ビットコイン(仮想通貨)のマイニングとは?仕組み、方法を解説

ビットコイン,マイニング仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

ビットコインや仮想通貨の仕組みの1つに「マイニング」があります。

マイニングはよく「採掘する」と表現することもあり報酬を得ることも可能ですが、そもそもマイニングって何?と思う方もいますよね。

 

マイニングでビットコインが貰えるの?

でもそもそもマイニングの仕組みとかも知りたい。

 

この記事では、

  • ビットコインのマイニングとは何?
  • マイニングで稼ぐことは可能?
  • ビットコインのマイニングの仕組み、方法を簡単に知りたい

このような方に向けて、ビットコイン、仮想通貨のマイニングに関する仕組みなどの基本を解説します!

 

ビットコインの仕組みとは

マイニングを知るためには、まずビットコインなどの仮想通貨の仕組みを理解する必要があります。

 

ビットコインなどの仮想通貨はベースとして「ブロックチェーン技術」を利用しています。

 

ブロックチェーンとは、1つのブロックに取引情報などが詰まっており、それがチェーン(鎖)のように繋がっているものです。

ブロックチェーン

引用元:経済産業省 商務情報政策局 情報経済課

 

上記画像のイメージのように、1つのブロック内に”自分がビットコインを保有している”という情報が入っており、これを誰かに送金した先に、もう1つブロック(情報)が生成されます。

 

このビットコインを送金したことにより、所有者が移動した記録の連続がブロックチェーンです。

 

ブロックチェーンに関する詳細は下記の、

ブロックチェーンとは?今さら聞けない基本的な仕組みや特徴を解説

で解説しています。

 

ビットコインは誰も管理していない

ビットコインや他の仮想通貨の多く(一部を除く)が、管理している団体や個人が存在しない「非中央集権型」と呼ばれる仕組みです。

 

日本円を管理しているのは「日本銀行」であり、預金などを管理して送金のシステムなどを運営するのが「銀行」であるように、通常は管理している団体が存在します。

 

その一方でビットコインなどは管理している団体が存在せず、ネットワーク参加者が相互に監視し合っている状況です。

 

ブロックチェーンとは

引用元:経済産業省 商務情報政策局 情報経済課

 

上記の画像のイメージのように、ネットワーク参加者が相互にチェックし合っている環境です。

そのため、銀行がシステム障害を起こして送金できないなどの問題は、仮想通貨では発生しません。

 

ビットコインのマイニングとは

ビットコインなどのマイニングは、今前でのビットコインの仕組みから、

  • 取引記録をブロックチェーンで繋ぎ続けている
  • 非中央集権で相互に監視し合っている

ことを解説しました。

 

そして、例えばビットコインを送金する際に、次のブロック(情報)を生成して、新しく情報をブロックチェーン(台帳)に繋ぐ必要があります。

 

この時に第三者が、「このビットコインの送金作業は正常です」と承認する必要があるのです。

この承認作業のことを「マイニング」と呼びます。

 

マイニングの仕組みとは

マイニングには「ハッシュ関数」と呼ばれる関数を利用します。

ビットコインの場合は、0と1により構成された256桁の固定の数値を出力をしています。

 

ここでは難しくなるので、大量の数字が並んだ計算処理と考えて構いません。

 

この数字の処理を正しく行い、「ビットコインの送金は正常です」と承認をすることがマイニングであり、この承認(マイニング)を行った人が報酬としてビットコインを受け取ることができます。

 

しかし、マイニングは世界中で行っており、最初に承認作業を行った人が報酬を受け取ることができるため、相応の高速な処理能力をもったコンピューターが必要です。

 

マイニングの種類や方法とは

ビットコイン,マイニング

 

マイニングには、

  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

の3種類があります。

 

ソロマイニングとは

ソロマイニングとは一人でマイニング(承認作業)を行う方法です。

一人で承認作業を行うため、成功すると報酬も全て自分で貰えるため収入が大きいです。

 

