【仮想通貨】買い時の通貨とは?おすすめする4銘柄を厳選紹介!

仮想通貨,買い時仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

仮想通貨は日々値動きが大きく、買い時のタイミングって難しいですよね。

2020年12月時点で、ビットコインは過去最高値を更新しました。

この記事では、

  • アルトコインでも買い時はいつ?
  • むしろ買い時なアルトコインは何があるの?
  • おすすめなアルトコインが知りたい

などの疑問に対して、仮想通貨トレーダーが徹底解説してきます!

 

仮想通貨の買い時通貨とは

  • ステラルーメン(XLM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ファクトム(FCT)
  • アイオーエスティ(IOST)

これらのアルトコインは将来性がありつつ、2020年12月現在、価格としても買い時でありおすすめな仮想通貨です。

 

ではそれぞれの仮想通貨の特徴や現時点での価格を解説していきます。

※この記事では、各仮想通貨の特徴のみを解説しており、詳細はそれぞれの通貨の記事で紹介しています。

 

ステラルーメン(XLM)の特徴

・個人向けの送金、決済で利用することを目的としている

・SCPという独自のアルゴリズムを採用により、信用性、セキュリティを高めている

・デジタル資産が新規に発行可能なため、USDTのように法定通貨連動型の仮想通貨を作成することができる

・送金手数料が他の仮想通貨よりも安い

 

これらの特徴を持った仮想通貨であり、詳細はこちらで詳しく解説しています。

ステラルーメン(XLM)の特徴や今後、おすすめ取引所などを解説
ステラルーメン(XLM)はどのような仮想通貨なのか、将来性やおすすめの取引所がどこか気になりますよね。 この記事では、これらのステラルーメン(XLM)に関する疑問に対して、なるべく初心者に分かりやすく解説していきます!

 

ライトコイン(LTC)の特徴

・小規模の送金や決済を目的として開発された

・ビットコインと同じP2Pの仕組みがベースであり、ビットコインよりもトランザクションが速い

・ビットコインが金なら、ライトコインは銀という位置付けで開発された

・ライトニングネットワーク(メインとは別サイドでもブロックチェーンを作る)に対応しており、高速送金を実現する

・PayPalで取扱い可能であり、決済性としての利用見込みが高い

 

これらの特徴を持った仮想通貨であり、詳細はこちらで詳しく解説しています。

【仮想通貨】ライトコインとは?将来性や購入先のおすすめ取引所を解説
仮想通貨のライトコインとは時価総額ランキングは常に上位であり、有名な仮想通貨の1つですが投資対象として将来性はどうなのか気になる方もいますよね。 この記事ではライトコインに関して初心者向けに特徴や将来性、どこで購入するのが良いかなど解説していきます!

 

ファクトム(FCT)の特徴

・膨大な記録や情報をブロックチェーン上で管理する仕組みを目的

・ビットコインの機能を拡張するレイヤー(層)を活用することで、負荷が軽減される

・ファクトムには「ファクトイド」と「エントリークレジット」の2つの通貨があり、相互に利用することで情報漏洩リスクが徹底されている

・とあるデータが、とある時刻に存在したことを証明する技術がある

・情報管理に関する膨大なコスト削減が見込めるため、社会への実用性が高い

 

これらの特徴を持った仮想通貨であり、詳細はこちらで詳しく解説しています。

仮想通貨ファクトム(FCT)の特徴や今後、購入できる取引所などを解説
仮想通貨のファクトム(FCT)はどのような仮想通貨なのか。 ファクトムの今後や購入する場合、どこの取引所を利用するのが良いのか気になりますよね。 ファクトム(FCT)に関する疑問に、実際にファクトム保有者の私が、初心者向けに解説していきます!

