仮想通貨の素人が利益を得る、最重要要素は〇〇であることを解説

仮想通貨,素人仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

仮想通貨という言葉をよく聞くけれど、周りからは素人が始めることではないと言われたことがある方もいるかと思います。

この記事では、

  • 仮想通貨の素人でも利益を得る方法が知りたい
  • 仮想通貨の素人でも購入して大丈夫?
  • 購入する際に必ず知っておくべきこととは?

など、仮想通貨の初心者(素人)に向けて、知識が少なくても利益を得るために重要なことを仮想通貨歴5年以上の筆者が徹底解説します!

 

仮想通貨の素人が投資をする場合の最重要なことは「ガチホ」であること

ガチホとは、購入をしたらそのまま「ほったらかし」で保有し続けることです。

つまりは長期投資をすることです。

 

なぜガチホすることが重要かというと、仮想通貨業界、ブロックチェーン技術は将来性があること

そして、まだ将来性があるけれど社会浸透する前段階だからです。

 

そのため今から仮想通貨を購入する方は、将来性を理解した上で実際に社会に利用される時期まで保有することで、社会で利用される時には必然的に需要は増加します。

 

ただしリスクがあるからこそ、そのリスクを理解できた段階で購入する、もしくは最初はなくなっても良いくらいの金額から購入することも大切です。

 

現在の仮想通貨市場は将来の期待から徐々に買われており、参入者はまだ少ない

2021年3月時点では、まだ社会的に利用されているよりは将来性やリスクヘッジ(インフレ対策)として大手企業が参入しているタイミングです。

 

しかし既に、

  • PayPalで仮想通貨決済が可能
  • マスターカード、VISAなどのクレカの仮想通貨参入が決定している
  • ETFとして投資資産の一部に組み込まれて、カナダで上場済

など実用的になるところまで進んでいることからも、社会的に利用されるのはまもなくな状況です。

 

価格を決める際に重要なことは「需要と供給のバランス」です。

供給量に関してはビットコインは2100万枚と決まっています。

 

その他の仮想通貨も上限が決まっている仮想通貨もありますが、仮想通貨によって目的は全く異なります。

そして社会実装された時に、必然的に仮想通貨利用者は増加します。

 

PayPalでは世界で3億人以上のユーザーがおり、その方々も仮想通貨を触れることにより需要は高まります。

 

2021年時点でこのような事前準備段階に入っているからこそ、今のうちに保有しておくことは将来性として投資をする価値は存在します。

 

ただし社会的に実装すること、そして世の中である程度の市場シェアが広まるには時間がかかるからこそ、3年、5年程度は保有し続けておくことをおすすめしています。

 

最大のリスクは社会浸透しないこと

これから仮想通貨を始める方は特に「リスク」についても理解しておく必要があります。

それは「保有している仮想通貨が世の中に必要とされなかった」という結果です。

 

当然、社会に必要とされない=需要がない=価格の下落

という結果となり、その仮想通貨が必要とされない限り、価格は下がった後に戻ることは難しいです。

 

そのため仮想通貨の目的や将来性を考えて、この仮想通貨は社会貢献となり得る仮想通貨だと信じられる通貨を保有しましょう。

 

また、もしも仮想通貨の将来性の判断が難しい場合は、既にデジタルゴールド(インフレ対策)として価値を見出している「ビットコイン」を購入することが王道です。

 

ガチホをするために必要な3つのこととは

仮想通貨,素人

 

ガチホと言っても購入すると、つい相場が気になってしまうのが人間の真理です。

しかしガチホをするなら、最低でも3年程度、できれば5年は保有し続けることをおすすめします。

 

この長期間ガチホをするために必要なこととして、

  1. 仮想通貨の相場を見るのは月に1、2度程度
  2. 保有資産の10%程度以下の金額で購入する
  3. 積立投資を少額から始める

これらを意識、行動することで長期的なガチホをすることができます。

 

