【仮想通貨初心者向け】イーサリアムのガス代とは?わかりやすく解説

イーサリアム,ガス代仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

仮想通貨のイーサリアムには”ガス代”と呼ばれる手数料のようなものがあります。

このガス代を理解することでイーサリアムの仕組み(プラットフォーム)の理解が深まります。

 

このガス代を理解することでイーサリアムの将来性をイメージしやすくなり、投資するかの判断材料になります。

この記事では、

  • イーサリアムのガス代とは?
  • ガス代はなぜかかるの?
  • 将来的にはどうなる予定?

など仮想通貨初心者向けに、イーサリアムのガス代についてわかりやすく解説します。

 

イーサリアム(ETH)とは何?

”仮想通貨のガス代”について知る前に「イーサリアム」について簡単に知っておく必要があります。

イーサリアム(ETH)は、常に仮想通貨の時価総額ランキングで2位に位置している仮想通貨です。

 

2021年7月6日時点で、時価総額は28.9兆円ある仮想通貨です。

イーサリアムの主な特徴として、

  • 様々なアプリケーション作成のためのプラットフォーム
  • スマートコントラクトを実装
  • マイニング方式をPoWからPoSへ移行中

 

これらのような特徴のある仮想通貨であり、昨今話題の

  • 「DeFi(分散型金融)」
  • 「NFT(非代替性トークン)」

はイーサリアムのプラットフォーム上から誕生している。

 

なお、スマートコントラクトについては下記の、

スマートコントラクトとは?仕組みや活用事例、今後の可能性を解説

で詳しく解説しています。

 

仮想通貨、イーサリアムのガス代とは?

仮想通貨などで聞く”ガス代”とは、イーサリアムのプラットフォームを利用する時に発生する「手数料」のことです。

このガス代(手数料)を設ける理由は、イーサリアムネットワーク内の負荷が増えることを防ぐために存在しています。

 

イーサリアムのプラットフォームを利用してガス代が発生するのは、

  • ETHを送金をするとき
  • 新しいアプリケーションを開発するとき
  • トランザクションが発生するとき
    (取引の履歴を記録すること)

などで発生します。

 

仮想通貨のガス代はなぜかかるの?

イーサリアムのベースはブロックチェーンであり、取引をする際には第三者(マイニングをする人)の承認手続きが必要です。

そのため、多くのマイニングをする人(マイナー)が必要であり、ガス代(手数料)が存在しています。

 

なお、このガス代(手数料)は多少ユーザーが増減することが可能であり、ガス代が高い取引を優先して処理されます。

 

また、取引する際にガス代(手数料)発生することにより、サイバー攻撃対策にも繋がります。

イーサリアムプラットフォームに対してサイバー攻撃をしようにも手数料が発生するからです。

 

2020年からガス代は高騰した後、減少している

下記の画像はイーサリアムの過去のガス代推移を表しています。

2021年5月には約45ドルまで上昇し、2021年6月には約4.5ドルまで急落しています。

 

イーサリアム,ガス代

引用元:The Blockのレポート

 

ガス代の高騰要因として2020年から

  • DeFi市場
  • NFT市場

この2つの市場が急速に盛り上がったことから、イーサリアムの利用が増加してガス代(手数料)の高騰が続きました。

 

NFTを購入する際、イーサリアム(ETH)を少しでも速く送金する必要があったため、少しでもガス代を高く設定して送金する人が多かったのです。

 

2021年6月にガス代が急落した原因とは

6月からはガス代が急落しています。

その主な理由として、

  • 6月はDeFi市場、NFT市場の取引減少
  • Polygon (MATIC)という仮想通貨を利用

が考えられます。

 

ガス代の急騰要因は特に、NFT市場において早期に支払いを済ませるために、優先的に支払いが完了できるように多めのガス代(手数料)を設定したことが原因です。

 

NFT市場も盛り上がりは見せているものの、他の仮想通貨を通して利用していることもあるためイーサリアムのトランザクションは減少しています。

 

Polygon (MATIC)とは

Polygon (MATIC)とは、イーサリアムと互換性があり、イーサリアムのブロックチェーンと接続するための仮想通貨です。

 

トランザクション(取引記録)はPolygonで行い、イーサリアムと連携をすることでイーサリアムの負担が減少します。

 

このことからもイーサリアム自体の負担が減少して、ガス代減少に繋がっています。

 

今後のガス代はどうなっていく?

イーサリアム,ガス代

 

今後のガス代は、減少していく可能性が高いです。

なぜなら直近で「EIP1559」というイーサリアムのアップグレードが控えています。

 

従来のガス代は、高いガス代(手数料)を支払う人を優先しているオークション方式です。

EIP1559は、ネットワーク全体で手数料を標準化するアルゴリズムを実装します。

 

また、手数料の一部をバーン(焼却してなくす)することでイーサリアムの供給量を減らす仕組みも実装します。

その結果、イーサリアムの希少性に繋がり、イーサリアムの価格の上昇要因を狙います。

 

イーサリアムの価格が上昇したらガス代(手数料)が同じでも、同じETHの数量なら実質的に価格の減少になる見込みです。

 

まとめ:イーサリアムのガス代とは手数料。ガス代を減少することでイーサリアムの実用性が高まる

今回は仮想通貨で”ガス代”とは何?と思う方に向けて解説しました。

ビットコインも同じですが、取引が増加すると手数料が高騰し実用性に欠けてしまいます。

 

イーサリアムも同じ現象が2020年後半から起きており、ガス代(手数料)の減少のためにアップデートが検討されています。

 

今後イーサリアムは社会的にも必要とされる可能性のある仮想通貨であり、実用性が高まれば価格の上昇にも繋がります。

 

上記のように仮想通貨は常にアップデートを繰り返しています。

将来性を感じている方は今のうちにイーサリアムを購入しておきましょう。

 

なお、下記では筆者がイーサリアムを長期保有している取引所を解説しています。

国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!【この3社でOK】
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の始め方 仮想通貨の情報 仮想通貨の種類
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊Blog

コメント