仮想通貨の短期〜中期投資はイーサリアムをおすすめする3つの理由とは

短期投資,イーサリアム仮想通貨の情報
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

2021年から仮想通貨市場は盛り上がっており、このタイミングで仮想通貨を始めた方、始めようと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、仮想通貨には種類が多く何を購入すれば良いかわからないという質問も受けます。

この記事では、

  • 2021年から仮想通貨を始める方でおすすめのイーサリアムとは
  • なぜイーサリアムなのか
  • 短期、中期ベースでおすすめする理由とは

このように、「イーサリアム」をおすすめする理由について、なるべく初心者に向けてトレーダーが徹底解説していきます!

なお、あくまで投資であり、リスクがあることから購入する際は慎重に検討することを念頭にお願いします。

 

イーサリアム(ETH)とは

イーサリアムは、ブロックチェーンの中に、「いつ、誰が、誰に、いくら支払った」などの仮想通貨の基本取引情報や、

アプリケーションプログラムを、イーサリアム上で作成することができるプラットフォーム。

このプラットフォーム上で利用される仮想通貨が「ETH」です。

 

そのため、イーサリアムのプラットフォーム上で様々なアプリが開発されることで、必然的に「ETH」が利用され、需要が増加するということです。

 

またイーサリアムの特徴の1つとして、「スマートコントラクト」と言われる自動的に契約なども行うことが可能であり、

自動的に記録や契約事項の情報もブロックチェーンの中に組み込まれます。

 

なぜイーサリアムがおすすめなの?

ではなぜ短期〜中期的な仮想通貨ではイーサリアムをおすすめするのかを解説していきます。

  1. 多くの仮想通貨がイーサリアムのスマートコントラクトを使っている
  2. 分散型金融(DeFi)の筆頭となる
  3. イーサリアム2.0へのアップグレードが予定されている

これらについて解説していきます!

 

多くの仮想通貨がイーサリアムのスマートコントラクトを使っている

イーサリアムの特徴の1つが「スマートコントラクト」です。

この技術により、様々な状況でも第三者が存在せずとも、契約関係や証明を実証することが可能であり、将来的には必要不可欠な技術であることは間違いありません。

 

そして、このスマートコントラクトは様々な仮想通貨でも導入しています。

  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • クアンタム(QTUM)
  • IOST(分散型金融市場にて)
  • オーエムジー(OMG)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • その他

 

このように様々な仮想通貨がスマートコントラクト機能を実装して仮想通貨を作成しています。

全てが直接的ではないですが、これらの仮想通貨が盛り上がることはベースとしてイーサリアムの技術があるからです。

また、イーサリアムのプラットフォーム上で作られた仮想通貨が利用される=「ETH」を利用することにも繋がり、直接的にイーサリアムの需要が増加します。

 

分散型金融(DeFi)の筆頭となる

分散型金融(DeFi)とは、非中央集権型の金融サービスのことです。

非中央集権とは管理者がいないことであり、誰も管理する機関が存在せずに金融サービスを利用することができるのです。

 

現在では、お金を預ける、お金を借りる(融資を受ける)ためには銀行や信用金庫に行く必要があります。

他人に送金する際には、銀行口座から送金手数料を支払って送金したり、海外であれば数日待った後に、数千円もの手数料を支払い送金をしています。

つまり、現在は金融機関が存在しないと、金融が成り立たないのです。

 

この問題を解決することが、分散型金融(DeFi)であり、それを実現可能とすることが、

  • ブロックチェーン技術
  • スマートコントラクト

なのです。

 

ブロックチェーン技術があることにより、データや情報の改ざんは不可能であること、

そして、スマートコントラクトと呼ばれるイーサリアムの技術により、誰から誰に資金が移動して、現在の資金の所有者などを証明することが可能です。

 

つまり、将来的には、金融機関は存在しなくても、金融機能が働くこととなり、その根本的なプラットフォームを「イーサリアム」が担うのです。

特に、日本にいると当たり前のように銀行口座を保有していますが、新興国に住んでいる方では銀行口座を保有できない方もいます。

 

世界に視野を広げたら、より一層社会にとって必要な技術だということがわかるかと思います。

また2020年にはこの分散型金融の利用金額が232億ドル(約2兆4244億円)の市場規模となっています。

 

イーサリアム2.0へのアップグレードが予定されている

イーサリアムの現状の課題として、トランザクションと呼ばれる処理能力に問題を抱えています。

上記の通り、分散型金融など、イーサリアムのプラットフォームを活用したアプリや仕組みなどが次々と開発されていますが、当然イーサリアム上での開発が増えるほど、処理数は多くなります。

 

そのため処理数が多くなると、処理速度の遅延問題などが発生してしまいます。

そこでイーサリアム2.0として処理速度を高めるためのアップデートが2020年12月1日からスタートし、2021年中に数回に分けて、アップデートが行われます。

 

このアップデートの主な内容が、

  • アルゴリズムをPoWからPoSへ変更すること
  • シャーディングの実装をすることで、データ処理を複数のブロックチェーンに分けて負担を分散させること

この2点を実装することで、処理数が増えても、今まで通りの処理速度でプラットフォームを活用することを実現するのです。

 

まとめ:2021年で一番実用性が高い仮想通貨はイーサリアムである

短期投資,イーサリアム

 

今回は、短期〜中期目線でおすすめする仮想通貨として「イーサリアム」を紹介しました。

筆者はこれから仮想通貨を購入する場合は「実需要」が非常に重要だと考えています。

 

ビットコインは現在「デジタルゴールド」として「金の代替機能」インフレ対策などリスクヘッジとして購入されていますが、実需要としては不十分です。

 

その一方で、イーサリアムのプラットフォームは既に需要が生まれていること、そして世界的に注目されており、社会浸透する可能性が高いと感じています。

そしてイーサリアムの需要が増加することは価格の上昇に繋がります。

 

仮想通貨のリスクを理解した上で、現在進行中である、アップデートが完了するまでの2021年中にイーサリアムを少額でも保有してみてはいかがでしょうか。

 

イーサリアムを購入する場合におすすめな取引所はこちらでランキングとして理由とともに解説していますので参考にしてみてください。

イーサリアムはどこで購入するのがお得?取引所別での手数料を徹底比較
イーサリアム(ETH)は時価総額が2番目に大きい通貨であり、注目の仮想通貨です。 しかし購入しようと思ってもどこの取引所がお得に購入できるか迷いますよね。 この記事では、イーサリアムを購入する際にどこの交換所が一番おすすめなのかを徹底比較していきます!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント