仮想通貨コスモス(ATOM)とは?4つの特徴や将来性を解説

仮想通貨,コスモス仮想通貨
この記事は約6分で読めます。
記事一覧

仮想通貨のコスモス(ATOM)は2021年7月に日本で初めてGMOコインで取扱い開始をして、知ったという方もいるのではないでしょうか。

コスモス(ATOM)はどういう仮想通貨なの?

将来性はある?

 

この記事では、

  • 仮想通貨のコスモス(ATOM)とは?
  • コスモスはどういう目的なの?
  • 将来性はある?買うべき?

など、仮想通貨のコスモスについてや買うべきかについて仮想通貨トレーダーが解説します。

 

GMOコイン公式サイトへ

 

仮想通貨のコスモス(ATOM)とは

まず概要を知っておきましょう。

単位ATOM
発行上限上限なし
開発者Jae Kwon氏
取引開始2019年4月
時価総額約3499億円
(2021年7月24日時点)
時価総額
ランキング
37位
(2021年7月24日時点)
主な目的ブロックチェーン同士を繋ぐ
アルゴリズムDelegated Proof of Stake
(DPoS)

 

コスモス(ATOM)の目的とは

コスモスは「Internet of Blockchains」=ブロックチェーンを身近な存在にすることを目的としたエコシステムです。

そしてATOMはコスモスのシステム上で利用するトークンのことです。

 

誰もがブロックチェーンを開発・利用できる未来の実現を目指して開発されています。

 

コスモスのエコシステムとは

コスモスでは「コスモスSDK」というシステム上で、ブロックチェーンを作ることができます。

 

このコスモス上で作られたブロックチェーンには2種類の呼び方があり、

  • コスモスハブ:コスモスSDKで開発された最初のブロックチェーンのこと。
  • ハブ:コスモスSDKで開発されたブロックチェーンであり、独自トークンを作ることができる。

の2種類があります。

 

これらを総称して、「コスモス」と呼んでいます。

コスモスとは

引用元:コスモス公式サイト

 

コスモス(ATOM)の今までの価格推移とは

コスモス(ATOM)の価格推移は、ビットコインの価格にある程度連動しています。

下記の画像は、

  • 緑色:コスモス 対 日本円
  • オレンジ色:コスモス 対 ビットコイン

ですが、オレンジ色のグラフは概ね横ばいとなっています。

 

コスモス,価格

 

コスモス(ATOM)は”各仮想通貨のブロックチェーン同士を繋ぐことを目的”として開発されています。

そのため、他の仮想通貨と親和性がある仮想通貨です。

 

今後ビットコイン価格が上がってくると、コスモス(ATOM)も上昇する可能性があります。

 

コスモス(ATOM)の4つの特徴

仮想通貨,コスモス,特徴

 

ではコスモス(ATOM)の特徴を理解しておきましょう。

  1. 互換性のないブロックチェーン同士を繋ぐ
  2. ブロックチェーンを誰でも簡単に作りやすくする
  3. スケーラビリティ問題を解決する
  4. Delegated Proof of Stakeというアルゴリズム

 

特徴1:互換性のないブロックチェーン同士を繋ぐ

例えば、ビットコインとイーサリアムのブロックチェーンはそれぞれ独立しており、互換性がありません。

このようなケースにおいて、コスモスのシステムを活用することでビットコインとイーサリアムの価値の交換が直接できるようになります。

 

つまり、取引所を通じてビットコイン→イーサリアムの売買をする必要がなくなります。

 

特徴2:ブロックチェーンを誰でも簡単に作りやすくする

上記で解説した「Cosmos SDK」のシステムを活用することで誰でもブロックチェーンを作ることが可能です。

そして作ったブロックチェーンはコスモス上で運用することが可能です。

 

例えば、企業が独自のブロックチェーンを作り、その企業の商品をブロックチェーン上で運用することも実現可能です。

 

特徴3:スケーラビリティ問題を解決する

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンの利用者や利用量が増加することで、取引の遅延や手数料の高騰に繋がります。

実際に2021年に入ってからイーサリアムの利用量が増加して、ガス代(手数料)が高騰する問題が発生しました。

 

コスモスを利用することで様々なブロックチェーンを相互に連携することが可能であり、負荷を分散することができます。

つまり、負荷を軽減して取引の重さを分散させることが可能です。

 

特徴4:Delegated Proof of Stakeというアルゴリズム

一般的にはPoWやPoSというアルゴリズムを採用しています。

これらの詳細については下記の、

【仮想通貨】PoWとPoSの違いとは?メリットやデメリットについて徹底解説

で詳しく解説しています。

 

Delegated Proof of Stake(DPoS)とは、

  • ATOMの保有量
  • 他のATOM保有者から委任された票

の合計で、ブロックチェーンのブロック生成者決まります。

 

従来のPoSではトークンの保有量で生成者が決まっていたため、資金(その仮想通貨)をたくさん保有している人に権限がありましたが、コスモスはなるべく分散する仕組みを採用しています。

 

コスモス(ATOM)の将来性はあるの?

コスモスの今後は、

  • ブロックチェーン(仮想通貨)が盛り上がるか
  • 企業がコスモスを採用してブロックチェーン作成をするか

にかかっています。

 

コスモスが上昇するには、ブロックチェーンの活性化が必要です。

つまり、社会的にもブロックチェーン技術の需要増加が大切になってきます。

 

筆者としては、ブロックチェーンは将来的に必要になる技術と確信していますが、まだ少し先の話だと考えています。

 

そのため、コスモスに投資をする場合は「長期目線」で保有することが大切です。

数年間くらい保有する気持ちが重要です。

 

まとめ:コスモスはブロックチェーンを繋ぐ技術がある。将来性がある感じたら長期目線で

今回は仮想通貨のコスモス(ATOM)について解説しました。

コスモスはブロックチェーン同士を繋ぐ技術があるからこそ、他の仮想通貨の上昇も大切です。

 

そのため、長期で保有するためにも、

  • 今から購入して長期で保管しておく
  • 積立で少額ずつ購入しておく

この2択の投資方法が適しています。

 

なお、2021年7月時点では、コスモス(ATOM)はGMOコインでしか取扱いがないため、気になる方は無料で口座を開設しておきましょう。

 

GMOコイン公式サイトへ

 

なお、GMOコインの積立投資に関しては下記で詳しく解説しています。

仮想通貨積立で一番お得に積み立てるなら”GMOコイン”がおすすめ
仮想通貨積立は価格変動が大きい市場とドルコスト平均法の相性が良く、おすすめの投資方法です。投資する取引所の中でも筆者はGMOコインをおすすめしていますが、この記事ではGMOコインで積立するメリット、デメリット、他社との比較を徹底解説します。

 

では最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の情報 仮想通貨の種類
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊blog

コメント