしは④までスクロールしても構いません。

 

手順①:仮想通貨について知る

仮想通貨とは

 

ここでは、仮想通貨とは何か、ざっくりでも構いませんので理解しましょう。

 

仮想通貨(暗号通貨)とは

ネットを通じて、不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨や仮想通貨同士と交換できるものです。

 

つまりはデジタル上の貨幣です。

そして、正式名称は「暗号通貨」と呼ばれています。

ここでは、わかりやすく「仮想通貨」と表現しています。

 

2020年12月時点で、仮想通貨の種類は1500種類以上あると言われていますが、主要な通貨はかなり限られています。

 

また、国内で購入できる仮想通貨は全部で18種類のみです。

(うち2種類は取引所独自の通貨であり、実質16種類)

仮想通貨を購入する場合は、仮想通貨交換所で購入する必要があるのですが、交換所は金融庁が監督庁であることから厳選された仮想通貨しか取り扱えないのです。

 

仮想通貨の仕組みとは

ここではメジャーであるビットコインとして説明します。

 

仮想通貨の始まりはビットコインの2009年から運用が始まっています。

仮想通貨を保有しているデータは全てデジタルで管理するため全て暗号化されており、かつ過去全ての取引内容が「ブロックチェーン」という技術で繋がり続けています。

 

このブロックチェーンを知ることが仮想通貨を知ることの始まりです。

詳しくはこちらで解説していますので、チェックしてみてください。

ブロックチェーンとは?今さら聞けない基本的な仕組みを徹底解説
仮想通貨が普及してからブロックチェーンを耳にする機会も増えましたが、仮想通貨投資や今後のデジタル社会のためにも理解しておくことは重要です。 この記事では、ブロックチェーンについて初心者に向けて【基本的なこと】をなるべく噛み砕いて解説します!

 

そして不正取引ができないように、ビットコイン等の仮想通貨を送受信する際には第三者のチェックを要する仕組みとしています。

第三者がこのビットコインの送信は問題ないと認めた取引に関して送信が行われます。

 

ただ、そのチェックをする人もボランティアではないため、チェックをしたお礼にビットコインが貰えます。

これがマイニングと言われて、このマイニングをビジネスとして行なっている企業も存在します。

 

また、ビットコインに関しては発行上限が決まっており、2,100万枚とされています。

そして一定時期が経過すると発行枚数を半減となる仕組みです。

 

理由は、上記のマイニングが行われるため上限と市場に回っているコインの減少を行わないとどんどん通貨が増えてしまいます。

需要が変わらずに供給が増えると、価格は減少してしまうために流通している枚数を強制的に減少して調整をしております。

 

仮想通貨の特徴とは

仮想通貨に関する主要な特徴を抑えておきましょう。

  1. デジタル通貨であり、形としては存在しない
  2. 仮想通貨は貨幣である
  3. 現状は投資対象という認識が強い
  4. 管理している団体等は存在しない(一部を除く)

 

デジタル通貨であり、形としては存在しない

仮想通貨とはデジタル通貨の一種であり、ネット上で売買するものです。

そのため、日本円や米ドルのように目に見える形あるものではありません。

全ての取引データが上述のブロックチェーン上で保管されています。

 

仮想通貨は貨幣である

資金決済法という法律でビットコインをはじめとする仮想通貨は「貨幣」として認められています。

 

そのためもしも仮想通貨を購入し、価格が上がって売却した時に発生する利益は差益として確定申告をしなければなりません。

これはFXと全く同じ考えであり、違う貨幣を交換した際の差額分は所得して判断されます。

なお、FXは分離課税、仮想通貨は総合課税と税金の種類は違います。

元々は国境関係なく自由に資金の決済をすることも目的として最初はビットコインが誕生しております。

 

現状は投資対象という認識が強い

現状では仮想通貨の値動きが激しいことから決済手段ではなく投資対象として売買されているケースが多いです。

ビットコインは新しいゴールドとしての捉え方が強く、保有資産のリスクヘッジのため、インフレ対策のためにビットコインを購入するケースが目立ちます。

 

また、決済手段のための仮想通貨はリップルやライトコインと言われる仮想通貨が目指しており、仮想通貨によって目的が異なります。

 

管理している団体等は存在しない(一部を除く)

