仮想通貨のステーキングとは?保有するだけで利益が得られる仕組みとは

仮想通貨,ステーキングとは仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

仮想通貨を保有していると、取引所からステーキングについてのお知らせが届いたことはありませんか?

ステーキングとはなんだろう、、と思った方もいるかと思います。

 

ステーキングは仮想通貨を保有するだけで報酬が貰えるらしいけど、仕組みやどのようにして貰うんだろう。。

 

この記事では、

  • 仮想通貨のステーキングとは何?
  • どうすれば報酬が貰えるの?
  • 仕組みはどうなっているの?
  • 税金関係はどうなる?

など、仮想通貨のステーキングに関する疑問について、初心者に向けて徹底解説します!

 

仮想通貨のステーキングとは

ステーキングとは、対象の仮想通貨を保有し、ブロックチェーンのネットワークに参加する対価として報酬が貰えることです。

 

従来、一般的に仮想通貨は購入し、価格が上昇したら売却する「キャピタルゲイン」がメインでしたが、ステーキングは保有していると報酬を受け取るため「インカムゲイン」となります。

 

ステーキングの仕組みとは

ステーキングの仕組みを理解するには、仮想通貨のベースとなっている「ブロックチェーン」の承認アルゴリズムを簡単にでも理解する必要があります。

 

ブロックチェーンはデータ(1つのブロック)を過去の取引から連続して繋ぎ合わせています。

このデータを繋ぎ合わせる(送金など)時に、”第三者の承認”が必要です。

 

仮想通貨の取引(送金など)において、この取引は問題ないと第三者が承認する際に、大きく分けて、

  • PoW:proof of works(プルーフ・オブ・ワークス)
  • PoS:Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)

この2種類がメジャーです。

(他にも独自の方式があります)

 

このPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用した仮想通貨において「ステーキング」が利用できるのです。

 

このPoWとPoSの違いについては下記の、

【仮想通貨】PoWとPoSの違いとは?メリットやデメリットについて徹底解説

で詳しく解説しています。

 

仮想通貨のステーキングは、ビットコインでいう”マイニング”と同じようなプロセスで、ステーキングの対象となっている仮想通貨を保有していると報酬が発生するイメージです。

 

ビットコインのマイニングの仕組みについては下記の、

ビットコイン(仮想通貨)のマイニングとは?仕組み、方法を解説

で詳しく解説しています。

 

ステーキングを貰う方法とは

ステーキングの報酬を貰う方法は、基本的に対象となる仮想通貨を保有するだけです。

 

対象となる仮想通貨を保有していると、取引所が自動的に保有している数量に応じて、定められた日に付与されます。

申し込みなども一切不要であり、対象の仮想通貨を保有しているだけです。

 

ただし、取引所によってステーキング報酬の有無や最低保有枚数などが異なります。

 

国内取引所でステーキング報酬が貰える仮想通貨とは

2021年4月時点では、

  • リスク(LSK)
  • テゾス(XTZ)

この2種類です。

 

リスク(LSK)のステーキングが貰える取引所

リスクのステーキング報酬が貰える取引所は、

  • コインチェック(Coincheck)
  • ビットフライヤー(bitFlyer)

です。

 

基本的に利回りとしては保有していると年間0.5%程度のステーキング報酬が受け取れますが適宜変動していますので、2021年4月時点で参考です。

 

テゾス(XTZ)のステーキングが貰える取引所

テゾスのステーキング報酬が貰える取引所は、

  • GMOコイン

です。

 

基本的に利回りとしては保有していると年間5.5%程度のステーキング報酬が受け取れますが適宜変動していますので、2021年4月時点で参考です。

 

ステーキング狙いで仮想通貨は購入しないこと

仮想通貨,ステーキングとは

 

感覚としては、ステーキングは保有しているだけで報酬が受け取れるため、銀行預金の利息と感覚は同じです。

 

しかし、仮想通貨は価格変動が大きいこと、リスクはテゾスにはそれぞれの目的が異なるため、価格が下がってしまっては投資する意味がありません。

 

しっかりと仮想通貨の将来性を見極めて、ステーキングは”おまけ”と考えましょう。

 

貰ったステーキング報酬の税金はどうすれば良い?

受け取ったステーキング報酬は、「そのまま利益」です。

 

銀行預金の利息に「20.315%」の税金が引かれるのと同じです。

しかし預金利息と違う点は、仮想通貨のステーキング報酬は”仮想通貨”の利益であり、「雑所得の総合課税」です。

 

仮に年間の仮想通貨の利益で、ステーキング報酬が1万円、売買の所得が19万円の合計20万円であった場合は確定申告をする必要があります。

 

これは経費があれば経費を差し引いて、仮想通貨に関する雑所得(仮想通貨の利益−経費)が20万円以上の場合に確定申告をする必要があります。

 

上記以外にも確定申告をする必要があること、1円でも利益があれば確定申告は不要でも居住する市区町村に「住民税」の申告が必要であります。

 

仮想通貨の税金に関する詳細は下記の、

仮想通貨に関する税金と確定申告の方法とは?節税対策も徹底解説

で詳しく解説しています。

 

ステーキングと貸し仮想通貨の違いを知っておこう

保有している仮想通貨でインカムゲインを得るという点では「ステーキング」と「貸し仮想通貨」は同じです。

 

貸し仮想通貨とは、保有している仮想通貨を取引所に貸し出して利息を得る方法です。

それぞれのメリットとデメリットを知って、お得にインカムゲインを得ましょう。

 

ステーキングのメリットとデメリットとは

メリット・対象仮想通貨を保有するだけ
・個人で専用ウォレットなどの準備が不要
デメリット・利回りは低い
・貰える割合は都度変動する
・対象仮想通貨が少ない

 

貸し仮想通貨のメリットとデメリットとは

メリット・多くの種類の通貨を貸し出せる
・利回りが高い
デメリット・貸出し中の保有者は取引所(※1)
・人気の場合抽選になってしまう

※1:通常に取引所に保管している仮想通貨は、あなたの分と取引所の分とで分別されて保管されています。

そのため、万が一ハッキングや取引所が破綻しても、あなたの仮想通貨は”保全”されています。

 

しかし、貸出中は保有者が取引所になるため、この間に取引所が破綻した場合は保全されません。

そのため取引所の財務内容は利益を出しているか確認しておきましょう。

 

なお、2021年時点では仮想通貨市場は盛り上がっており、どの取引所も業績好調です。

 

まとめ:ステーキングを検討する場合、対象通貨の将来性などを調べてから検討しよう

今回は、ステーキングに関して解説しました。

 

保有するだけで報酬が貰えますが、対象通貨が少ないことと、ステーキング目的で購入するのは危険です。

きちんと仮想通貨の目的や将来性は調べるようにしましょう。

 

なおステーキング目的ではなく、どの仮想通貨を購入するか悩んでいる方は筆者がメインで長期保有している仮想通貨を下記で紹介しています。

2021年おすすめの仮想通貨とは?その理由と購入できる取引所
仮想通貨が非常に上昇している今、どの仮想通貨がおすすめなのか気になりますよね。この記事ではトレーダーの筆者が実際に保有している仮想通貨とその理由、購入できる取引所などを徹底解説します!何を買えば良いか悩んでいる方は参考にしてみてください!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメント