アルトコインの正しい買い方とは?初心者がやりがちな3つの損を防ごう

アルトコイン,買い方仮想通貨
この記事は約5分で読めます。
記事一覧

仮想通貨市場が盛り上がっている今、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)も購入したいと思う方が増えてきているのではないでしょうか。

 

ビットコインが急騰して、遅れてアルトコインの急騰も目立っていますし、リスクリワードを考えるとアルトコインを購入するのは良い選択でもあります。

この記事では、

  • アルトコインの正しい買い方とは?
  • 初めてビットコイン以外の仮想通貨を買う方
  • 仮想通貨初心者

このような方に向けて、アルトコインを買うときに【絶対に気を付けるべきこと】を仮想通貨歴5年以上の筆者が徹底解説します!

 

アルトコインは日本円で購入しよう

アルトコイン,買い方

 

アルトコインを購入する際に大切なことが「日本円で購入する」ことです。

 

つまり、取引所に日本円を入金して、そのお金でアルトコインを購入するべきです。

その3つの理由として、

  • 確定申告が発生する可能性があるかつ煩雑になる
  • 大きな手数料が発生する
  • ビットコインの将来性を考えて、機会損失が起きる可能性がある

これらが考えられます。

それぞれを詳しく解説していきます。

 

その①:確定申告が発生する可能性があるかつ煩雑になる

まず仮想通貨の利益、損失の確定は保有している仮想通貨を別の通貨に変えた時点です。

 

そのため、ビットコインを保有していて、ビットコインをイーサリアムに交換してもこの取引時点でのビットコインレートで売却確定となるのです。

 

仮に、

①:1BTC=200万円のレートで1ビットコインを購入

②:1BTC=500万円のレートの時に、ビットコイン→イーサリアムへ1BTC相当を交換

この時点で、ビットコインは利益確定となり、

「500万円で売却 − 200万円で購入 =300万円」の利益が確定するのです。

 

すると翌年の確定申告の際に、給与所得や事業所得など他の所得と300万円が合算されて所得税の計算、住民税の計算がされます。

(厳密には他に通信費や送金手数料などの経費があるため、利益は300万円ではないが)

 

そして仮想通貨の利益は「雑所得の総合課税」であるため、給与所得など所得が高い方は大きな税率となってしまいます。

 

さらに利益確定となるだけでなく、仮に保有していたビットコインを分散するために、

イーサリアム、リップル、IOSTなど他のアルトコインに分散をしてしまうと、取引履歴がたくさん発生します。

 

そして確定申告の時には、仮想通貨の売買利益を計算するために年間の取引履歴を元に、取得価格から、売却価格など計算する必要があります。

 

つまり、取引履歴がたくさんあるともはや自分で計算など不可能なのです。

だからこそ、保有している仮想通貨でアルトコイン購入することは避けたいのです。

 

その②:大きな手数料が発生する

仮想通貨を購入する際には、株式と違い手数料が負担が大きいです。

また、取引所によってはビットコインでアルトコインを購入するには、実質手数料が高い「販売所」じゃないと購入できないところも多いです。

 

例えば、有名な「コインチェック」でイーサリアムを購入するケースで確認しましょう。

※2021年2月17日:10時07分時点のレートで比較

 

【比較その①:イーサリアムを日本円で購入する場合】

1ETH=19万4470円

 

コインチェック,イーサリアム

 

【比較その②:イーサリアムをビットコインで購入する場合】

1ETH=0.037284BTC

0.037284BTC=20万600円

 

コインチェック,イーサリアム

 

コインチェック,イーサリアム

 

日本円でイーサリアムを購入する場合:1ETH=19万4470円

ビットコインでイーサリアムを購入する場合:1ETH=20万600円

「差額=6130円」

 

上記の通り、イーサリアムを購入する場合、ビットコイン建の方がレートが高く(間接的な手数料が高い)なっています。

そのため、1ETH購入するだけでも、6130円の差額が発生します。

 

また、率で計算すると、

20万600円の内6130円が追加の手数料であることから、

6130円÷20万600円×100=3.05%

約3%が手数料を上乗せされており、かなりの割高購入となるのです。

 

その③:ビットコインの将来性を考えて、機会損失が起きる可能性がある

ビットコインでアルトコインを購入する場合、当然ながらビットコイン残高が減少することになります。

 

ビットコインに関しては、下記で直近の将来性に関して詳しく解説していますが、将来性の高い仮想通貨であり、基軸の仮想通貨です。

ビットコインは今すぐ買うべき?!2021年2月時点での将来性を解説
ビットコイン市場が非常に伸びており、かつETF承認などポジティブな情報が立て続けに出ています。この記事ではビットコイン購入に悩んでいる方に向けて、ビットコインの将来性やいくらくらいまで価格が上がるかの予想など、トレーダーが徹底解説します!

 

ビットコインはデジタルゴールドとして、インフレ対策、リスクヘッジのために買われており、

アルトコインはそれぞれの通貨で目的が異なるため、別の投資対象として見るべきです。

 

だからこそ、将来性のある「ビットコイン」を減少するのは将来の価格上昇の期待値を減らす、つまりは「機会損失」の可能性があるのです。

 

まとめ:アルトコインは手数料の安い取引所で、日本円で購入しよう

今回の一番伝えたいポイントが「ビットコインでアルトコインを購入してはいけないこと」です。

 

仮想通貨に関する手数料は非常に高いからこそ、なるべく安く購入することが大事です。

 

そのため、アルトコインを購入する場合は、なるべく手数料が安く、安心な取引所を利用することが大切です。

 

また、取引所を2社、3社程度に分散しておくこともリスク分散の1つであり、ビットコインとは別の取引所を利用することもアリです。

 

アルトコインを安く購入し、安全に保有できるおすすめ取引所2選をこちらで解説していますので参考にしてみてください。

仮想通貨取引所で手数料が安いのはどこ?!おすすめの2社を徹底紹介
仮想通貨を購入しようとしている方で、手数料は大きなコストです。 同じビットコインを購入するにしても買い方によって数万円も違いがあります。この記事では、手数料(コスト)に特化したおすすめする取引所(交換所)を徹底解説していきます!

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

この記事を書いた人

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

金塊王子をフォローして頂けたら非常に嬉しいです!
仮想通貨 仮想通貨の情報
スポンサーリンク
シェアして頂けたら非常に嬉しいです^ ^
金融相談アカデミー

コメント