デジタル資産NFTとは?将来性や特徴、対象する仮想通貨を解説

NFTとは仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

NFTとは「Non-Fungible-Token」の頭文字をとった言葉ですが、2021年の今注目を浴びている市場です。

これからの世界を変革する可能性のある技術であり、NFTについて知ることで投資価値があるかどうかわかるかと思います。

 

NFTが今注目されてるらしいけど、何に使われてるの?

将来性があるなら投資したいけど何を買えば良いかわからないなぁ。

この記事では、

  • NFTとは何?
  • どこで活用されるの?
  • 社会的に実装されたら我々はどういうメリットがあるの?
  • 将来性があると感じた場合、何に投資をすれば良いの?

など、NFTに関する疑問や将来性に関して、トレーダーである筆者が徹底解説します!

 

NFTとは?

NFTとは、「世界に1つだけしか存在しない唯一のデータ」として価値を生み出すことができる代替ができないトークンのことです。

 

NFTトークン

引用元:Coincheck

 

トークンとは、ブロックチェーン技術を活用してデータ化する仕組みであり仮想通貨として利用されています。

 

NFTとはこの1トークン=1つのブロックチェーンとして記録することができる技術です。

 

そしてこのNFTはイーサリアム規格のERC-721とERC-1155のどちらかをベースとしており、

スマートコントラクト(自動的に契約する機能)も備わっています。

 

NFTは何に使われるの?

上記ではまだぼんやりしている方もいるかと思うので、事例を交えて何に使われているか説明します。

例えば、

  • ゲームの中のアイテムやキャラクター
  • 絵画などのアート
  • 何かの購読する権利
  • 靴などのモノ
  • その他、有形、無形関係なく様々なモノやサービス

 

正直幅広いジャンルで活用可能です。

既にある事例で、世界のシューズメーカーであるナイキはこのNFT技術を活用して、靴にNFTで発行したトークンを紐付けました。

 

靴とNFTトークンを紐づけることにより、ブロックチェーン技術でその靴は唯一無二の靴であることを証明できます。

 

それは、トークンの中にスマートコントラクト機能とブロックチェーン技術が入っているため、所有者の情報が暗号化されたデータとして入っています。

 

そしてこのトークンを他人に売買することで、ナイキの靴を他人に売却することができ、かつブロックチェーン技術により所有者が移転した記録も残されます。

 

そしてこの靴を有名人が利用していた靴であり、世の中にはその有名人が利用していた靴は、

本来1万円の靴だが、5万円でも良いから買いたいという人が現れた場合、5万円で売買することが可能です。

 

これは、他の絵画の世業界や、最近話題であるゲーム市場で、唯一無二のキャラクターやアイテムを作り、このゲーム内のアイテムをNFTトークンと紐付けて売買することも起きています。

 

今までで一番高価なNFTの売買とは

過去最高値は、クリプトキティーズという猫を育成するゲーム内で「ドラゴン」と名付けられている猫が600ETH(当時約1900万円)で売買されました。

 

ゲーム市場の中のキャラクターでこのような金額で売買が実際に行われています。

実際のクリプトキティーズというゲームはこちらです。

 

NFT,ゲーム

引用元:クリプトキティーズ

 

NFTの将来性や価値とは?

NFT市場は、

2019年:約220億円

2020年:約330億円

と増加傾向にあります。

 

しかし、個人的にはまだ330億円程度の規模であると感じています。

NFTは唯一無二のトークンを生成して、モノやサービスと紐付けます。

 

つまり、トークンを発行するために仮想通貨を利用する必要があるのです。

仮想通貨業界の参入者が少ない2021年現在では、まだ市場参加者が少ない状況です。

 

そして、重要なことが「唯一無二」であることを証明する技術です。

NFTはイーサリアムベースであるスマートコントラクトを利用しているからこそ、所有者が担保されています。

 

デジタルが加速しているからこそ、所有者を証明する技術、そしてリモートで欲しいものが売買できる技術、そしてゲーム内など非現実の世界でも所有権を持つことができること。

 

これらは未来的な需要において非常に将来性を感じることができます。

 

また唯一無二ということを証明できる技術であることから、幅広いジャンルで活用できます。

例えば、

  • アート分野
  • アイドルなどのトレーディングカード
  • オンラインサロンなどの会員権
  • 様々な”モノ”
  • 不動産関係の所有権

 

様々な分野で活用することができ、ブロックチェーン技術があるからこそ、所有者が明確であり盗難などもなくなります。

 

また、このトークンは売買可能であることから、他人に売却することも可能です。

 

例えば、「NFT Studio」では、イラストレーターが発行したNFTアート作品を売買することが可能であり、購入したNFTアート作品はさらに売買することが可能です。

 

NFTアートをAさんがクリエイターから購入し、後日Bさんに売却することが可能です。

 

NFT,アート

引用元:(画像:CryptoGames

 

NFT関連に投資をするには

投資をする場合は、NFTのための仮想通貨を保有しておきましょう。

筆者はリスクの観点から国内取引所で購入することをおすすめしているため、国内取引所で購入できる銘柄のみ選定しています。

 

  • エンジンコイン(ENJ)
  • トロン(TRN)
  • (イーサリアム)(ETH)

 

まずイーサリアムに関しては直接的ではなく、イーサリアムの規格を利用された技術であることから間接的に期待できるということで挙げています。

 

現在、国内取引所でNFTに関連する仮想通貨は上記のみです。

エンジンコインはコインチェック上場後、約3倍以上の価格に上昇しています。

 

それぞれの仮想通貨の購入できる取引所は

2021年3月17日時点では、国内で購入できる取引所は下記のみです。

 

・エンジンコイン:コインチェックのみ

・トロン:BITPOINTのみ

 

まとめ:NFT市場は将来的に大きな市場となり得る可能性を秘めている

NFTとは

 

今回は2021年に話題となっている「NFT」について解説しました。

デジタル世界を加速化させる技術であり、既に世界的企業が導入している事例もあることから将来性が楽しみな市場です。

 

そして、将来性を感じた方は関連する仮想通貨を保有しておくことで、数年後に大きく上昇する可能性を秘めています。

 

ただし、時価総額が少ないからこそリスクが大きいこと、そして必ず上昇するとは限らないことを理解して少額で購入してみましょう。

 

またNFTに関連する仮想通貨を国内で購入できるのは2021年3月時点で、

  • コインチェック
  • ビットポイント

のみであり、トロンに関しては上場が3月17日であることから、エンジンコインのように上場後に急騰する前に購入することもアリです。

 

そのためにもアカウント開設は無料であるため、早めに開設だけでも済ませておきましょう。

 

コインチェック公式サイトはこちら

ビットポイント公式サイトはこちら

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|マーケター|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知り、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消することを目標に正しい情報を発信し続けている。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の情報 仮想通貨の種類
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金融相談アカデミー

コメント