 

アイオーエスティ(IOST)の特徴

・ブロックチェーンが日常的に利用されることを目的としたプラットフォーム

・処理速度は日常で利用されるクレカ決済よりも速い

・シャーディング技術という処理する際に並列作業を行うことでスケーラビリティ問題を解決

・プラットフォームはJavaScript言語のため、汎用性が高い

・PoB(公平且つ高速な処理能力と非集権性が実現)という独自のアルゴリズムを採用

 

これらの特徴を持った仮想通貨であり、詳細はこちらで詳しく解説しています。

【仮想通貨】IOSTは激アツ?!今のうちに買うべき5つの理由
仮想通貨のIOSTは将来性のある仮想通貨の1つですが、今後はどうなの?どのような仮想通貨なの?など気になるかと思います!トレーダーの私がIOSTを買うべき5つの理由に関して徹底解説します!

 

各仮想通貨の価格推移とは

仮想通貨,買い時

 

まず2020年12月にビットコインは過去最高値を更新しました。

ビットコインチャート

この理由は複数ありますが、大きな理由としては「ビットコイン=インフレ対策」という位置付けで資産のリスクヘッジとしての価値が認められてきたことが大きな要因です。

 

そのため、他の仮想通貨よりも一足先に価値が認められつつあるからこそ、価格の上昇につながっています。

そして、他の仮想通貨は通貨によって目的が違うため、まだ社会的に価値が認められていないからこそ価格が上がっていないのです。

そのため、上記でおすすめの仮想通貨が実用的になった際には過去最高値を更新する可能性は十分あるのです。

そこで、おすすめする4銘柄の現在と過去最高値の価格の乖離をチェックしてみましょう。

 

  • ステラルーメン(XLM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ファクトム(FCT)
  • アイオーエスティ(IOST)

これらの通貨をチェックしていきます。

Coin Market Capでの価格

 

ステラルーメン(XLM)の価格

ステラルーメン,価格

最高値:77.04円

現在価格:16.97円

最高値に対する現在価格の%:約22.02%

 

ライトコイン(LTC)の価格

ライトコイン,価格

最高値:3万4745円

現在価格:1万917円

最高値に対する現在価格の%:約31.42%

 

ファクトム(FCT)の価格

ファクトム,価格

最高値:8089円

現在価格:112円

最高値に対する現在価格の%:約1.38%

 

アイオーエスティ(IOST)の価格

IOST,価格

最高値:11.29円

現在価格:0.63円

最高値に対する現在価格の%:約5.58%

 

これらのように最高値からはまだ1/3や約1/100程度の価格で推移している通貨です。

そのため、ビットコインと同じく価値が認められ、過去のバブルに近づくことになれば、価値は数倍になる可能性を秘めている仮想通貨です。

 

まとめ:アルトコインはまだ価値が認められていないからこそ、遅れて価格上昇する可能性がある

・ステラルーメンとライトコインは決済用としての目的

・ファクトムとアイオーエスティーはブロックチェーンを社会浸透することを目的

・決済手段のための上記2銘柄の方が実用性に近く最高値に少し近い

・社会的に必要とされるまでは価格上昇を待つため、長期投資を心掛ける

・価格が安い今のうちに買っておくこともアリ

 

特にファクトムとアイオーエスティーはブロックチェーンを日常的に利用されることを目的としています。

将来的にはブロックチェーン技術は欠かせないからこそ、将来性は非常にありますが、すぐに社会実装することは難しいです。

 

そのため、その時が来るため「長期投資で今から積立をしておく」ことが非常に有効な投資戦略です。

そして積立をする場合は私も積立をしている「コインチェック」がおすすめです。

 

上記の4銘柄は全てコインチェックで積立することが可能であり、口座も5分程度で無料で開設できるため、チェックしてみてください。

コインチェック(Coincheck)のメリット、デメリットとは?元銀行員が徹底解説
ビットコインなどの仮想通貨を始めたいけどどこの取引所で購入すれば良いか分からないという方もいますよね。 この記事ではコインチェックで購入することをおすすめしていますが、その理由やメリット、デメリットを徹底解説していきます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント