仮想通貨のIEOとは?基本や仕組み、ICOとの違いをわかりやすく解説

仮想通貨,IEOとは仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

仮想通貨を利用した資金調達手段に「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」という方法があります。

ICOとは別にIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)が2021年夏にコインチェックで取り扱うことで注目され始めています。

この記事では、

  • IEOとは何?
  • ICOと何が違うの?
  • IEOのメリットやデメリットとは

など、IEOの基本について仮想通貨初心者向けに仮想通貨投資家がわかりやすく解説します!

 

仮想通貨のIEOとは

IEOは「Initial Exchange Offering」(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)の略で、

新しい仮想通貨プロジェクトのために発行するトークン(仮想通貨)を仮想通貨取引所が先行販売することです。

 

IEOに参加すると、投資家(出資者)は市場で売買される前の価格でトークンを購入することができ、上場後に値上がりする期待があります。

 

IEOとはどのような仕組み?

IEOは、新しく仮想通貨のトークンを発行してプロジェクトを立ち上げたい企業や団体の資金調達の手段です。

その際に、新しくトークン(仮想通貨)を発行して、プロジェクト内容をIEOを取扱う仮想通貨取引所に申請します。

 

そして取引所で審査が行われて、承認された場合にその取引所が仲介役となって投資家から資金を調達します。

 

IEOとICOの違いとは

ICOも仮想通貨を利用した資金調達手段ですが、IEOとICOの違いを確認してみましょう。

 

項目IEOICO
投資できる人誰でも可取引所利用者
投資先発行元取引所
投資方法直接仮想通貨を送金取引所に送金
管理者なし取引所
プロジェクト
の評価する人
なし取引所がチェック
透明性低い高い
セキュリティ低い高い
資金調達可否誰でも可取引所が審査する
外部チェック第三者or
ない場合も
KYC
AML
※1
プロモーション発行元が独自に発行元と取引所
発行コスト低い高い

 

このように、IEOは取引所が仲介となり取扱う責任があることからも、投資家はICOよりも安全に投資することが可能です。

 

また、発行元は取引所の審査を通し、安全性などがある代わりにコストがかかってしまいます。

 

※1:KYCとAMLとは

【KYCとは】

「Know Your Customer」の略で、顧客確認という意味です。

IEOの場合は、企業の実態確認のことです。

マネーロンダリングに利用される懸念が高まったことが背景により、企業でも実態確認が広がっています。

 

【AMLとは】

仮想通貨向けのマネーロンダリング対策のことです。

イギリスのFCA(金融行為監督機構)という機関が管理しています。

 

仮想通貨IEOのメリット

ではIEOで出資するメリットを知っておきましょう。

  1. 発行主体が明確に存在している
  2. 販売する取引所が内容をチェックする
  3. 取扱う取引所の上場が決定している
  4. プロモーションを取引所が手伝ってくれる

 

メリット①:発行主体が明確に存在している

IEOは取引所で取り扱いますがその際に、所在確認などを行うことから、発行主が明確に存在しています。

 

ICOでは、誰でもトークンを発行して資金調達できることから2017年ごろを中心に詐欺が横行しました。

その一方でIEOでは取扱う取引所も責任があることから審査を行い、健全な投資が可能です。

 

メリット②:販売する取引所が内容をチェックする

取引所がプロジェクトの内容を審査します。

そのため、プロジェクト内容に将来性がなかったり、内容が薄い場合は取引所の信用問題にも関わるため取り扱いしません。

 

メリット③:取扱う取引所の上場が決定している

審査が通った場合には、そのトークンは取引所での上場が決まっています。

 

ICOでは資金調達だけして、上場しないなどのケースも多数存在しましたが、先に投資をしてトークンが売却できないことはありません。

 

メリット④:プロモーションを取引所が手伝ってくれる

プロモーション活動は発行元と取引所で行います。

そのため、発行元もプロジェクトの開発や進行に集中しやすい環境です。

 

また、投資家としても取引所で取扱うIEO一覧をチェックすると、現在の募集状況などがわかるため情報収集のしやすさもあります。

 

仮想通貨IEOのデメリット

ではIEOを利用するデメリットも知っておきましょう。

  1. 購入できるトークンには取引所ごとに参加条件がある場合も
  2. 上場が決まっているから価格が上がるとは限らない
  3. 今後の法律の変化が起きる可能性も

 

デメリット①:購入できるトークンには取引所ごとに参加条件がある場合も

投資家は希望するプロジェクトに投資をしたい場合、取引所での口座開設は必須です。

また、その取引所で一定の取引がないと参加資格がない取引所もあります。

 

そのため、取引所によってはメインで取引をしたり、大口しか投資ができない可能性があります。

 

デメリット②:上場が決まっているから価格が上がるとは限らない

投資であるため、価格の推移は予測はできません。

プロジェクトの進捗具合によって上場しても暴落することや、上昇してすぐに利益確定で暴落するケースもあります。

 

そのため、取引所が審査を通して認めた=価格が上がるとは限りません。

 

デメリット③:今後の法律の変化が起きる可能性も

IEOに関して認知度が高まってきたのは、2019年〜2020年ごろと最近です。

後述しますが、2021年に始めて国内で取扱いが開始します。

 

仮想通貨業界は常に金融庁管轄の元、法整備が進んでいるため今後、IEOに関する法律が変更になる可能性もあります。

 

2021年夏にコインチェック(Coincheck)でIEOの取り扱い開始

IEO,コインチェック

 

2021年の夏に国内で始めて、コインチェックがIEOを開始します。

コインチェックでのIEOは、

  • コインチェック(株)
  • (株)Link-U(一部上場)
  • (株)Hashpalette

の共同による参画です。

 

まず初めに「マンガ・アニメ、スポーツ、音楽をはじめとする日本の文化コンテンツの更なる発展」をメインテーマとしてIEO分野に進出します。

 

仕組みとしては下記のスキームとなっています。

コインチェック,IEO

引用元:Coincheck公式サイト

 

IEOの参加方法とは

2021年の夏にコインチェックで取扱いが開始となります。

そのため、現時点ではコインチェックの口座を無料で開設して待っておきましょう。

コインチェック公式サイトはこちら

 

コインチェックでの正式な発表はまだですが、IEOに参加するには一定以上の仮想通貨保有者に権利が与えられる可能性があります。

 

余剰資金があるなら、相場が安いタイミングを狙ってビットコインなどメジャーな仮想通貨を保有しておくのもアリかもしれません。

 

まとめ:IEOとは取引所が仲介となる資金調達手段

今回は、仮想通貨を使った新しい資金調達方法である”IEO”について解説しました。

 

重要なことは、今後取引所が審査を通したからといって安易に購入せず、プロジェクト内容から将来性があるかを見極めましょう。

 

なお、コインチェック(Coincheck)に関するメリットやデメリットは下記で詳しく解説しています。

コインチェック(Coincheck)のメリット、デメリットとは?トレーダーが徹底解説
ビットコインなどの仮想通貨を始めたいけどどこの取引所で購入すれば良いか分からないという方もいますよね。 この記事ではコインチェックで購入することをおすすめしていますが、その理由やメリット、デメリットを徹底解説していきます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の始め方 仮想通貨の情報
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊blog

コメント