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は非中央政権といわれる、管理する人や機関が存在しないことが法定通貨である日本円や米ドルとかと違う点です。

なお、リップルなど一部の仮想通貨は企業が開発して発行している仮想通貨も存在します。

 

管理者がいないからこそ、発行者の意向で価格の変動が起きるリスクがなく、国などでも介入できないからこそのメリットがあります。

 

 

また、仮想通貨に関するメリットとデメリットについては、上述した特徴を踏まえてこちらで詳しく解説しているので、参考にしてください。

仮想通貨とは?仮想通貨を始める前に知っておくべきことを解説!
仮想通貨やビットコインを聞いたことがあり気になっているけど、仮想通貨やビットコインって何?という方もいるかと思います。 この記事では、仮想通貨とは何か、メリットやデメリットも踏まえて仮想通貨歴5年以上の筆者が解説します!

 

手順②:リスクを理解する

リスクとは、価格変動の振れ幅のことを言いますが、

まずは【仮想通貨=リスクが高い】ということを念頭に知っておきましょう。

 

仮想通貨の価格変動とは

まずはこちらの主要な仮想通貨であるビットコインの当初からの価格変動をチェックしましょう。

かなり値動きが大きいことがわかります。

 

【ビットコインのチャート】

ビットコインチャート

参照元:CoinMarketCap

このように大きな価格変動が起きていることが分かります。

 

価格変動が非常に大きいからこそ、大きく儲ける可能性もあれば、大きく損をする可能性があります。

 

だからこそリスクが非常に高いなりの、正しい投資方法を行わないと大きく損をしてしまう可能性があるため、闇雲に購入することはおすすめしません。

 

仮想通貨で損をしがちな人の特徴とは

仮想通貨で損をしがちな方の特徴を解説します。

これらに注意をして購入をすることで、リスク抑えた正しい投資ができるようになります。

 

  • SNSなどで信用力のない人の意見のみを鵜呑みにして判断する人
  • 同じ仮想通貨に一括投資する人
  • マイナーなコインを購入
  • 資産の多くの金額を仮想通貨に回す
  • ハイリターンを望んでいる人

これらの特徴に当てはまる人は仮想通貨を購入する際に注意が必要です。

では詳しく解説していきます。

 

SNSなどで信用力のない人の意見のみを鵜呑みにして判断する人

仮想通貨に関しては詐欺が多いです。

特にポンジスキームといった、紹介すると紹介者がお金を貰えたりねずみ講のような組織図で利益が得られるといった投資は詐欺の可能性が非常に多いです。

 

また、「この仮想通貨はこれから上場するため、プレセール価格で購入できます。上場したら数倍、数十倍になります」などの話も基本的に信用してはいけません。

 

友達などから紹介されたからといっても必ずその根拠を自分で調べるようにしましょう。

私は内容を知らずに全てを否定する訳ではありませんが、この手の話は聞かないようにしています。

 

同じ仮想通貨に一括投資する人

仮想通貨はかなりリスクが高いです。

だからこそ投資の基本である【リスク分散】が必須となってきます。

 

そのため、仮想通貨に関しても1つの通貨に1点集中するよりも分散することが大切です。

特に仮想通貨の種類によって目的が違います。

ビットコインの価格が上がったけど、他の通貨は下がることも十分にあり得ます。

 

その目的となる仕組みが社会実装されなければ、市場での価値が見出せずに需要が衰退し、価格が上がることは難しくなります。

もしも、まずは何かしらの仮想通貨を少額で始めようと思っている方は「ビットコイン」から始めることが良いかと思います。

 

マイナーなコインを購入

仮想通貨は現在1500種類以上にも及ぶ種類があります。

そのため、大半がマイナーな仮想通貨になってしまうのですが、マイナーな通貨で一発当てるという考えの方もいます。

これは仮想通貨の言葉で「草コイン」とも呼ばれています。

 

もちろん過去にはこれで数十倍に価格が上がったコインもありますが、これはただの投機やギャンブルに近い行為です。

価格が上がる根拠がないのに購入することは投資ではなく投機です。

 

現在では国内の取引所ではメジャーな通貨しか購入はできませんが、海外の取引所の口座開設をすることも可能です。

仮想通貨初心者の方は、国内取引所で取り扱っている通貨の中から購入する仮想通貨を選びましょう。

 