しかし、マイニングするだけの設備を一人で揃える必要もあります。

 

プールマイニングとは

プールマイニングとは、グループ単位でマイニングを行うことです。

マイニングは高度な設備に、高額な電気料金が発生するため維持費がかかります。

 

これらの費用を分散する代わりに報酬も分散します。

 

クラウドマイニングとは

クラウドマイニングは、マイニングを行っている団体に出資をすることで代わりにマイニングしてもらいます。

 

マイニングは膨大な電気料がかかるため、海外の電気料が安い国に設備を構えているケースが多いです。

 

ビットコインのマイニングは稼げるの?

マイニングを行った際に、1回の承認作業(マイニング)が成功すると、6.25BTCが貰えます。

(2021年4月時点)

6.25BTCは2021年4月14日時点のレートだと「約4131万2500円」です。

 

しかし、あくまで承認が最初にできた人や団体が貰えるものであり、かつ上述した通り、ブロックチェーンの1つのブロックには256桁の数字が並んでいます。

 

そのため、正常にデータを計算し、ブロック(情報)を繋ぐことは非常に難しいかつ有能なコンピューターが必須です。

 

そのため、個人がマイニングで稼ぐには「クラウドマイニング」でマイニングをするというよりも「出資をする」感覚に近いです。

 

ビットコインのマイニングには半減期がある

この半減期とは、マイニング報酬が半減する時期があります。

 

元々は1回のマイニング報酬は25BTCでした。

4年に1回、報酬の半減期があり、2016年に12.5BTC、2020年に6.25BTCへと報酬が半減しています。

 

そして、ビットコインは発行上限が2100万枚と供給量が決まっています。

計算上2140年頃に全ての2100万枚が供給されることとなっています。

 

ビットコインのマイニングに半減期がある理由とは

半減期を作る理由は、需要と供給のバランスを調節するためです。

 

マイニングを行うことでビットコインが新しく発掘(供給)されます。

価格は需要と供給のバランスによって決まります。

 

マイニングによって供給量(市場に出回るビットコイン)が増加するということは、価格の下落に繋がります。

 

そのため、需要の増加に併せて、供給する量(マイニング報酬)を減らしていくことで価格の維持と安定化を図っていました。

 

しかし、2021年現在は供給量よりも急激な需要の増加で価格が急上昇している状況であり、金と非常によく似た相場となっているのが現状です。

 

マイニングで得た報酬の税金は?

2021年現在は、マイニングで得た報酬は仮想通貨に関することであり「雑所得の総合課税」もしくは「事業所得」のどちらかに分類されます。

 

雑所得か事業所得かの明確な線引きはありませんが、事業として設備を構えてマイニングを行う場合は、事業所得になる可能性があります。

 

その一方で「クラウドマイニング」で出資をして、マイニングをして貰い、報酬を受け取る場合は「投資」に近いため、”雑所得”になる可能性が高いです。

 

まとめ:マイニングがあることでビットコインの取引が成立している必要不可欠な存在

今回は「ビットコインのマイニング」について、仕組みや方法などを解説しました。

 

世の中の誰かがマイニングで承認作業をすることで、仮想通貨の取引が正常に行われています。

 

しかし、収入を得る目的でマイニングを始めたい方は必要な設備の経費、出資額などをきちんと調べて採算が取れるか考える必要があります。

 

マイニングについて概要を理解するだけで、仮想通貨の仕組みは詳しくなったと思います。

 

実際に仮想通貨投資に関することに関しては、下記でロードマップとして解説しているため参考にしてみてください。
ビットコインの始め方とは?ロードマップを解説【初心者向け】
【これから仮想通貨を始める方】どんなリスクがあるの?どこで買えば良いの?正しい投資方法を知りたいなど疑問がたくさんあるはずです。仮想通貨歴5年を超える私が仮想通貨を始めるためのロードマップを徹底解説し、この記事で仮想通貨初心者を卒業できます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント