仮想通貨で勝つにはメンタルが大切!正しい考え方、鍛え方を解説

仮想通貨,メンタル仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

仮想通貨投資は価格変動大きい=リスクが大きいからこそメンタル管理は重要です。

特に相場が大きく下落して、メンタルにダメージを負ってしまい本業に集中できなくなることは危険です。

この記事では、

  • 仮想通貨投資にはメンタルが非常に重要な理由
  • 仮想通貨投資でメンタルに耐える前提の思考とは
  • メンタルを守るための方法を知りたい

など仮想通貨投資をする上で、リスクが怖い、メンタルに気をつける方法を知りたい方に向けて、仮想通貨歴5年以上の筆者が解説します。

 

仮想通貨投資はメンタルが重要

仮想通貨投資をする際には「メンタル」が非常に重要です。

なぜなら”価格変動”が他の投資商品よりも大きいため、短期的に考えると大きく値動きがするため日々の値動きが気になってしまいます。

 

下記がビットコインの価格変動です。

【通年】

bitcoin,価格

 

【2020年5月21日〜2021年5月20日の1年間】

bitcoin,価格

 

このように直近1年間でも、6.8倍にまで上昇し、直近は高値から約0.56倍にまで減少しています。

そのため、もしも高値で100万円購入していたら現在は56万円の評価まで減少しています。

 

もちろん売却をしなければ損失確定ではありませんが、44万円減少しているのは精神的に良くありません。

 

仮想通貨の正しい考え方は評価損になるのが当たり前だと思う

上記の画像のように、通年で見ても、直近で見ても大きく価格変動をしているからこそ、大抵のタイミングで一度は評価損になります。

 

ビットコインの1日の平均価格変動(ボラテリティ)は4.5%程度あります。

だからこそ、1週間単位、1ヶ月単位、1年単位で確認すると20%、40%と価格変動は起きる投資先なのです。

 

価格が右肩上がりに上がり続ける相場は存在しません。

必ず上昇したら、利益確定で「売る」人がいるからこそ、必ず下がるタイミングがあるのです。

 

だからこそ、このような価格変動に耐えるメンタルが重要なのです。

 

仮想通貨は長期投資が大前提

仮想通貨において長期投資は鉄則です。

特に、

  • 投資初心者
  • 日常は仕事をしていてあまり相場をチェックできない方
  • 投資メンタルが備わっていない方

は短期投資よりも長期投資から始めること、そしてその間に相場の変動に慣れることが大切です。

 

再度上記の画像を確認してみましょう。

bitcoin,価格

 

2018年初めに約1BTC=200万円まで急上昇し、その後に1BTC=約40万円まで下落しています。

このとき、高値で購入していた方は、仮に100万円分購入していたら20万円にまで下落していました。

 

しかし、そのまま保有を続けていたら、最高値で2021年に1BTC=約688万円まで上昇したため、

100万円は344万円にまで上昇しました。

 

このように約3年強保有していれば、かなり利益を得ることができていたのです。

だからこそ長期投資は重要であり、途中20万円にまで下落した時にもメンタルを保つ必要があったのです。

 

なお、仮想通貨の長期投資の詳細はおすすめ仮想通貨は下記の、

仮想通貨と長期投資は相性が良い。長期投資向けの仮想通貨は何がある?

でも詳しく解説しています。

 

仮想通貨投資でメンタルを強くする、鍛える5つの方法とは

仮想通貨,メンタル

 

仮想通貨投資は価格変動が大きいからこそメンタルを守ることは重要です。

ここではメンタルを守るための方法を解説します。

  1. 仮想通貨投資は余剰資金の10%〜20%程度まで
  2. 購入する通貨の目的を知り、将来性を考える
  3. 投資に慣れていない場合は相場は週に一度程度のチェック
  4. 投資のルールを決めよう
  5. 国内取引所かつ現物取引のみ投資する

この5つを守ることでメンタルを守ることが可能です。

それでは詳しく解説していきます。

 

その①:仮想通貨投資は余剰資金の10%〜20%程度まで

仮に先ほどは100万円投資した例を出しましたが、投資できる軍資金が100万円であり、フルにビットコインに注ぎ込んだ場合は、相当なストレスです。

 

しかし、仮に100万円の軍資金のうちの10万円だけ購入していたら、10万円→2万円なため、メンタルの影響も少ないです。

 

リスクの高い投資先は少額で、リスク分散をすることが鉄則です。

 

その②:購入する通貨の目的を知り、将来性を考える

今回はビットコインを例に解説していますが、ビットコインの価格が上昇したのは2020年頃から、

  • インフレ対策になる
  • 新興国の自国通貨を保有すると目減りしてしまう
  • 資産のリスクヘッジ
  • 金の代替となるデジタルゴールドの認識が高まった
  • 世界的大手企業やカナダのETF承認など政府も参入

など様々な要因がありました。

つまりは将来性があり、需要があったということです。

 

これは他の仮想通貨も同じであり、例えばイーサリアムのプラットフォーム、リップルの送金や決済技術など、仮想通貨の目的を知って、その仮想通貨は将来的に需要があるのかを判断しましょう。

 

その③:投資に慣れていない場合は相場は週に一度程度のチェック

ビットコインの価格の推移を見ると価格変動が激しいことがわかります。

1日の価格変動の平均が約4.5%であることから、100万円分買って、明日には95万円や105万円になる可能性は十分あります。

 

そのため、日中に価格変動が気になって仕事に集中できなければ本末転倒です。

もしも気になる場合は、なるべく週末だけしか相場を見ないなどルールを作りましょう。

 

その④:投資のルールを決めよう

投資のルールを決めることも大切です。

例えば筆者の場合は、評価額が20%上昇したら絶対に売却すと決めています。(短期トレードに限りますが)

長期用の仮想通貨は数年単位でガチホしているため、ほったらかしです。

 

そこで活用できるのが、取引所のアプリなどにある「通知機能」です。

指定した仮想通貨が指定したレートに達したら通知してくれるサービスです。

 

これを購入した金額に評価額が20%乗った金額のレートを通知設定して、通知されたら売却する。

そしてそれまでは相場を見ない!なども有効です。

 

その⑤:国内取引所かつ現物取引のみ投資する

もともと仮想通貨を購入することがリスクがあるとお伝えしました。

そのため、仮想通貨投資で大切なことはいかに他のリスクを排除するかです。

 

だからこそ、国内取引所を利用することで金融庁の管轄内で投資する、

レバレッジ取引(信用取引)をしないなど、さらにリスクを取る必要はありません。

 

最初は、

  1. 自分に合った取引所を探す
  2. 国内で購入できる仮想通貨の目的を知る
  3. 5年後、10年後にその通貨が必要とされるか想像する
  4. その仮想通貨を現物で購入してガチホする

これが仮想通貨投資の最初の王道方法です。

 

また他の仮想通貨に対する不安などに関しては下記の、

仮想通貨はなくなる可能性あるの?不安を取り除いてから投資を検討しよう

でも解説しています。

 

まとめ:仮想通貨投資は正しい投資をすればメンタルに影響はない

今回は仮想通貨に投資する上ではメンタルが非常に重要なことについて解説しました!

  1. 仮想通貨投資は余剰資金の10%〜20%程度まで
  2. 購入する通貨の目的を知り、将来性を考える
  3. 投資に慣れていない場合は相場は週に一度程度のチェック
  4. 投資のルールを決めよう
  5. 国内取引所かつ現物取引のみ投資する

 

これらを守ることでメンタルを保ちつつ、投資をすることができます。

あとは、なるべくセキュリティがしっかりしている取引所を選べば問題ありません。

 

下記では筆者が実際に分散して利用している取引所3社を紹介していますので参考にしてください。

【この3社でOK】国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント