仮想通貨取引所のセキュリティを比較!安全性をランキングで紹介

仮想通貨,セキュリティ仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

仮想通貨を購入したいけど、過去にハッキングされて盗まれた過去があるから怖い、、と思っている方も多いかと思います。

しかし、国内の取引所のセキュリティレベルはこの数年で飛躍的に高くなりました。

 

この記事では、

  • 仮想通貨を買いたいけど、セキュリティ面が不安
  • 仮想通貨は持ってて大丈夫なの?
  • どこの取引所がセキュリティ強いの?
  • どうすることが一番安全に保有できるの?

このような不安や悩みを持っている方に向けて、仮想通貨歴5年以上の筆者がセキュリティに関して徹底解説していきます!

 

仮想通貨はなぜハッキングされるの?

仮想通貨のハッキングは大きく2種類あります。

  1. 取引所にある仮想通貨をハッキングして海外の口座に送金する
  2. 個人のIDとパスワードを不正入手し、ログインして海外口座へ送金する

 

海外へ送金するのは、金融庁の管轄外なため追っていくことが難しいという理由もあります。

 

1、取引所にある仮想通貨をハッキングして海外の口座に送金する

記憶に強いのが2018年コインチェックのネムが流出した事件です。

 

これは、当時は顧客から預かっていた「ネム」という仮想通貨を取引所が保管していましたが、

「ホットウォレット」と呼ばれるネットに常に繋がれているところにまとめて置いていました。

 

そして、ネットに繋がっているからこそ、すぐにハッカーに侵入されて海外へ送金されてしまったのです。

イメージとしては、銀行窓口に顧客や銀行の現金をそのまま置いてある状況です。

 

つまりは管理が雑だったの一言です。

顧客の仮想通貨を金庫に入れずに、窓口に置きっぱなしだったので盗まれて当然ですよね。

 

2、個人のIDとパスワードを不正入手し、ログインして海外口座へ送金する

これはフィッシング詐欺とも言って、証券会社などでも起こる事件です。

公式サイトに非常によく似たサイトを作り、多数の人にメールを送りそのメールから偽サイトへ誘導します。

 

そこでIDとパスワードを入力すると、バレてしまうという手口です。

そして知り得たIDとパスワードでログインをして、海外へ送金する手口です。

 

この対策に関しては、個人が徹底するしか基本的にありません。

  1. パスワードを12桁以上、大英、小英、数字、記号をランダムで混ぜる
  2. 二段階認証を必ず行う
  3. 生体認証(指紋や顔)登録をする
  4. 怪しいメールは開かない
  5. ログインするときはブックマークした公式サイトからのみ

これらは必須です。

 

取引所で仮想通貨を保有するには2種類のウォレットがある

仮想通貨,セキュリティ

 

取引所では2種類の場所で仮想通貨を保管しています。

  1. ホットウォレット
  2. コールドウォレット

 

保管場所には2種類ある
種類ホット
ウォレット
コールド
ウォレット
保管場所常にネットに
繋がっている保管場所
ネットから
遮断した保管場所
イメージ銀行の窓口金庫の中
用途顧客が売買したい時に
すぐに対応できるように
いくらかはここに、
保管しておく必要がある
金庫の中に閉まっており、
大半の仮想通貨や顧客の
通貨はこの中で保管している

 

このように2種類あり、セキュリティ上は全てコールドウォレットに閉まっておくことが安全ですが、顧客がいつでも売買するためにはホットウォレットにも置いておく必要があります。

 

そして、顧客から預かっている仮想通貨は全てコールドウォレットに保管されており、

取引所が保有している分と顧客が保有している分は完全に分離しています。

 

取引所が問題であり仮想通貨の仕組み上、不正はできない

上記のことからもハッキングされることは、仮想通貨の仕組みには問題がなく、取引所などの管理の問題なのです。

 

特に仮想通貨に関する法律も甘かったり、ハッキング事件が横行していた時は誰でも取引所を構えることができたからこそ、管理レベルが低かったのです。

 

そしてブロックチェーン技術は、

  • データが全て暗号化されている
  • 過去の取引履歴が全て一連のように連なっている
  • システムダウンなどが起こりにくい

などの理由から、2021年3月時点まで一度もブロックチェーンに関して改ざんされた事件はありません。

 

2018年のハッキング事件から金融庁が管轄するようになった

これらの事件が横行したため、仮想通貨は金融庁が完全に管轄をするようになりました。

このことをきっかけに、

  • 仮想通貨取引所の運営を行うには金融庁の審査が必要
  • 国内で取り扱う仮想通貨は金融庁の検査が必要

となりました。

 

この審査も長いと1年近くかかり、専門家とも連携して審査をしていることから「国内取引所で取り扱う仮想通貨は安全性の高い通貨」です。

もちろん、安全性がある=価格が上昇するわけではありませんが。

 

そのため、過去にコインチェックで取り扱っていた「匿名性に優れたモネロ」という仮想通貨などは取扱い禁止になりました。

 

一番安全は保管場所は国内取引所に保管すること

過去にハッキング事件があってから、取引所=怖いというイメージは常に残っています。

そして、そのきっかけからハードウォレットに入れておこうという話が多く出回りました。

 

ハードウォレットとは、下記のようなイメージでUSBのような外部にデータを移しておくことです。

ハードウォレット

 

しかし、ハードウォレットに入れるには、「秘密鍵」と言われる暗証番号が必要であり、

この秘密鍵を万が一忘れてしまったら「一生引き出すことができない」のです。

 

そして、2018年以降は取引所の法整備が加速しており、国内の取引所のセキュリティレベルが飛躍的に向上しました。

 

そのため、今は国内の取引所であれば、安全性も高いこと、そして万が一取引所が破綻したとしても「顧客の仮想通貨は保全されている」います。

※保証ではなく保全であることに注意。

 

セキュリティでの仮想通貨取引所ランキング

では、セキュリティを重視した国内取引所のおすすめランキングベスト3を解説していきます。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer

①:最高強度の暗号化技術の導入による通信セキュリティの確保
→SSL通信やDigiCertのSSLサーバー証明書、SHA-2(SHA-256)の採用

②:ファイアウォールによる社内環境の防御

③:WAFによる不正アクセスの常時監視、負荷分散

④:DNS サーバーIP Anycast の導入によるネットワークの負荷分散

⑤:その他、自社開発のセキュリティシステムを開発など

など対策が国内最強クラスです。

上記を読んでも「小難しい話」ですが、
要は国内の銀行レベル以上のセキュリティなのです。

ビットフライヤーがハッキングされるなら大手銀行もハッキングされるレベルです。

不正ログインに関しても、条件を満たせば最大500万円まで補償があり、
セキュリティに関してはビットフライヤーが最強です。

コインチェック(Coincheck)
コインチェック

コインチェックは現在「マネックスグループ」です。

そのため資本力が増加し、セキュリティ対策に資金を投じています。

サイバー攻撃や情報漏えい等のサイバーセキュリティ専門家と提携しています。

ネットによるハッキングを防ぐため、ネットワーク分離を強化するなどシステムの再構築を行い、
全通貨に関するコールドウォレット化もすでに完了。

コインチェックの財務状況も非常に良好であり、破綻懸念の心配もありません。

初心者も安心して取引できる取引所です。

DMMビットコイン
DMM Bitcoin

大手DMMグループの1社であり、資本力があるためセキュリティ強化は積極的です。

顧客とDMMビットコインの保有する通貨を別にしているのは当然のこと、
日証金信託銀行(株)で信託保全をしていることから、
あなたが預けた仮想通貨が0になるリスクはありません。

また、95%以上がコールドウォレットに保管しており、
他社よりも比率が多く、ネットに晒されている通貨が少ないです。

その他、暗号化、ファイアーウォール対策などセキュリティは徹底されており、強固な取引所の1つです。

 

 

まとめ:セキュリティに不安がある方も法整備されており、安心して取引可能

今回は、「仮想通貨のセキュリティ」に関して解説しました。

 

結論としては、現在は取引所に預けておくことが安心であり、保有通貨が全てなくなるリスクは非常に低いです。

 

あとは、ご自身のログインに関するIDとパスワードの管理は徹底するようにしてください。

必ず、

  1. パスワードを12桁以上、大英、小英、数字、記号をランダムで混ぜる
  2. 二段階認証を必ず行う
  3. 生体認証(指紋や顔)登録をする
  4. 怪しいメールは開かない
  5. ログインするときはブックマークした公式サイトからのみ

これらは守るようにしてください。

 

なお仮想通貨に関する基本を最初から学びたい方はこちらでロードマップとして1から解説しているため参考にしてみてください。

仮想通貨取引に関するロードマップ【初心者向け】

ビットコインの始め方とは?ロードマップを解説【初心者向け】
【これから仮想通貨を始める方】どんなリスクがあるの?どこで買えば良いの?正しい投資方法を知りたいなど疑問がたくさんあるはずです。仮想通貨歴5年を超える私が仮想通貨を始めるためのロードマップを徹底解説し、この記事で仮想通貨初心者を卒業できます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨取引所
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊blog

コメント