仮想通貨投資でリバランスは必須!適正な頻度や方法をトレーダーが解説

仮想通貨,リバランス仮想通貨
この記事は約9分で読めます。
記事一覧

仮想通貨投資を始めて保有していると、保有している仮想通貨の比率は大きく変動することがあるかと思います。

それもそのはず、仮想通貨の価格変動は非常に大きいからこそ、保有比率(ポートフォリオ)は大きく変動します。

 

そのため、定期的にリバランス(保有している仮想通貨の比率の調整)をすることが大切です。

この記事では、

  • 仮想通貨投資をする方でえ初心者向けに
  • 複数の通貨を分散して投資する方
  • 仮想通貨投資で資産を適切に増やしたい方

このような方に向けて、仮想通貨のポートフォリオに対して適切なリバランスや、そもそものリバランスについてトレーダーが解説します!

 

そもそもリバランスとは?

リバランスとは、保有している仮想通貨の比率を再配分すること、つまり比率を調整することです。

 

リバランスを行うことで、あなたに合ったリスクを保つことが可能です。

仮に軍資金100万円で資産配分が下記の場合、

仮想通貨比率金額
ビットコイン
(BTC)
40%40万円
イーサリアム
(ETH)
20%20万円
リップル
(XRP)
20%20万円
トロン
(TRX)
10%10万円
アイオーエスティー
(IOST)
10%10万円
合計100%100万円

このような資産配分で当初投資したとします。

※上記は実際に筆者の概ねの配分でもあります。

 

この時に、1、2ヶ月経過すると仮想通貨によって資産の比率が変動することは多いです。

例えば、

仮想通貨比率金額
ビットコイン
(BTC)
23.3%35万円
イーサリアム
(ETH)
23.3%35万円
リップル
(XRP)
20%30万円
トロン
(TRX)
20%30万円
アイオーエスティー
(IOST)
13.3%20万円
合計100%150万円

実際に上記のようになることはあります。

 

この時に当初、ビットコインは長期目線で安全性を考慮して一番多く保有しておきたいのに、他の仮想通貨とトントンになってしまっている状況です。

 

仮想通貨のリバランス方法は2つある

上記のように保有している仮想通貨の比率が変動することはよくあります。

この時に、リバランスする方法は2つあります。

  1. 追加の軍資金を足してビットコインを購入する
  2. 大幅に上昇した仮想通貨を売却して比率を整える

この2つのパターンがあります。

 

①:追加の軍資金を足してビットコインを購入する

本来の例だと、ビットコインは将来性やインフレ対策などを考えて一番比率を多く保有したいが、比率が減少しています。

上記の例だと、追加で40万円をビットコインに足すことで比率を調整することが可能です。

 

実際の変動を確認してみましょう。

仮想通貨比率金額比率
(変化後)
金額
(変化後)
ビットコイン
(BTC)
23.3%35万円39.5%75万円
イーサリアム
(ETH)
23.3%35万円18.4%35万円
リップル
(XRP)
20%30万円15.8%30万円
トロン
(TRX)
20%30万円15.8%30万円
IOST
(IOST)
13.3%20万円10.5%20万円
合計100%150万円100%190万円

では、このリバランス方法のメリットとデメリットを理解しておきましょう。

 

追加で軍資金を足すメリットとは

メリットは、他の仮想通貨が伸びている中で、まださほど伸びていない(下落している)仮想通貨を追加購入するため、平均購入単価を下げることが可能です。

 

そのため、購入単価を分散させるリスク分散効果があります。

 

追加で軍資金を足すデメリットとは

デメリットは、追加の軍資金が必要なことです。

資産全体のポートフォリオとしては、生活の緊急事態にも備えて「現金」も保有しておく必要があります。

 

生活費まで軍資金に回してはいけません。

そのため、余裕資金を確保しておく必要があります。

 

②:大幅に上昇した仮想通貨を売却して比率を整える

上記の例を再度確認すると、上昇して比率が上がっているのは「トロン」「IOST」あたりです。

今回は当初に整えるために下記のように売却して比率を整えてみましょう。

  • イーサリアム:10万円利確
  • リップル:10万円利確
  • トロン:20万円利確
  • IOST:10万円利確

 

実際の変動を確認してみましょう。

仮想通貨比率金額比率
(変化後)
金額
(変化後)
ビットコイン
(BTC)
23.3%35万円35%35万円
イーサリアム
(ETH)
23.3%35万円25%25万円
リップル
(XRP)
20%30万円20%20万円
トロン
(TRX)
20%30万円10%10万円
IOST
(IOST)
13.3%20万円10%10万円
合計100%150万円100%100万円