その1:仮想通貨の相場を見るのは月に1、2度程度

仮想通貨の相場は毎日大きく動いています。

そのため、ついレートを見たくなってしまうのですが、最低でも数年保有するなら相場はある程度無視するつもりでいた方が良いです。

 

ある程度ほったらかし精神を継続すると、そこまで気にしなくなるものです。

ただし、大幅に上昇している場合、(評価額が数倍になっているなど)はたまに残高を確認したときに一度利益確定をすることもアリです。

 

その場合は、「自分ルール」を決めておきましょう。

例えば「購入時よりも3倍になっていたら、5倍になっていたら」などです。

 

仮想通貨の市場では今後も3倍、5倍となり得る可能性もあります。

IOSTやエンジンコインも半年の間に4倍程度〜10倍程度に増加しているため可能性はありえます。

 

そしてチェックするのは、月に1、2回程度の休日にでもチェックしましょう。

 

その2:保有資産の10%程度以下の金額で購入する

ご自身の資産(ポートフォリオ)を見直しましょう。

そのうちの10%程度以内までの金額で仮想通貨を保有しましょう。

トータルの資産が500万円あったら、50万円以下の金額までです。

 

あまり多くの金額を保有していると、気になってしまい、つい毎週チェックしてしまったり、価格が下がった時に心配になってしまいます。

 

数年ガチホをしていると暴落するタイミングはほぼ間違いなく訪れます。

その時でも平常心でいられる程度の金額で保有することが大切です。

 

その3:積立投資を少額から始める

仮想通貨を積立投資をすることはドルコスト平均法を活用することで、価格変動のリスクを軽減することができます。

特にガチホの長期保有であれば相性が良いです。

 

そして、毎月の積立額が少額であれば気にすることが減るはずです。

積立投資は資産形成の王道だからこそ、

  • つみたてNISA
  • ETFなどを積立
  • 仮想通貨を積立

このように分散して積立をすることでポートフォリオとしても、株式などに偏りもなく仮想通貨にも投資をすることが可能になります。

 

そのため、筆者も上記の3種類には均等に毎月積立投資を行っています。

 

また、少額からの積立投資は「bitFlyer」がおすすめです。

なぜなら、

  • 100円から積立が可能(他は1万円からなど)
  • 毎日積立が可能(日割りで分割して積立をしてくれる)
  • 長期投資でありセキュリティが強いビットフライヤーは安心力がある

など、少額で投資可能かつリスクを抑えた「毎日積立」はビットフライヤーのみです。

ビットフライヤーで仮想通貨積立!メリット、デメリットや設定方法を解説
ビットフライヤーが仮想通貨積立サービスを開始しました。この記事ではビットフライヤーで積立をするメリットやデメリット、設定方法を全て画像付きで解説!他の取引所と比べたメリットやデメリットを徹底解説します!

 

まとめ:仮想通貨を始める方は長期でガチホ戦略がおすすめ

今回は、仮想通貨の将来性が非常に高いからこそ「長期保有のガチホ」戦略で気軽に投資を始めることを解説しました。

 

そして、大きな価格変動にも耐えられる程度で投資をすることが重要です。

  • まず少額から始めよう
  • 長期でガチホするためにセキュリティの強い取引所にしよう

 

このように考えている方は「ビットフライヤー」がおすすめです。

ビットフライヤーは過去一度もセキュリティやハッキング事件は起きておらず、かつ条件を満たせば最大で500万円まで補償する制度もあります。

放ったらかし戦略には相性が良い取引所です。

 

まだビットフライヤーの口座を保有していない方はこちらから10分程度あれば無料でアカウントを作成することができます。

 

ビットフライヤー公式サイトへ

ビットフライヤーの口座開設方法を画像付きでわかりやすく解説
ビットフライヤーは仮想通貨取引所の1つであり、無料で10分程度で全ての口座開設手続きができます。この記事では口座開設方法を画像つきでわかりやすく解説しつつ、必ず最初に設定することも含めて画像をつけてわかりやすく解説します!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|マーケター|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知り、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消することを目標に正しい情報を発信し続けている。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の始め方
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金融相談アカデミー

コメント