2021年からビットコインでFIREは間に合う?FIRE経験者が解説

ビットコイン,FIRE仮想通貨
この記事は約7分で読めます。
記事一覧

2021年になり、仮想通貨業界が非常に盛り上がったり、暴落したりと相変わらずハイリスクな価格推移をしています。

過去にビットコインで億り人と言って1億円以上の資産を作った人は存在します。

この記事では、

  • 2021年からでもビットコインでFIREは可能?
  • 仮想通貨でFIREはなれるの?
  • 実際に仮想通貨でFIREした筆者の見解が知りたい

このような方に向けて、これからビットコインでFIREを目指せるのか筆者が解説します!

 

そもそもFIREを理解しておこう

FIREとは近年聞く機会が増えた「(Financial Independence Retire Early)」の略であり、経済的に自立し、早期リタイアをすることです。

 

つまり、生活費は不労所得で賄うため、労働する必要がない状況のことです。

 

そして2017年あたりからビットコインで億り人という言葉が流行り、昔からビットコインを保有していた方は、大幅な価格上昇により資産が1億円を超えた人が続出しました。

 

一見夢がありますが、きちんと税金関係のことを対応して資産を残しFIREした人は少なく

大半の人が税金について知らずに全額売却して巨額な所得税が支払えずに悲惨な目に遭ってしまいました。

 

そのため、仮想通貨でFIREできた人はそこまで多くいません。

なぜなら国税庁もビットコインがこんなに価格が上昇することを想定しておらず、税金に関する注意喚起などをせずに「総合課税」としたため、最大で所得税45%+住民税10%の55%が税金となりました。

 

1億円稼いで売却した人は、トータルで5500万円の税金(内所得税の4500万円は基本一括)なため、現金として保有していない人がほとんどです。

 

2021年からビットコインでFIREはなれる?

結論からお伝えすると、これからビットコインのみでのFIREは難しいと考えています。

しかし、「仮想通貨投資」でFIREすることは十分可能性があると考えています。

 

まず前提に筆者が仮想通貨を利用して2021年にFIREをしました。

FIRE後は”孤独感”があり、今はサイドFIREとして生きていますが。

 

その詳細や方法、注意点は下記の、

筆者が仮想通貨を利用してFIREした方法とは?流れや注意点も解説

で詳しく解説しています。

 

そして仮想通貨投資なら可能性がある理由として「アルトコイン」への投資のことです。

筆者もビットコインを含めて、アルトコインに投資をして利益を作りました。

 

それを想定する税金を差し引いて、複利で回し続けた結果、軍資金100万円で30ヶ月でFIREすることができました。

 

仮想通貨投資を利用してFIREすることは可能

再三ですが、アルトコインを利用してFIREすることは今からでも間に合うと思います。

ただし、アルトコインならなんでも良いわけではなく、正しい仮想通貨を選定することが大切です。

 

需要があるアルトコインに投資をして、利益が出たら利確するし複利運用することが大切です。

もちろん冒頭のように税金に関する知識がないと税金が払えない事態になるため、税金は基礎知識として理解しておきましょう。

 

仮想通貨の税金に関しては、下記の、

仮想通貨に関する税金と確定申告の方法とは?節税対策も徹底解説

で詳しく解説しており、この1記事で概ね網羅しています。

 

では仮想通貨でFIREするための流れを理解しておきましょう。

 

仮想通貨でFIREするための流れとは

ビットコイン,FIRE

 

  1. 必要な資産額を理解する
  2. 想定する月利を考える
  3. 実際にシミュレーションする
  4. いざ投資を始める
  5. 資産が貯まったら高配当株などに移行する

これらを解説していきます。

 

手順①:必要な資産額を理解する

まずFIREするためには必要な資産額を理解する必要があります。

簡単な方法が、年間生活費の25倍をかけた金額です。

毎月20万円で生活しているなら、

20万円×12ヶ月×25=6000万円

 

もしもサイドFIREとして、毎月10万円だけは事業所得なり、アルバイトをする場合は、

10万円×12ヶ月×25=3000万円

となります。

 

目標金額を下げたい場合は、サイドFIREをしたり、生活費を下げるようにしましょう。

 

手順②:想定する月利を考える

毎月何%の利益を狙うかですが、筆者の場合は当時は相場の流れもあり、毎月の月利目標は30%でした。

しかし、これからの場合は「20%」でも良いかと思います。

2020年ごろよりも暴落するケースがあります。(要人発言などにより)

 

しかし、1日で20%上昇する日もあるため、購入して翌日に利確することもあり得ます。

 

そして、20%評価益が出たら、感情入れず即利確しましょう。

おすすめは取引所アプリの通知機能です。

指定する仮想通貨が、指定したレートになったら通知が来る機能であり、この通知が来るまでそこまで相場を見なくて済みます。

 

そして、想定する税率を差し引き納税用に日本円で置いておき、残りを再投資します。

 

手順③:実際にシミュレーションする

では上記で実際にシミュレーションをしましょう。

 

【上記のシミュレーションの結果】

複利運用,シミュレーション

 

複利運用,シミュレーション

 

上記の結果、32ヶ月目で利息合計が6621万円になっている計算です。

なお、このシミュレーションの注意点は高度な設定ができないため、一律税率を30%差し引いていますが、2年目からは40%、45%程度は差し引いた方が良いです。

 

そして、筆者は30%と想定しており、24ヶ月くらいで達成できる予定でしたが毎月達成できるわけではありません。

そのため、上記で32ヶ月なら、40ヶ月などかけて達成できる可能性があるということです。

 

手順④:いざ投資を始める

上記の時期や税率を考慮して再投資すると決めたら、いさ投資を始めましょう。

筆者は、

こちらの2社を利用しています。

この2社が

  • 手数料が安く、”販売所”ではなく”取引所”(板取引)の種類が豊富であること
  • セキュリティがしっかりしていること
  • 使い勝手が良いこと 

などの理由から利用しています。

 

手順⑤:資産が貯まったら高配当株などに移行する

仮想通貨は保有していても、基本的には配当金はありません。

貸し仮想通貨という取引所(販売業者)に貸して利息を得たり、海外取引所のDeFiを利用して高配当な利息を受け取ることも可能ですが、将来の大切な資産なためおすすめしません。

 

高配当株に資産を移し、配当金を受け取ることの方が断然リスクが低いです。

(この記事では高配当株銘柄までは触れていません)

 

まとめ:アルトコインを含めれば2021年からFIREは十分間に合う

今回はビットコインを利用して億り人やFIREは目指せるのかについて解説しました。

結論、

  • 今からビットコインのみでFIREは厳しい
  • しかしアルトコインを利用すれば可能性はある
  • 正しいリスク管理を行うこと、リスクが高いことを理解すること
  • この記事の内容で最速でFIREできる可能性はあり、筆者が実践した
  • 税金の管理は徹底すること

これらは必ず守るようにしましょう。

 

またアルトコインの見極めのポイントは将来的に需要が生まれるか、世の中に必要とされるかを判断しましょう。

需要のある仮想通貨は当然買われます。

 

仮想通貨の多くは開発段階やバージョンアップをしているため、ほとんど完成形の仮想通貨ではないことからも2021年の今がチャンスです。

 

今回途中で紹介した取引所2社は、取扱い仮想通貨は異なるため分散して利用することをおすすめします。

ビットバンク公式サイトはこちら

 

ビットポイント公式サイトはこちら

 

では最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の始め方 仮想通貨の情報
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金融相談アカデミー

コメント