仮想通貨市場の2025年はどうなってる?今後や将来予想をトレーダーが解説

仮想通貨,2025仮想通貨
この記事は約8分で読めます。
記事一覧

仮想通貨市場は2020年後半から急騰しました。

2021年現在、仮想通貨全体の価格が急騰したり、急落したりと価格変動が大きく投資をするかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、

  • 仮想通貨市場の2025年予想とは
  • 仮想通貨歴5年以上の筆者の予想とは
  • 仮想通貨は投資するべきなのか?

このように疑問に思っている方に向けて、仮想通貨の将来予想をトレーダーが徹底解説します!

 

仮想通貨市場の2025年ごろの予想とは

仮想通貨は誕生して12年が経過し2021年現在では、

  • バブルは崩壊した
  • 仮想通貨はこれからだ

など対立した意見が多く見受けられます。

 

結論からお伝えすると、

2025年ごろの仮想通貨市場は2021年よりも市場参加者が増加し、価格は上昇している

と考えています。

 

2025年の仮想通貨市場の時価総額は3兆ドル?

米デジタル資産金融会社のバックト(Bakkt)ホールディングスは投資家向けのプレゼンで、

2025年の仮想通貨市場の時価総額は3兆ドル(約330兆円)と予想してします。

 

仮想通貨,予想

引用元:バックトホールディングス 投資家向けのプレゼンテーション

 

2021年6月4日現在の時価総額は約187兆円です。

あと4年で1.76倍程度の成長が見込めると予想しています。

 

ビットコイン価格は2025年にはどうなってる?!

2025年はこの記事から約4年後ですが、多くの専門家の予想が1BTC=1500万円程度と予想しています。

2021年6月4日時点で1BTC=約416万円のため、今から3.6倍程度まで価格が上昇すると予想しています。

 

PrevisioniBitcoin.itでは直近のファンダメンタル、過去のテクニカル分析を用いて2023年までの価格予想をしています。

ビットコイン,価格予想

引用元:PrevisioniBitcoin.it

 

2023年12月時点で、1BTC=10.2万ドル程度(約1125万円)と予想しています。

ここからあと2年で1BTC=1500万円程度になる可能性も十分に考えられます。

 

5年後程度先に伸びると予想する仮想通貨とは

5年後に伸びる可能性の高い仮想通貨は、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

このあたりの仮想通貨は将来性があり、価格が伸びる可能性が高い仮想通貨です。

 

ビットコイン(BTC)

ビットコインは仮想通貨の一番メジャーな仮想通貨ですが、2021年現在ではビットコイン=資産のリスクヘッジ先としての認識が強いです。

 

ビットコインには供給量が2100万枚と決まっていること、ブロックチェーン技術により改ざんが不可能なことからも大手企業が注目し始めています。

そのため、今後もビットコインの価格が上昇するとしても実需要としてよりも、「金と同じ」でインフレ対策などのリスク分散として利用される可能性が高いです。

 

しかし、ビットコインの市場はまだ12年と若く、ビットコインの保有者は世界でも2%弱程度しかいません。

  • 供給量が決まっていること
  • 改ざんが不可能であり、信頼性が高まっていること
  • 大手企業が参入していること

などからも今後も、安全性が増すことで保有者が増加する可能性があります。

 

そして、保有者が増加する=需要が増えて価格が上がる可能性が高いです。

 

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、様々なアプリケーション開発のプラットフォームのための仮想通貨です。

 

このイーサリアム上から、

  • DeFi(分散型金融):銀行を必要とせずに国境を越えた金融機能が利用できる
  • NFT(非代替性トークン):ゲーム内など様々な”モノ”や”サービス”と紐付けて価値を創造する

など昨今話題となっている仕組みもベースはイーサリアムです。

 

そのため、イーサリアムはビットコインよりも実需要が高い仮想通貨です。

そしてこれらが社会的に需要が高まれば必然とイーサリアム(ETH)が利用されるため、価格が上昇します。

 

話題のDeFiとNFTの詳細に関しては下記で詳しく解説しています。

DeFiの詳細はこちら

NFTの詳細はこちら

 

リップル(XRP)

リップルは国際送金を主に取り扱うために開発された仮想通貨です。

現状、海外送金する際には銀行で海外送金の手続きをしてから、数千円の手数料と数日かかって送金が可能です。

 

しかし、リップルを活用することで国境関係なく、数秒でかつ数円程度の手数料で送金が可能です。

 