資産の多くの金額を仮想通貨に回す

仮想通貨は価格変動が大きいからこそ、購入した直後に暴落する可能が十分あり得ます。

だからこそ資産のうちの少額のみで購入することが重要です。

 

将来性や過去に仮想通貨で大儲けをした人がいるからと資産の大半を仮想通貨につぎ込んで、

相場が暴落をしてしまうと大切な資産を大幅に失ってしまうリスクがあります。

 

ご自身のポートフォリオに仮想通貨を組み入れるとしても10%程度までにするようにしましょう。

 

ハイリターンを望んでいる人

ハイリターンを好む傾向のある人はFXなども好きな傾向があります。

一気に稼いで、サラリーマンを辞めたいなんて思う方もいるかもしれませんが、もしも経済的自由を手に入れたい場合こそ、資産を守ることを学ぶ必要があります。

 

そのためにはハイリターンな投資こそ資産の少額のみに抑えて、リスク分散を行うことを徹底することが大切です。

 

そして、経済的自由を手に入れる人こそ一気に稼ごうとせずに、収入よりも大幅に支出を抑えたりと、投資だけでは経済的自由を手に入れません。

 

違う観点からもコツコツと努力した結果であるため、仮想通貨だけで経済的自由を手に入れようとはしないようにして下さい。

 

手順③:ご自身の性格に合わせて、投資スタイルを考える

リスクが大きいことが理解できたら、ハイリスクを踏まえてご自身がどのような投資(購入)をしたいのか考えましょう。

購入スタイルとしては、

  1. 毎月積立投資をする
  2. タイミングを見て、好きな通貨を購入して長期投資をする
  3. 購入した直後に値上がりしたら、すぐに売却する短期トレード
  4. チャートを見ながらテクニカル分析をして売買する
  5. ハイリスクを望み、レバレッジ取引をする

これらの投資方法があります。

ご自身の性格などにもよるとため、どの投資方法が正解などはありません。

 

基本的には売買タイミングが短期になるほど(上記で下にいくほど)ハイリスクになることは理解しておきましょう。

 

投資スタイルが短期なほど投資金額は少なめに

リスクが高いということは、資金が大幅に減少する可能性があります。

上述で、最初仮想通貨を購入する際は資産の10%程度にしましょうとお伝えしました。

 

しかし、短期トレードやレバレッジ取引をする場合は、もっと少ない資金で、「最悪全額なくなっても良い」と思える金額で始めましょう。

 

私としては、仮想通貨初心者はなるべく長期投資から初めて仮想通貨の価格変動であったり、将来性のある通貨を応援したくなる仮想通貨を探すのも良いかと思います。

 

手順④:投資スタイルに合った仮想通貨取引所の口座を開設する(おすすめ取引所も紹介)

ご自身の合ったスタイルの仮想通貨取引所の口座を開設しましょう。

大切なことは、取引所は1ヵ所ではなく、2ヵ所や3ヵ所の口座を開設して資金管理しましょう。

 

仮想通貨取引所とは

仮想通貨取引所とは、厳密には「暗号資産交換業者」と呼ばれています。

 

金融庁の登録ができた企業のみが仮想通貨を取り扱うことが可能であり、基本的にはこの取引所の口座を開設して、ここで売買します。

イメージとしては、株式を購入するために、証券会社の口座を開設するのと同じです。

 

1つの仮想通貨に集中するのをおすすめしないのと同じで、取引所にも通貨を分散しておくことで不測の事態に備えることが可能です。

また、完璧な取引所は存在せず、全ての取引所にメリット、デメリットがあります。

 

トレードスタイルによってメリットの強い取引所を選定する

先ほど1〜5のトレードスタイルを開設しました。

ご自身が購入するスタイルと長所が合わさせる取引所を選びましょう。

 

国内で仮想通貨を購入できる交換所は26社(2020年12月5日時点)あります。

しかし、基本的にトータルでおすすめできる取引所は「6社」のみです。

  1. コインチェック
  2. ビットフライヤー
  3. DMM Bitcoin
  4. BITPOINT
  5. bitbank
  6. GMOコイン

この6社から検討することで十分です。

 

トレードスタイル別のおすすめ取引所とは

  1. 毎月積立投資をする
  2. タイミングを見て、好きな通貨を購入して長期投資をする
  3. 購入した直後に値上がりしたら、すぐに売却する短期トレード
  4. チャートを見ながらテクニカル分析をして売買する
  5. ハイリスクを望み、レバレッジ取引をする

先ほど、5つのトレードスタイルを解説しました。

ではそれぞれのスタイル別でおすすめする取引所を解説します。

 

毎月積立投資をする

 

タイミングを見て、好きな通貨を購入して長期投資をする

 

購入した直後に値上がりしたら、すぐに売却する短期トレード

 

チャートを見ながらテクニカル分析をして売買する

 

ハイリスクを望み、レバレッジ取引をする

 

このように、ご自身が取引しようとしているスタイルによって使い分けるようにしましょう。

それぞれの取引所の詳細に関しては、下記にリンクを貼っておきます。

 

また、どこにすれば良いか悩んだ場合は、こちらのおすすめ取引所の記事を読めば問題ありません。

【この3社でOK】国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

コインチェック(Coincheck)のメリット、デメリットとは?元銀行員が徹底解説
ビットコインなどの仮想通貨を始めたいけどどこの取引所で購入すれば良いか分からないという方もいますよね。 この記事ではコインチェックで購入することをおすすめしていますが、その理由やメリット、デメリットを徹底解説していきます!

 

ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット、デメリットは?利用する5つの理由とは
仮想通貨を始めるにあたりビットフライヤー(bitFlyer)のメリットやデメリットはどうなんだろうと気になる方もいますよね。 ビットフライヤーを実際に利用している筆者が、利用している5つの理由と、メリット、デメリットを解説します!

 

ビットポイント(BITPOINT)の手数料やメリット、デメリットは?徹底解説します
仮想通貨交換所であるビットポイントの手数料やメリット、デメリットは気になりますよね。 この記事ではビットポイントを実際に利用している筆者が、手数料やメリット、デメリットなどを踏まえて、ビットポイントの正しい活用方法を解説していきます!

 

ビットバンク(bitbank)の手数料やメリット、デメリットを徹底解説!
ビットバンク(bitbank)は仮想通貨取引所の1つですが、手数料やメリット、デメリットは何があるのか、気になりますよね。 この記事では、ビットバンクの疑問やおすすめする投資スタイルなど正しい投資方法を解説していきます!

 

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の手数料やメリット、デメリットなど解説
DMMビットコインに関して、手数料は安いのか、メリット、デメリットなど気になりますよね。 この記事ではDMMビットコインの手数料やメリット、デメリットなどを踏まえて、DMMビットコインを利用するおすすめの投資スタイルを解説します!

 

GMOコインのメリット、デメリットは?効率的な利用方法を解説
GMOコインは大手のGMOグループが運営しており、有名な仮想通貨取引所の1つです。 メリットもありますが、デメリットもあるため正しく活用する事が重要です。 この記事ではGMOコインのメリット、デメリット、効率的な利用方法を解説します!

 

取引所は複数開設する

上記でおすすめの取引所を紹介しましたが重要なことは、1社だけではなく、2社か3社の取引所を活用することです。

 

なぜなら、それぞれの取引所でメリット、デメリットは違うこともありますし、セキュリティの面でも1ヵ所に資産を置いておくことは得策ではありません。

 

取引所はどこも取引をしない限り手数料はかからないため、いくつ開設しても問題ありません。

ただ、ご自身で管理できなくなっては本末転倒なため、2社か3社の取引所を上手に活用しましょう。

 

手順⑤:実際に購入する

取引所の口座開設をしたら、あとは実際に購入するのみです。

株式や投資信託を購入したことがある方はイメージが湧きやすいかと思いますが、

  1. 取引所に日本円を入金
  2. 希望する仮想通貨を購入する
  3. 適宜送受信をしたり
  4. 必要に応じて、売却して日本円を銀行口座に振り込むことも可能

流れとしてはシンプルであり、不明になりがちなポイントは取引所ごとの操作感のみです。

 

仮想通貨の買い方を全て画像付きでこちらで詳しく解説した記事を作成しています。

ビットコインの買い方とは?初めての方に画像付きで徹底解説
2021年仮想通貨が盛り上がっており気になっているものの、ビットコインの買い方がわからないという方もいるのではないでしょうか。 この記事では、ビットコインの買い方、必ず知っておくべきことを全て画像付きでわかりやすく解説しています!