このようにすることで比率を整えて、利益を確保することが可能です。

では、このリバランス方法のメリットとデメリットを理解しておきましょう。

 

上昇した仮想通貨を売却するメリットとは

この方法のメリットは、利益を確定することが可能です。

このまま保有し続けても、再度下落してしまうことはよくあります。

 

そのため、上昇したうちに利益を確保しておくことも重要です。

 

上昇した仮想通貨を売却するデメリットとは

この方法のデメリットは、税金を考慮する必要があること、頻繁に行うと手数料がかかることです。

 

仮想通貨の税金は、雑所得の総合課税であり、利益(雑所得)を他の所得(給与や事業所得)と合算して税率が決まります。

そのため、あなたの他の所得を考慮して概ねの税率は把握しておく必要があります。

 

仮想通貨の税金に関する詳細は下記の、

仮想通貨に関する税金と確定申告の方法とは?節税対策も徹底解説

こちらで解説しています。

 

また、定期的にリバランスをして売買することは手数料も都度発生してしまうため、注意が必要です。

 

適切な仮想通貨のリバランス頻度とは

仮想通貨,リバランス

 

概ね月に一度〜2ヶ月に一度くらいのペースでチェックするようにしましょう。

 

仮想通貨の価格変動は大きく、ビットコインの1日あたりの平均価格変動は4.5%程度あります。

そのため、1ヶ月も経過すると10%、20%と資産が変動している可能性は十分あります。

 

そのため、なるべく定期的にチェックすることをおすすめします。

なお、筆者が実際に保有している仮想通貨やポートフォリオの比率をチェックするツールに関しては下記の、

【サイドFIREが保有中】仮想通貨のポートフォリオやツールを公開

で解説しています。

 

仮想通貨のリバランスをするコツとは

リバランスをするコツは、毎月〇〇日にチェックするような癖をつけるようにしましょう。

例えば、「毎月第1土曜日にチェックする」などでも良いです。

 

またスマホのウィジェット機能で都度価格は簡単に確認できます。

そして取引所(交換所)のアプリでは、指定した仮想通貨が指定したレートに到達したら通知が来る設定も可能です。

 

この設定をすることで売却するタイミングを逃すことも少なくなります。

なお、参考に筆者は短期投資に関しては、「20%上昇したら強制的に利確する」ルールを設けています。

 

仮想通貨のリバランスをする際の注意することとは

実際にリバランスをするときに注意することがあります。

  • 売却するときに税金を考慮する
  • 仮想通貨以外の資産残高も把握しておく
  • 感情を排除する

 

注意点①:売却するときに税金を考慮する

これは上述でも触れましたが、売却をして利確をしたら確定申告が必要な場合があります。

また仮想通貨は株式と違い、自動的に税金は引かれずに、確定申告の時に所得税を一括で納付します。

 

そのため、想定する税金を簡単にでも計算して、その分の現金は翌年の申告時まで保管しておきましょう。

 

注意点②:仮想通貨以外の資産残高も把握しておく

仮想通貨はリスクが大きいからこそ、適切にリスクをコントロールすることで資産形成の味方になりますし、筆者は仮想通貨でサイドFIREができました。

 

サイドFIREをした方法は下記の、

筆者が仮想通貨を利用してFIREした方法とは?流れや注意点も解説

で解説していますが、仮想通貨以外の現金や投資信託、株式などの保有比率も確認しておきましょう。

 

リスクが大きいからこそ、あなたの資産の内、仮想通貨への比率を増やしても人生のリスクが高まってしまいます。

 

注意点③:感情を排除する

リバランスする際に、”この仮想通貨はもっと上昇するだろう”と考えていたら、暴落することはよくあります。

 

そのため、感情を排除してこの比率になったら売却や比率が下がっている通貨の追加購入など、リバランスを徹底しましょう。

筆者は仮想通貨内でもリスクを考えて、ビットコインの比率は概ね2/3程度にしています。

 

資産全体のポートフォリオ、仮想通貨内のポートフォリオ、それぞれ管理をするようにしましょう。

 

まとめ:仮想通貨のリバランスを適切に行うことで資産形成の速度は加速する

今回は「仮想通貨のリバランス」について解説しました。

資産の内訳(ポートフォリオ)の見直しは大切です。

 

そして、このリバランスを面倒がらずに適切に行うことで筆者のように早期にFIREやサイドFIREをするまで資産を増やすことは可能です。

 

なお、筆者が実際に分散して利用している取引所3社は下記で解説しています。

国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!【この3社でOK】
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の始め方 仮想通貨の情報
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊blog

コメント