仮想通貨を放置するのはダメ!正しい運用は不労所得に変えるべき

仮想通貨,放置仮想通貨
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

仮想通貨を以前購入して放置している通貨を持っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、仮想通貨を放置してほったらかしにするのは、おすすめしません!

この記事では、

  • 仮想通貨を買ったけど放置している方
  • 仮想通貨を長期投資している方
  • 仮想通貨から不労所得を得たい方

このような方に向けて、仮想通貨の「正しい長期投資」をトレーダー兼FPが徹底解説します!

 

仮想通貨の放置をおすすめしない理由とは

仮想通貨,放置

 

過去に仮想通貨を購入して放置している方もいるのではないでしょうか。

しかし、長期投資のつもりでそのままにしているのはおすすめしません。

その理由を解説していきます。

  1. 過去に購入して放置している場合、セキュリティが甘い可能性がある
  2. 資産のリバランスを行うべき
  3. 放置するなら、仮想通貨レンディングを活用することで高金利で利息を得ることができる

これらについて解説していきます。

 

過去に購入して放置している場合、セキュリティが甘い可能性がある

ビットコインを始めとする仮想通貨は2017年の年末近くから2018年始め頃あたりに一度バブルが起きています。

この時にビットコインバブルに乗っかり購入してみた方もいるのではないでしょうか。

 

当時からそのまま放置をしていた場合、2021年1月現在は大きくプラスになっているはずですが、セキュリティ設定が甘い可能性があります。

特に仮想通貨に関しては、ネット上で取引するからこそ、不正ログインなどが狙われやすいです。

 

そこで今一度セキュリティが徹底されているか、取引所にログインをしてチェックしましょう。

チェックするポイントとして、

  1. ログイン時のパスワードは12桁以上、大英、小英、記号を可能な限り含み、ランダムにする
  2. 2段階認証設定をする
  3. スマホの生体認証設定がオンになっているか

これらは必須で設定するべき項目です。

 

ログイン時のパスワードも記憶では不可能なパスワードになるため、他の場所でパスワード管理もお必要になってきます。

 

そのため、ログインをすることに手間が発生しますが、ご自身の大切な資産を守るためにはやむを得ない設定です。

また、仮想通貨取引所の補償制度は充実しておらず、取引所によっては不正に出金されても補償されないケースもあります。

そのため、仮想通貨の世界は「自己責任」であることを念頭におきましょう。

 

資産のリバランスを行うべき

リバランスとは、ご自身の資産配分を見直して、投資先の比率を直す作業のことです。

 

例えば自分の資産配分として、

資産配分資産金額割合
現預金100万円25%
株式100万円25%
投資信託100万円25%
仮想通貨100万円25%

このように資産を分けて投資をしたとします。

 

1年後などにそれぞれの資産残高を確認した時に、仮に仮想通貨がバブルのように価格が上昇して資産価値が2倍になっていたとすると、

資産配分資産金額割合
現預金100万円20%
株式100万円20%
投資信託100万円20%
仮想通貨200万円40%

 

このように資産割合が変わってきます。

この時に仮想通貨の資産残高のうち、15%相当を売却して利益確定をすることで利益を得ることができます。

そして、再度当初の割合で配分することで、自分が考える資産配分(ポートフォリオ)に正すことができます。

資産配分資産金額割合
現預金125万円25%
株式125万円25%
投資信託125万円25%
仮想通貨125万円25%

 

もちろん、この時のライフプランなどに応じて配分を変更しても良いです。

(現預金を少し多めに保有しておくなど)

 

もしもこのリバランスを行わないと、せっかく仮想通貨の資産残高が増えていたとしても、利益確定をしないまま、価格が急落してしまい、利益が取れなくなる可能性もあります。

 

だからこそ、仮想通貨は放置せずに、数ヶ月に1度程度は相場を確認することも必要なのです。

 

放置するなら、仮想通貨レンディングを活用することで高金利で利息を得ることができる

仮想通貨レンディングとは、保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことで、利息を得ることです。

 

金利や貸出期間、募集している仮想通貨の種類などは取引所によって異なりますが、一般的に金利は固定金利で3%〜5%程度です。

 

ネットバンクの固定金利でも0.1%程度なため、固定金利で3%〜5%の利息は非常に魅力的な金利です。

しかも固定金利であることから、満期の期間が来たら必ず受け取ることができます。

※ただし、万が一取引所が破綻した場合は、貸している仮想通貨は返って来ません。

 

このように仮想通貨に対してポジティブに考えており、長期投資をしようと考えている方は、「そのまま放置をせずにレンディングとして貸す」ことで利息を得ることが可能です。

 

なお、仮想通貨レンディングに関する詳しいメリットやデメリットはこちらで徹底解説しています。

【気軽に不労所得】仮想通貨レンディングで年利5%を手に入れよう!
仮想通貨レンディングとは自分の仮想通貨を取引所に貸し出すサービスです。馴染みがないからこそ不安に感じることは多いはずです。 仮想通貨レンディングに関する疑問やメリット、デメリットについて、実際にサービスを利用しているFPの私が徹底解説します!

 

まとめ:資産を守るためにも、攻めるためにも、仮想通貨は放置してはダメ!

今回は、仮想通貨を放置してそのままにしている方に向けて、仮想通貨の正しい長期保有方法について解説しました。

 

  1. セキュリティ設定を見直す
  2. 資産のリバランスを行う
  3. 仮想通貨レンディングを活用する

これらを行うことで、大切な資産に対して「守り」と「攻め」を行うことができます。

 

正しく資産形成することで将来の資産を増やすことができます。

仮想通貨をとりあえず購入して、そのまま放置しているという方は、こちらで仮想通貨初心者のロードマップを作っていますので参考にしてみてください。

【初心者向け】仮想通貨、ビットコインの始め方ロードマップを徹底解説
【これから仮想通貨を始める方】どんなリスクがあるの?どこで買えば良いの?正しい投資方法を知りたいなど疑問がたくさんあるはずです。仮想通貨歴5年を超える私が仮想通貨を始めるためのロードマップを徹底解説し、この記事で仮想通貨初心者を卒業できます!

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

コメント