 

仮想通貨を購入する際には手数料の罠を知っておこう

仮想通貨を購入する際には、仮想通貨交換所の中でも、

  • 取引所
  • 販売所

この2種類があります。

 

取引所:市場参加者の売買したい人とマッチングをして売買する

販売所:交換所(コインチェックなど)と直接売買する

 

この違いがあります。

一般的に、取引所は市場参加者と売買するため、その瞬間の適正価格で売買できるますが、

販売所は、交換所が提示した価格で購入することになり、スプレッドと呼ばれる「買値」と「売値」が多少異なります。

そのため、販売所の方が割増し価格で購入してしまう可能性があります。

 

この他にも購入時に重要なポイントをこちらで解説しています。

【仮想通貨】これを知らなきゃ大損!ビットコインの正しい5つ買い方を解説
仮想通貨の購入に慣れていない方は交換業者での買い方が難しいと思う方もいるかと思います。しかし、理解しないまま購入するとかなり損をする可能性があります! この記事ではビットコインなどの仮想通貨初心者に向けて購入する際に非常に重要な5つのことを解説します!

 

購入する通貨はメジャーな通貨から購入しよう

国内だけでも購入できる仮想通貨は16種類+2種類(取引所独自の通貨)があります。(2020年12月末日時点)

購入する通貨は16種類の中から選ぶことになりますが、最初はビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨から購入してみましょう。

 

購入する方法や流れに慣れてきてから、他の仮想通貨について知ってから購入してみましょう。

なお、当サイトでは各仮想通貨ごとの特徴やメリット、デメリットについて詳細を書いた記事がそれぞれあります。

カテゴリーで「仮想通貨」>「仮想通貨の種類」で気になる仮想通貨を勉強してみてください。

 

また、仮想通貨別で購入できる取引所はこちらでまとめています。

【仮想通貨別で逆引き】国内で取り扱う仮想通貨ごとで購入できる取引所一覧
仮想通貨を購入する際、この仮想通貨はどこで購入できる? 購入する仮想通貨から逆引きしたい、と思う方も多いのではないでしょうか。 この記事では、国内で取り扱っている仮想通貨別で、購入できる交換所や、交換所を選ぶ基準について解説します!

 

番外:筆者が行っている投資方法とは

私は、仮想通貨に対してポジティブに捉えているため「長期投資」を心掛けています。

そのため、購入方法は「毎月の積立投資」をしています。

 

そして毎月積立投資をした金額を、取引所に対してレンディングサービスで仮想通貨を貸しています。

仮想通貨のような価格変動が大きい投資と「ドルコスト平均法」は非常に相性が良いです。

 

また、通常に積立をするだけでなく、積み立ている仮想通貨を貸し出すことで最大で年利5%を得ることが可能です。

積立投資+利回り5%の固定金利を得ることができるため、非常に早い速度で資産形成ができる可能性を秘めています。

 

この方法の詳細についてはこちらで詳しく書いていますので、参考にしてみてください!

【賢く資産運用】ビットコイン積立に利率5%を上乗せする方法を徹底解説!
ビットコインを始めとする仮想通貨の積立において、利回り5%を固定で上乗せする方法があります! この記事では、仮想通貨積立を検討中の方で、仮想通貨積立に投資利回り5%を上乗せする方法、メリット、デメリットを実践している私が徹底解説します!

 

このロードマップを理解できたら既に仮想通貨初心者は卒業です!

ぜひ資産形成の強い武器としてください。

 

また、仮想通貨の取引に慣れてきたら海外の取引所である「バイナンス」を利用することもおすすめします。

海外ですが、日本語対応しており、コストは圧倒的にバイナンスが安いです。

しかし、デメリットもあるため、仮想通貨に慣れた方はこちらでバイナンスのメリットやデメリットをチェックしてみてください。

バイナンスとは?仮想通貨を購入するのにおすすめする6つの理由とは
バイナンス(BINANCE)は仮想通貨取引量が世界1位の取引所ですが、海外の取引所だから不安だと感じている方もいるかと思います。この記事では、不安を解消するためのバイナンスのメリット、デメリットなどを実際に利用しているトレーダーが徹底解説します!

コメント