また、日本を含めた世界中の大手金融機関とも提携済みであり実用性が非常に高い仮想通貨です。

 

2021年現在でも既に活用可能であり、個人間でも送金は可能です。

これからは認知度や利用率の増加を数年かけて増加させていくことが課題です。

 

また、多くの専門家はリップルの利用者が増加することで、1XRP=500円〜1000円程度になると予想しています。

なお、2021年6月4日現在では1XRP=110円程度です。

 

仮想通貨が将来伸びると予想する理由とは

仮想通貨,伸びる

 

ではなぜ仮想通貨市場が今後も伸びるのか解説します。

  1. 市場参加者がまだ少ない
  2. ブロックチェーン技術が改ざんされない革命的技術
  3. 国境を越えた取引が可能になる
  4. まだ開発途中であり、社会浸透していない
  5. ビットコインETFなど大口顧客が参入していない

 

理由①:市場参加者がまだ少ない

上述しましたが、ビットコインの保有者は世界で2%弱程度しかいません。

 

下記は様々なモノやサービスなどが市場に導入されるときに用いられる表ですが、

市場参加者が5%であることはまだ非常に早期な段階なのです。

 

ビットコイン,市場参加者

引用元:Innova, inc.

 

そのため、まだまだ市場が浅いことからも今後も市場参入者の上昇は見込まれます。

 

理由②:ブロックチェーン技術が改ざんされない革命的技術

ブロックチェーンとは多くの仮想通貨のベースとなっている技術です。

詳細は下記の、

ブロックチェーンとは?今さら聞けない基本的な仕組みや特徴を解説

で解説していますがこの技術により、

  • データが全て暗号化されて、現物がないこと
  • 仕組み上改ざんが不可能(過去一度も改ざんされていない)
  • 国境をこえて瞬時に取引が可能
  • 国などの影響を受けない

など、従来になく将来を変革することが可能な技術なのです。

 

理由③:国境を越えた取引が可能になる

上記のブロックチェーンにより、国なども関与ができない仕組みとなっています。

これを”非中央集権”と呼びますが、これにより世界中の人と直接やり取りすることが可能になりました。

  • 銀行を介さずに、お金を貸したい人と借りたい人をマッチングする
  • 所有権などの契約記録もデータ上に残せる
  • ゲーム内のキャラなどに価値を付与することができる
  • 価値を付与して世界中の人と直接売買することが可能

など従来の概念を超えることが可能です。

 

理由④:まだ開発途中であり、社会浸透していない

仮想通貨によっては2025年〜2027年頃を目安に開発が完了する予定の通貨もあります。

そのため、まだ社会実装されていないのに、期待値から価格が数倍になっている仮想通貨もあります。

 

これが社会実装されたら、さらに実需要が生まれて価格が上がる可能性は高いです。

つまり、将来性があると判断した仮想通貨はなるべく長期目線で保有し続けることが大切です。

 

理由⑤:ビットコインETFなど大口顧客が参入していない

ETFとは上場投資信託のことであり、投資信託の中にビットコインを一部組いれた投資商品です。

2021年に初めてカナダでビットコインのETFが承認されて購入可能ですが、米国などはまだ審議中です。

 

ETFが承認されたら、証券取引所でもビットコインを認めたことになります。

そして、今まで大手企業が購入できなかった企業もETFなら購入することが可能な企業は多く存在します。

 

ビットコインETFが購入されることは間接的にビットコインが買われるのと同じことであり、価格の上昇が見込まれます。

 

まとめ:2025年の仮想通貨市場はポジティブな意見や根拠が多い

今回は2025年ごろの仮想通貨市場の予想や根拠について解説しました。

現在は価格変動が大きく、仮想通貨=リスクが大きいという認識が強いですが、冷静に仕組みを考えると将来性が高い投資先です。

 

価格が上昇してからでは遅いため、将来性を感じた方は少額でも購入して長期保有してみてはいかがでしょうか。

下記では筆者が将来性を見据えてガチホ(長期保有)している仮想通貨を紹介しています。

2021年おすすめの仮想通貨とは?その理由と購入できる取引所
仮想通貨が非常に上昇している今、どの仮想通貨がおすすめなのか気になりますよね。この記事ではトレーダーの筆者が実際に保有している仮想通貨とその理由、購入できる取引所などを徹底解説します!何を買えば良いか悩んでいる方は参考にしてみてください!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の始め方 仮想通貨の情報
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊blog

コメント