仮想通貨は国内取引所で購入し、保管するべき5つの理由とは

仮想通貨,国内取引所仮想通貨
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

仮想通貨市場が盛り上がっている中、仮想通貨をどこで購入するか悩みますよね。

人によっては海外取引所の方が手数料も安いし、DeFi(分散型金融)を活用して、利息を得ることができるから海外取引所をおすすめする方もいます。

 

しかし、この記事では国内取引所をおすすめしています。

  • 仮想通貨の取引が中級以下だと感じている方
  • 大きなリスクを冒したくない方
  • 仮想通貨を長期投資として堅実に保有したい方
  • 仮想通貨トレーダーとして短期売買をする予定のない方

このような方に向けて、仮想通貨は国内取引所で購入して保有するべき理由をトレーダーとして徹底解説します!

 

仮想通貨は国内取引所で購入するべき3つの理由とは

今回は仮想通貨は国内で購入することをおすすめしていますが、それには理由があります。

その理由をしっかりと理解した上で取引しましょう。

  1. 海外取引所は金融庁に認可されていない
  2. 海外取引所で購入する場合、日本円対応していない
  3. 取引画面が国内の方がわかりやすい
  4. 国内には積立サービスや貸仮想通貨など複合的サービスがある
  5. 補償制度がある取引所もある

これらについて解説していきます。

 

その1:海外取引所は金融庁に認可されていない

金融庁はこちらで、日本人に対して仮想通貨を販売する企業は金融庁の認可を受けなければならないと定めています。

 

これは海外の取引所も同じであり、世界的な仮想通貨取引所である「Binance」に対しても日本人に仮想通貨は販売できない旨の警告を出したことがあります。

金融庁,Binance

引用元:金融庁

 

2021年3月時点では、Binanceの対応は日本向けサービスは辞めるけど、登録は自己責任でできます。

というスタンスです。

また、現時点では、金融庁も海外の取引所に対して罰則などまで取り締まることはできません。

 

そのため、Binanceのアカウントを今から開設することも可能ですし、取引を行うことは可能です。

 

しかし、国内取引所は金融庁の審査があるからこそ、守られていることにも繋がります。

 

海外取引所の仮想通貨取扱い基準とは

海外取引所では取引所ごとで仮想通貨の取扱いをするか判断しています。

 

そして取扱いの判断基準は「上場したい仮想通貨団体が取引所にお金を払う」ことで上場ができてしまいます。

つまり取扱い基準は緩いのです。

 

そのため、日本で購入できる仮想通貨は厳正な審査を得ているからこそ、取扱数は海外と比べて数は少ない代わりに将来性のある仮想通貨に厳正されているのです。

 

その2:海外取引所で購入する場合、日本円対応していない

日本円が対応している取引所がないということは、一度国内取引所で仮想通貨を購入してから、海外取引所に送金する必要があります。

 

そのため、非常に手間が感じてしまうこと、そして日本円に現金化するためには逆に国内取引所に送金してから、日本円に売却する必要があります。

 

このように手間がかかること、追加で送金手数料が発生するため、面倒さがあります。

 

その3:取引画面が国内の方がわかりやすい

国内取引所の画面は非常にシンプルな作りになっており、初心者でも直感で売買しやすい取引所が多いです。

 

海外取引所は英語はもちろん、複数のサービスや取り扱う仮想通貨数が多い分画面を見ると複雑さを感じてしまいます。

実際の画面がこちらです。

【Binanceホーム画面】

Binance,画面

 

【ビットフライヤーホーム画面】

ビットフライヤー,画面

 

Binanceを参考にしましたが、トレードの他にサービスが多様にあったり取扱い仮想通貨数が多いことから慣れることが必要です。

 

ビットフライヤーなどの国内取引所であれば直感的に売買することや日本円の入金ができます。

 

その4:国内には積立サービスや貸仮想通貨など複合的サービスがある

例えば、「コインチェック」「ビットフライヤー」などでは仮想通貨の積立サービスがあります。

 

毎月積立をすることで、ドルコスト平均法を活用することができ、価格変動の大きい仮想通貨とは相性が良いです。

 

ビットフライヤーであれば100円から積立ができるため、まず少額で始めてみようという方にもおすすめです。

 

また、貸仮想通貨というサービスもあります。

これは保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことで利息を得ることが可能です。

 

固定金利で3%〜5%の高金利かつ固定金利でもらうことができるため、仮想通貨をほったらかしで長期保有する方は、貸し出しておくこともアリです。

 

その5:補償制度がある取引所もある

補償制度は取引所によって異なりますが、例えばビットフライヤーでは、条件を満たしている場合最大で500万円まで補償してくれます。

 

長期投資、ほったらかし戦略(ガチホ)をする方は不正ログインで引き出しされるリスクがありますが、補償制度があることにより「安心さ」があります。

 

仮想通貨は送金先が海外などであると、送金先がブロックチェーンで暗号化されているため、追うことが難しいです。

そのため、セキュリティで取引所を選ぶことも重要です。

 

まとめ:仮想通貨は資産を守る上でも国内取引所で取引しよう

仮想通貨,国内取引所

 

今回は、仮想通貨を取引する場合は「国内取引所を利用すること」について解説しました。

特に重要なことは「仮想通貨に関する詐欺が多い」からこそ、法律で守ってくれる金融庁の管轄内に置いておくことが大切です。

 

仮想通貨を購入する場合は、セキュリティ面でも対策を徹底している取引所が安心です。

こちらでは国内取引所のおすすめベスト3を解説しており、どれもセキュリティが強いためここから選ぶことで間違いありません。

 

無料で10分程度で手続きできるため、参考にしてみてください。

国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!【この3社でOK】
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨取引所
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊Blog

コメント