【危険】今後日本で上場する仮想通貨が良いとは限らない理由とは

仮想通貨,上場仮想通貨
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

仮想通貨が日本で上場すると気軽に新しい仮想通貨が購入できるようになるため、価格の上昇が見込まれるのでは?と思う方も多いかと思います。

しかし、日本で買えるからとすぐに飛びつくのは危険です。

 

この記事では、

  • 日本で仮想通貨上場する裏側の秘密
  • 仮想通貨が上場したらすぐに飛びついてはいけない理由
  • 今後の仮想通貨の正しい買い方とは

これらについて、なぜ日本で上場する=良いとは限らないのかトレーダーが徹底解説します!

 

今後日本で仮想通貨が上場してもすぐに飛びついてはいけない

2020年後半から仮想通貨が盛り上がっており、国内の取引所でも複数の仮想通貨が取扱いを開始しています。

2021年3月現在、どの仮想通貨も目的が明確であり、どれも将来性を感じる仮想通貨です。

 

その理由の1つとして、「国内の取引所で取り扱うには金融庁の承認が必要」と言われていることがあります。

 

そのため、詐欺の可能性がある仮想通貨が取扱い開始することはないため、仮想通貨初心者は国内で購入できる仮想通貨から選ぶことが良いです。

 

しかし今後、国内で取扱い開始する仮想通貨に飛びつくことはおすすめしません。

 

その理由として、「金融庁が承認した≠価値のある仮想通貨」とは限らないからです。

そしてその理由を知るには、国内取引所で仮想通貨が取り扱うまでの流れを理解する必要があります。

 

日本で仮想通貨が上場する流れを知っておこう

まず2018年にコインチェックでネムがハッキングされた事件がきっかけとなり、仮想通貨にまつわる「資金決済法」の法律が強化されました。

 

そのため2017年までは、各取引所の判断で取り扱う仮想通貨を選定していたため、当時買えたけど、今は国内で買えない仮想通貨もあります。

 

そこで現在の国内取引所が仮想通貨を取り扱うための流れとして、

①:上場したい仮想通貨に関するチェックリスト(用途、開発者など)を金融庁に提出

②:金融庁が提出された資料を業界団体に審査を依頼

③:業界団体が審査、調査した結果を金融庁にフィードバック

④:金融庁が調査内容を元に判断する

 

このように実際の仮想通貨の判断は金融庁は行っていないのです。

上場希望する仮想通貨のチェックリスト項目も多く資料作成が大変な上に、審査も外部委託をしていることから審査結果まで1年とかもかかるケースがあります。

 

つまり、1年も経過していると有望な仮想通貨も海外で既に価格が上昇してしまっている可能性があるのです。

 

承認される仮想通貨はとにかく安全第一

これは金融庁が顧客保護の観点と言えば当然ですが、2017年頃に仮想通貨の詐欺が横行したからこそ、厳しくなりました。

 

そのため、2017年頃にコインチェックで購入できた「モネロ」という仮想通貨などは購入できなくなりました。

 

この仮想通貨は「匿名性」に優れた仮想通貨であり、犯罪に使用される可能性があるからこそ危険性が高く、国内では取扱い禁止されました。

 

安全第一ということは、ギャンブルに利用される可能性がある仮想通貨などは取扱いができません。

このことから、これから国内で取扱いが開始する仮想通貨は、

  • 安全第一
  • 無害
  • ギャンブル性がない

このような仮想通貨が上場できるようになっています。

 

そのため、カルダノ(ADA)などもイーサリアムと比較対象されるほどの将来性がある仮想通貨でも国内で取り扱うことができないのです。

なお、海外では各取引所が取り扱う仮想通貨を選定しています。

 

今後の正しい仮想通貨の判断方法とは

これから仮想通貨を購入する方で、購入する基準としては

社会に必要とされるか、政府が後押しするかどうか

を基準に考えると良いです。

 

例えば、イーサリアムやIOSTなどは社会に必要とされる目的を持った仮想通貨です。

 

イーサリアムであれば「スマートコントラクト」(自動的にブロックチェーン上で契約事項を記録する技術)があります。

これは契約するときに書面で印鑑を押してなどという作業をなくし次世代の社会を作ることが可能です。

 

また、IOSTであれば、ブロックチェーンを日常で当たり前になるためのプラットフォームを作っています。

今後内閣府としても、「Society 5.0」としてサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)の融合を目指しています。

 

これにはブロックチェーン技術が必要不可欠だからこそIOSTの技術は必要とされる可能性があります。

 

このように政府も必要とする「社会性」のある仮想通貨を選ぶようにしましょう。

 

まとめ:今後国内で上場する=良い仮想通貨とは限らない、社会性をチェックしよう

仮想通貨,上場

 

今回は、今後の仮想通貨を購入する上で、取引所に上場したらすぐに飛びつかないようにすべき理由を解説しました。

 

再三ですが、大切なことは「社会性があるか」で判断しましょう。

そして社会実装するには、まだ数年はかかります。

 

だからこそ将来性を感じたら数年は長期保有するつもりで購入しましょう。

なお、こちらで安全性も考慮したおすすめ取引所ベスト3を解説しており、この3社を利用すれば間違いありません。
【この3社でOK】国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|マーケター|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知り、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消することを目標に正しい情報を発信し続けている。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の情報
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金融相談アカデミー

コメント