ビットコインの単位、Satoshi(サトシ)とは?1Satoshiはいくら?

satoshi仮想通貨
この記事は約3分で読めます。
記事一覧

ビットコインを購入するときに、さらに小さい単位として”Satoshi”という単位を利用しています。

ビットコイン価格が上昇して1BTC=430万円(6月17日時点)で推移しています。

 

しかし、1BTC以下の単位で購入することができ、少額のときにはSatoshiという単位を利用します。

この記事では、

  • Satoshiの単位とは
  • 1Satoshiはいくら?
  • Satoshiについて

などビットコイン単位の基本をトレーダーが解説します!

 

「Satoshi」とは

Satoshiとはビットコインの最小単位として利用します。

由来は、ビットコインの技術論文の著者である”サトシ・ナカモト氏の名前から使っています。

 

ビットコインのプロトコル(通信規格)上では数量は「Satoshi」単位で取り扱っています。

そして今後も価格が上昇した場合は、1Satoshi以下の単位も改変して取り扱う可能性はあります。

 

1Satoshiはいくら?

1satoshi

 

1Satoshi=0.00000001BTCです。

つまり、1BTCの1億分の1の単位であり、非常に「0」が多いため単位がわかりにくい状況です。

 

例えば、1BTC=400万円なら、1Satoshi=0.04円です。

 

Satoshiを使う理由とは

ビットコインは価格が上昇しています。

そして取引所では100円からビットコインを購入することができます。

仮に1BTC=400万円の場合、100円=0.000025BTCという単位になってしまいます。

 

これでは非常にわかりにくいことから、BTCの低い単位として「Satoshi」が利用されています。

Satoshiを利用することで、上記の例だと100円=40,000Satoshiという単位になります。

 

Satoshiが少ないとdust(ゴミ)扱いになる

Satoshiの単位が非常に小さいことから、546Satoshi以下の場合は、dust(ゴミ)扱いとして処理(送金)されません。

 

上記の通り、1BTC=400万円だとすると、546Satoshi=1.365円です。

そのため、現時点で1.365円以下の処理は承認されません。

 

また今後ビットコイン価格が上昇すると、1Satoshiの価値も当然上昇し、数円単位、数十円単位は処理されない可能性があります。

 

Satoshiがあるから、100円単位で仮想通貨を購入できる

ビットコインは1BTC単位ではありません。

仮想通貨取引所によりますが、100円や500円など少額から購入することが可能です。

 

少額から投資ができることも仮想通貨投資のメリットです。

これはビットコインよりも小さな「Satoshi」の単位があり、ネットの裏側の通信規格はSatoshiを利用しているから取引が可能になっています。

 

そのため、とりあえず1000円程度や1万円程度でビットコインを買ってみようということは可能です。

 

特にビットコインは、大手企業、政府、国が参入してきており、将来的に価格が上がる可能性があります。

詳しくは下記の、

ビットコイン(BTC)の価格上昇が期待できる理由は流動性?!

で解説していますが、ビットコインに興味がある方は少額でも保有しておくこともありです。

 

仮想通貨取引所は下記で筆者が分散して利用している3社を紹介しており、3社から選べば問題はありません。

国内仮想通貨取引所おすすめランキングベスト3!【この3社でOK】
仮想通貨の取引所は業者によってメリット、デメリットは異なります。しかし、この記事で紹介する3社の取引所の口座開設をすれば仮想通貨の取引は問題ありません! 仮想通貨経験の浅い方に向けておすすめの国内取引所をランキング形式で3社を紹介します!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の始め方 仮想通貨の情報
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金塊blog

コメント