仮想通貨「Enjin Coin」とは?特徴やメリット、デメリットを解説

エンジンコイン,特徴仮想通貨
この記事は約10分で読めます。
記事一覧

「Enjin Coin」とは仮想通貨の1つですが、国内での取扱いが今までなくて知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回2021年1月26日からコインチェックで取扱いを開始するにあたり、

  • Enjin Coinはどのような仮想通貨なの?
  • 将来性はあるの?
  • 購入できる取引所はどこ?

このような疑問点があるかと思います。

この記事では仮想通貨の「Enjin Coin」に関して初心者向けに特徴や将来性、投資メリットやデメリットについて解説していきます。

 

仮想通貨Enjin Coin(エンジンコイン)とは

 

Enjin Coinとはイーサリアムをベースとした、「Enjin Platform」というオンラインゲーム向けのプラットフォーム上で利用される仮想通貨のことです。

 

目的は、デジタル資産であるNFTの購入やNFTの発行をプラットフォーム上で利用し、NFTの活性化を目指しています。

 

NFT(Non-fungible token)とは

NFTとは「Non-fungible token」の略であり、直訳すると「代替不可能なトークンという意味であり、1点もののトークンを生成するということです。

 

1点もののトークンを作ることができるということは、とある「実物するモノ」「実物しないモノ」様々なモノやサービスなどと、NFTを活用したトークンを紐づけることで「価値」を生み出すことが可能です。

 

NFTの実例や今後できることとは

例えば、世界的な経済誌である「Forbes」では、このNFT技術を活用して、会員権をNFTトークンとして販売しました。

この会員権を持っている方は30日間、記事に広告が表示されないため、サクサクと記事を読めたり、広告の画像読み込み時間が短縮するメリットがあります。

 

そして、会員権はNFTトークンとして保有しており、仮に15日相当の期間が残っていたら、15日分相当をトークンで第三者に売買することも可能です。

 

その他にも、シューズで有名な「NIKE」は消費者が購入した靴にNFTトークンのデータをシューズと紐づけることで、管理をしたり、ゲームをしていて自分のキャラクターにNIKEの靴を履かせたりすることもできる見込みです。

 

また、NFTはブロックチェーン技術であり、ゲームの中のキャラクターとNFTトークンを紐づけて、1点もののキャラクターを育てて、ゲームのキャラクターを売買するなども可能になります。

 

このように改ざんができないブロックチェーン技術を活用して、1点もののトークンデータを作り、モノやサービスと紐づけることをNFTと呼ばれています。

 

Enjin Coin(エンジンコイン)の概要

単位ENJ
発行上限10億枚
開発者エンジン社
(シンガポール)
取引開始2017年10月
時価総額308.3億円
(2021年1月24日時点)
時価総額
ランキング
78位
(2021年1月24日時点)
主な目的デジタル資産であるNFTの購入、発行を
プラットフォーム上で利用し、
NFTの活性化
アルゴリズムProof of Work
(PoW)

 

Enjin Coin(エンジンコイン)の価格の推移

【全期間】

enj,価格

 

【直近3ヶ月】

enj,価格

引用元:Coin Market Cap

 

このように2017年10月に誕生して、2018年1月には過去最高値である1ENJ=51.13円まで上昇し、2021年1月23日現在では37円程度を推移しています。

 

2021年1月上旬までは16円あたりを推移していましたが、コインチェックで日本国内初の取扱いの発表があってから一時、48円近くまで上昇しました。

この1ヶ月程度で3倍の価格上昇をしています。

 

Enjin Coin(エンジンコイン)の特徴とは

エンジンコイン,特徴

 

ではEnjin Coin(エンジンコイン)は日本で購入できるようになりましたが、どのような特徴があるのでしょうか。

  • NFTの作成プラットフォームを開発
  • メルト機能(不要なNFTをエンジンコインに戻す)がある
  • イーサリアムベースであり、スマートコントラクトもあり
  • 既にマイクロソフトと連携している
  • 国内で初めての取扱い開始(2021年1月26日現在)

 

NFTの作成プラットフォームを開発

NFTは上述した通り、代替ができない唯一無二のトークンのことであり、このトークンを作ったり、売買したりするためのプラットフォームです。

この仕組みは今後のゲーム市場を変えていく次世代の仕組みとして注目を浴びています。

 

メルト機能(不要なNFTをエンジンコインに戻す)がある

メルト機能とは唯一無二のNFTトークンを発行して、不要となったトークンはエンジンコインに戻すことが可能です。

そのため、NFTを発行する度にエンジンコインが減少することがなくなるため、徐々にエンジンコインの希少性が高くなり、利便性が失われることが防げます。

 

イーサリアムベースであり、スマートコントラクトもあり

イーサリアムベースであることからも、スゥマートコントラクト(自動的に契約機能も活用する)があります。

そのため、ゲーム市場でNFTに紐付けられたキャラクターやアイテムを売買した場合に所有者の証明も可能です。

 

その他にも上述した「Forbes」や「NIKE」の取り組みで所有者の移転や証明なども自動的に行います。

 

既にマイクロソフトと連携している

既にマイクロソフトが手掛ける「マインクラフト」というゲームでは既にNFTを用いて実際に取引がスタートしています。

この時点で市場としては既に実装されており、世界で2000万人以上の利用者が既にいます。

 

国内で初めての取扱い開始(2021年1月現在)

2021年1月26日からコインチェックでも購入可能になります。

このことからも日本市場でも購入しやすくなることから、利用者の増加が今後期待できます。

コインチェック公式サイトはこちら

 

