イーサリアムが爆上げ寸前?!価格上昇が期待できる理由を徹底解説

イーサリアム,爆上げ仮想通貨
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

仮想通貨のイーサリアム(ETH)とは常時時価総額で2番目に大きい仮想通貨です。

このイーサリアムが爆上げする可能性を秘めている状況であり、筆者自身、将来性に期待をして購入している仮想通貨の1つです。

 

この記事では、

  • イーサリアムが爆上げする可能性がある理由とは
  • 過去のイーサリアムの価格推移を元にどのような価格変動をするのか
  • どのくらいまで価格が見込める?

など、トレーダーである筆者がイーサリアムに注目している理由を解説します!

 

イーサリアム(ETH)の価格推移と価格変動の理由とは

まずイーサリアムの価格推移と変動要因を確認しましょう。

下記の画像がイーサリアムの推移です。

イーサリアム,価格推移

 

過去には、

①の2017年:1ETH=約1万円→約15万円→約1.5万円程度に変動しました。

②の2020年〜:1ETH=約2万円→約45万円→約25万円程度に変動しました。

これらの原因を知っておきましょう。

 

①の価格変動要因とは

2017年には価格が15倍程度に上昇しました。

このときの大きな要因が「ICO」の人気によるものが大きいです。

 

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリングの略であり、”仮想通貨を使った資金調達の方法”のことです。

この時に資金調達するときに、出資者(投資家)に資金を募りますが、この時の振り込むための仮想通貨の多くが”イーサリアム”を利用していました。

 

そのため、多くのユーザーがイーサリアムを保有する機会が増加して価格上昇しました。

そしてICOには詐欺が横行して、ICO=危険という印象からイーサリアムの利用頻度が減少しました。

 

②の価格変動要因とは

2020年からは、

  • DeFi(分散型金融)
  • NFT(非代替性トークン)

の人気により再度イーサリアムの需要が増加しました。

 

DeFiとは、金融機能の中間である銀行を省いて、ブロックチェーンにより国境を超えて直接金融機能ができる仕組みです。

 

NFTとは、1つ1つのトークン(仮想通貨)に価値があり、このトークンと紐づけられた”モノ”や”サービスに価値を付与することが可能な仕組みです。

ゲームのキャラやアイテムにも価値を付与して、現実世界で売買することが可能になりました。

 

この2つの基本的なベースのプラットフォームは「イーサリアム(ETH)」であることから需要が上昇して価格の高騰に繋がりました。

 

イーサリアム(ETH)が爆上げする可能性がある理由とは

イーサリアム,爆上げ

 

筆者がイーサリアムがこれからさらに上昇する可能性があると考えている理由として、「IEO」の活性化です。

 

IEOとは、イニシャル・エクスチェンジ・オファリングの略であり、新しい仮想通貨プロジェクトのために発行するトークン(仮想通貨)を仮想通貨取引所が先行販売することです。

つまり、ICOと同じように仮想通貨を使って資金調達をする方法です。

 

ICOとIEOの違いとは

大きな違いは、

  • ICO:開発者独自で発行してプロモーションすること
  • IEO:取引所が審査をして承認したら、取引所が取り扱うこと

 

ICOとIEOの詳細は下記の、

仮想通貨のIEOとは?基本や仕組み、ICOとの違いをわかりやすく解説

で詳しく解説しています。

 

ここでは要点として、IEOは仮想通貨取引所が審査をするため、取引所が責任を持ちます。

つまり、詐欺のような案件や将来性のない案件は取扱わないことから信頼性が増します。

 

取引所が認めた新しい仮想通貨を上場前の価格で投資することができるのです。

2021年夏に国内でもコインチェックが参入します。

 

今後はこのIEOが盛り上がることで、ICOのときのように振り込むためのイーサリアムなどの需要増加が期待できます。

 

イーサリアム(ETH)は今後どのくらいまで価格が上がる?

こちらの仮想通貨の価格予想をする「PrevisioniBitcoin.it」では、2022年5月には1ETH=1万1953ドル(約130万円)になると予想しています。

 

イーサリアム,今後

 

2021年6月15日時点で、1ETH=約28万円であることから、今から4.6倍程度に上昇すると予想しています。

 

上述した、”DeFi”や”NFT”もまだ一部のユーザーのみであり普及はこれからです。

このことからもイーサリアムの上昇余地はあると考えています。

 

まとめ:イーサリアムの爆上げにはIEOなどの新しい仕組みの普及が必要

今回はイーサリアムの将来性などを含めて爆上げするかもしれない理由について解説しました。

ビットコインはデジタルゴールドとしての立ち位置であり、イーサリアムは実用性のための仮想通貨です。

 

そのため、イーサリアムの価格上昇には実需用の増加が重要です。

もしも、イーサリアムに可能性を持った方は今のうちに少額でも保有してみてはいかがでしょうか。

 

下記では、筆者がイーサリアムなど分散して保有している取引所を紹介しております。

国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!【この3社でOK】
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の情報 仮想通貨の種類
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊blog

コメント