Enjin Coin(エンジンコイン)の投資メリットとは

ではEnjin Coinの投資メリットをチェックしてみましょう。

  • NFT市場は将来性が高い
  • 国内で初めて取扱い開始であり、日本市場でも購入可能となる
  • 将来性に比べて時価総額がまだ低い(主観的)
  • 既に大手企業と連携しており、実用性が既にある
  • イーサリアムのERC-1155という規格を用いている

ではそれぞれ確認していきましょう。

 

NFT市場は将来性が高い

NFT市場はゲーム市場が筆頭ですが、「Forbes」の会員制にも紐付けたりと利用の幅が広いです。

ブロックチェーン技術を利用していることから所有の証明にもなり、気軽にサービスの売買をすることが将来的に実現するかもしれません。

 

国内で初めて取扱い開始であり、日本市場でも購入可能となる

先述の通り、コインチェックで取扱開始となり、今後は日本の大手企業も取扱いが出現するかもしれません。

当然ながら利用者が増加することは需要の増加に繋がり、価格の上昇に繋がります。

 

将来性に比べて時価総額がまだ低い(主観的)

2021年1月24日現在、時価総額は308億円であり、時価総額ランキングは78位です。

同時刻時点での仮想通貨全体の時価総額は98兆円であることからも、仮想通貨市場のわずか0.03%程度のシェアしかありません。

 

これは主観ですが、NFT市場は将来性があるにも関わらず、わずか0.03%の時価総額は低く感じ、さらに大手企業がNFTの採用を進めることで需要の増加は大きく見込めると感じています。

 

既に大手企業と連携しており、実用性が既にある

先ほど同様、マイクロソフトや、Forbes、NIKEなどでNFTを活用したトークンの発行を行っています。

このことからもさらに大手企業の参入可能性は高いと考えています。

 

また、トークンを売買できることは個人としての需要や利便性があることからも実用性は既にあります。

こちらの記事でも解説していますが、今後の仮想通貨は実需要が購入判断で重要になってきます。

【仮想通貨】2021年からの儲け方とは?最新の正しい買い方を解説!
2021年から仮想通貨で儲ける方法とは?今から仮想通貨を始めるのはもう遅い?と思っている方もこの記事を読むことでこれから始める方はどのように仮想通貨を始めると良いかがわかります。最新の正しい購入方法を徹底解説します!

 

イーサリアムのERC-1155という規格を用いている

ERC-1155規格とは、

  • ERC-20
    →複数のトークンをまとめて管理できるようにする規格
  • ERC-721
    →唯一無二のトークンを作り出すための規格

この2つの規格を併せ持っており、世界に1つしかないトークンを作り、ゲーム世界やモノやサービスと紐付けしつつも、複数のトークンをまとめて売買することが可能です。

 

例えば、ゲーム市場で、「キャラクター」「アイテム」など複数のトークンをまとめて売買するときにERC-721規格であれば、それぞれを送付するなどでシステムへの負担が大きいです。

 

そこでERC-20とERC-721のハイブリッドであれば、唯一無二トークンをまとめて送ることが可能であり、システムの負担軽減など、実用性のある規格を用いています。

 

「Enjin Coinが唯一購入できる交換所はコインチェックのみ」

コインチェック公式サイトはこちら

 

Enjin Coin(エンジンコイン)の投資デメリットとは

  • 時価総額が低いことから投資対象としてハイリスクである
  • 社会浸透するにはすぐではなく長期目線が必要
  • あくまでゲーム市場がメイン

 

時価総額が低いことから投資対象としてハイリスクである

Enjin Coinの時価総額は308億円程度です。

ビットコインの時価総額は63.5兆円あり、仮にビットコインの0.1%の資金がEnjin Coinへ移動するだけで635億円の資金流入となり、それだけで約3,2倍の価格上昇になります。

その反面、仮に100億円程度の資金流出だけで価格は約2/3になってしまいます。

 

このように時価総額が低いからこそ、少額の資金の変動で大きく価格が変動してしまいます。

 

社会浸透するにはすぐではなく長期目線が必要

2021年1月現在、NFTの導入は世界的企業がメインであり、社会浸透するにはまだ時間がかかると予想できます。

特にブロックチェーン技術を駆使したプラットフォームを利用するエンジニアも必要です。

 

だからこそ、年内で稼ごうというよりも数年単位で価格が上昇するのを待つくらいの気持ちが必要です。

 

あくまでゲーム市場がメイン

ゲーム市場がメインであることから、社会全体で必要とされるわけではないことです。

ゲームをしない人もいますし、対応しているゲームが人気になるとは限りません。

 

このことからも利用される市場(ターゲット層)は限られており、時価総額において上位に入ることは現時点で見込みは薄い可能性があります。

 

まとめ:Enjin Coin(エンジンコイン)は将来性があるが、投資はハイリスク

  • 国内で初めてのNFTの取扱い
  • イーサリアムがベース
  • 市場規模はまだ少ない
  • 既に大手企業と連携して、実装スタートしている
  • ゲーム市場がメインであり、ターゲット層は広くはない

 

これらのように、Enjin Coinは将来性はある反面で、ゲーム市場に特化していることからも社会全体に影響を与えるわけではありません。

 

しかし、ゲーム市場は世界で概ね16兆円の市場規模であることから小さな市場ではありません。

ただし、Enjin Coinの時価総額はまだ少ないからこそ、少額の売買でも価格変動は大きくなることから、「ハイリスク」であることを理解しておきましょう。

 

購入する場合、購入できる交換業者はコインチェックのみであるため、リスクを考慮した上で将来性を感じた方はコインチェックから購入できます。
では最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント